ANA一般クレジットカードでの、効率の良いマイル獲得方法。

ANAクレジットカード

『陸マイラー』としてマイルを貯めるには、航空会社のマイレージカードが必要です。

クレジットカードと連携したマイレージカードは、クレジットカードの利用料がマイルとして積算される為、効率良くマイルを貯める事が出来ます。

ANAやJALなどの航空会社が発行するクレジットカードは、そのステータスや年会費で、一般カード、ワイドカード、ゴールドカード、プラチナカードの大きく4つに分かれています。

この内、一般カードは、年会費が初年無料で次年より2,200円が一般的です。

本記事は、コロナ禍でリーズナブルに『陸マイラー』を始める場合として、効率よくマイルを積み上げる為のクレジットカードとして、ANAの一般カードでのマイル獲得についてまとめた記事です。

ANA一般カードとは?

ANAカードは、マイルを貯めるために1枚は必要なカードですが、実は一人で様々なANAカードを複数持つことが出来ます。

ANAのホームページで ANAクレジットカードを調べてみると、

一般カードで8種類、ワイドカード3種類、ゴールドカードで7種類、プラチナカードで5種類有ります。 (デザイン違いカード、29歳以下カード、海外在住者用カードは除く)

この中の一般カードとは、年会費が2,200円(AMEXは7,700円)の維持手数料がお手頃なカードを指しています。

一般カードには、以下のようなカードが有ります。

ANA HPより抜粋

一般カード入会・継続/
搭乗ボーナスマイル
買い物マイル年会費
ANA VISA
一般カード
1000マイル/
10%
200円=1ポイント=1マイル
(2倍コースの場合、
移行手数料(年度/税込)6,600円)
初年度:
本会員無料/家族会員無料
2年目以降:
本会員2,200円/家族会員1,100円
ANA JCB一
般カード
1000マイル/
10%
1,000円=1ポイント=5マイル
(10マイルコースの場合、
移行手数料(年間/税込) 5,500円)
初年度:
本会員無料/家族会員無料

2年目以降:
本会員2,200円/家族会員1,100円
ANA マスター
一般カード
1000マイル/
10%
200円=1ポイント=1マイル
(2倍コースの場合、
移行手数料(年度/税込)6,600円)
初年度:
本会員無料/家族会員無料
2年目以降:
本会員2,200円/家族会員1,100円
ANA アメリカン・
エクスプレス・
カード(一般)
1000マイル/
10%
200円=1ポイント=1マイル
(2倍コースの場合、
移行手数料(年度/税込)6,600円)
本会員7,700円/家族会員2,750円
ANA To Me CARD
PASMO JCB
1000マイル/
10%
1,000円=1ポイント=5マイル
(10マイルコースの場合、
移行手数料(年間/税込) 5,500円)
初年度:
本会員無料/家族会員無料
2年目以降:
本会員2,200円/家族会員1,100円
ANA TOKYU POINT
ClubQ PASMO
マスターカード
1000マイル/
10%
200円=1ポイント=1マイル
(2倍コースの場合、
移行手数料(年度/税込)6,600円)
初年度:
本会員無料/家族会員無料
2年目以降:
本会員2,200円/家族会員1,100円
ANA VISA
Suika カード
1000マイル/
10%
200円=1ポイント=1マイル
(2倍コースの場合、
移行手数料(年度/税込)6,600円)
初年度:
本会員無料
2年目以降:
本会員2,200円/家族カードは無し
ANA VISA
nimoca カード
1000マイル/
10%
200円=1ポイント=1マイル
(2倍コースの場合、
移行手数料(年度/税込)6,600円)
初年度:
本会員無料/家族会員無料
2年目以降:
本会員2,200円/家族会員1,100円

ANA一般カードのメリット

ANAクレジットカードは、入会時に初年度会費が無料で1000マイルがプレゼントされます。そして 毎年年会費2,200円が徴収(AMEXは7,700円)されますが、更新時にも1000マイルがプレゼントされます。

例えば、年会費2,200円のカード7枚を1年間ですべて作成し所持したと仮定すると、1年目は無料で7000マイルを獲得、2年目は2,200円×7=15,400円の年会費がかかるものの、さらに7000マイルがプレゼントされます。

つまり2年間15,400円で、14000マイルを獲得という事になります。

これらのカードをポイントサイト経由で作成すると、ポイントとの2重取りとなります。
1カード5000ポイントの想定で全7カードをポイントサイト経由で作成したと仮定すると、5000×7=35000ポイント。マイルへの移行比率を70%と仮定して、24500マイル。

カード継続マイルとの合計で、14000+24500=38500マイル 獲得となります。

(2021年6月現在HapitasでANA JCBカード加入を申請すると、8000ポイント獲得できます)

通常、クレジットカードの利用10000円で、100マイルが基準と考えると、実はANAクレジットカードの複数持ちでのマイル獲得は、効率の良いマイル獲得手法の一つとなります。

年会費のリーズナブルな一般カードでは複数持ちが出来ますが、さすがにゴールドカードやAMEXカード/ワイドカードでは、年会費が1万5千円や7千円以上で 継続マイルも2000マイルとなる為、複数持ちでのメリットは有りません。

2年間約1.5万円で確実に、1万4000マイルを獲得する方法として、ANA一般カードの複数持ちが考えられます。

これらのマイルプレゼントをもらった上で、自分の使い方に合った必要なクレジットカードに絞って、効率の良いANAクレジットカードでの『ポイ活』ライフに繋げてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました