【2022年7月最新】新型 脱毛ラボホームエディション2ndは何が変わった?

家電・生活機器

人気の家庭用脱毛器、『脱毛ラボ ホームエディション』が、2022年7月1日第2世代の『脱毛ラボ ホームエディション2nd』にバトンタッチしました。

『脱毛ラボホームエディション2nd』は『脱毛ラボ ホームエディション』から何が変わったのか?

早速、その違いを確認してみます。

スペック比較

いきなりですが、違いが分かり易い様に、スペックを含めて表で比較してみます。

 脱毛ラボ ホームエディション2nd脱毛ラボ ホームエディション
外観
カラーホワイト・ゴールド・ブラックホワイト・ブラック
照射パワー3.3ジュール/㎠2.9ジュール/㎠
照射回数45万発30万発
1照射コスパ0.15円/1照射0.23円/1照射
本体サイズ未確認49.85×171.4×76mm
重さ約287g約277g
照射エリア未確認約3.45㎠
冷却エリア照射パネル照射パネル外周
冷却パネル温度5℃5℃
美白モード
価格(税込)71,478円71,478円

赤文字が先代から変わった部分です。

では違いを、1つずつ確認してみます。

外観(大きさ・重量)

見た目には、若干スリムになって、プリントしてある機種名に大きく2の文字が入ったという感じで、基本の形に変わりがなく、誰が見ても『脱毛ラボ ホームエディション』という形をしています。

 脱毛ラボ ホームエディション2nd脱毛ラボ ホームエディション
外観
本体サイズ未確認49.85×171.4×76mm
重さ約287g約277g

先代の『脱毛ラボ ホームエディション』は、コンパクトで軽くて照射し易いのが特徴的でした。

大きさは見た目に変わらず、重量も287gと10gのUPなのでほぼ変わっていません。

ある種完成された『脱毛ラボ ホームエディション』の良さを引き継いで、第2世代化されたといって良いのではないでしょうか・・・

照射パワー・照射回数

先代の『脱毛ラボ ホームエディション』は、2.9ジュール/㎠で、脱毛ラボのサロン3.0ジュール/㎠とほぼ同じパワーで、人気を博していました。

『脱毛ラボ ホームエディション2nd』では、3.3ジュール/㎠と13.7%パワーアップしています。

照射面の直接冷却によって、効果と肌ダメージのバランスを最適化した事でパワーアップが可能となった様で、今まで以上の効果が期待できそうです。

 脱毛ラボ ホームエディション2nd脱毛ラボ ホームエディション
照射パワー3.3ジュール/㎠2.9ジュール/㎠
照射回数45万発30万発

照射回数は1.5倍の45万にアップ、サイズ・重量がほぼ変わっていない中、パワーと照射回数がアップしているのも、先代以上に魅力的です。

照射エリアと冷却エリア

先代の『脱毛ラボ ホームエディション』は、照射エリアの廻りに冷却エリアが有りました。

新型の『脱毛ラボ ホームエディション2nd』は、照射面そのものが冷却される方式に変わっています。

冷却温度は、先代同様の5℃。

これならば、よっぽどでない限り、冷却用の保冷剤は不要だと感じます。

どのパワーでも美白効果

『脱毛ラボ ホームエディション』は、どのパワーでも美白効果が期待できるのも魅力でした。

『脱毛ラボ ホームエディション2nd』でも、しっかりとその波長域がしっかりカバーされている様です。

価格

『脱毛ラボ ホームエディション2nd』の価格は、先代の『脱毛ラボ ホームエディション』と同じ、71,478円。

クレジットカード/楽天ペイ24分割だと、月々2,979円(手数料別途)で手に入ります。

照射回数が45万発に増えた為、1照射当たりのコスパは0.15円/1照射と先代の0.23円/1照射から良くなっています。

性能と機能がアップして、お値段据え置き。(但し、先代のキャッシュレス5,000円OFFは有りません)

どちらかを選ぶとなれば、新型の『脱毛ラボ ホームエディション2nd』で決まりです。

発売は、2022年7月1日(金)。

今日です。

限定販売の公式ページでは、早速購入する事が可能で、16:30までの注文ならば、当日出荷してくれます。(なんと土日も休まず出荷とのコト)

この夏を、新しい『脱毛ラボ ホームエディション2nd』でスッキリと脱毛するなら、早めの注文で早速脱毛スタートがゴールへの早道です。

タイトルとURLをコピーしました