【2022年節分】恵方巻の意味や起源と由来を調べてみました

ライフスタイル

2022年の節分は2月3日ですが、その節分に恵方巻を食べる習慣が定着してきました。

以前は知られていなかった恵方巻の起源と由来を調べてみました。

恵方巻の意味

恵方巻とは、①その年の恵方を向いて、②願いを込めて無言で、③一気に太巻きを食べる、と願いが届くという願掛けの行事で、節分に行うとされています。

恵方とは、陰陽道(おんようどう)で、その年の干支(えと)にもとづいて、歳徳神(としとくじん)のある方向を吉の方向として定めたもの。と有ります。

歳徳神は、年神(としがみ)、正月様とも言い、一年の福徳をつかさどる神で、年の初めに各家を訪れ、幸運を運んで来てくれるとされている神様です。

歳徳神のいる方角を恵方(えほう)または明方(あきのかた)と称し、その方位にある神社に初詣することを恵方詣と言います。

そして、この方角に向かって事を行えば万事大吉とされています。

『恵方巻』は、その恵方を向いて願いを込めて、七福を巻いた太巻きを食べると運が向上すると云われるものです。

ちなみに、2022年の恵方は、『北北東より少し北』になります。

恵方巻の由来

恵方巻の由来-1

大阪市の此花区(このはなく)のホームページには、

今や節分の定番である「巻き寿司の丸かぶり」。
実は此花区の伝法(当時の申村=さるむら)が「発祥の地」と言われています。

とあります。

この「巻き寿司の丸かぶり」は、節分に若者や船頭衆や川人夫が集まる集会で「巻き寿司」を食べることが当時の習慣であったものの、人数が多いので、巻き寿司を切り分けていては間に合わず「腹がすいた。切らずにそのままおくれ」の声が高まり、丸かぶりするようになったのが発祥と言われています。  此花区(このはなく)のホームページ中略

但し、此花区郷土史研究資料には「(その年の)恵方」という概念は出ては無く。『風習(習わし)として言われているのは、「拝んでから」(感謝して)食べる』というものだそうです。

恵方巻の起源が関西と言われるのは、この此花区の郷土資料の他にもあり、江戸時代から明治時代にかけての大阪の花街で節分をお祝いしたり、商売繁盛を祈ったりしたのに始まったともいわれています。

花街で商人や、芸子たちが節分に芸遊びをしながら商売繁盛を祈り、食べたようです。

但し名前は恵方巻きではなく、「丸かぶり寿司」や「太巻き寿司」と呼ばれることが多かったようです。

これは、先の大阪市此花区HPの「巻き寿司の丸かぶり」と繋がるところも有り、関西発祥と言われる由来も解ります。

「丸かぶり寿司」も「太巻き寿司」も七福にちなんで、7つの具を入れて巻くので、7つの具を入れるのが基本になったようです。

恵方巻の由来-2

同じく関西起源の話として、1932年(昭和7年)に「大阪鮓商組合後援会」が発行したチラシが大阪の寿司店に所蔵されていると有ります。

同様の1940年(昭和15年)の資料が、大阪歴史博物館のホームページで確認できます。

節分の日に丸かぶり
・・・毎年節分の日にその年の恵方に向かって巻寿司の丸かぶりをすると大変幸運に恵まれるという習わしが昔から行事の一つとなっていて年々盛んになっています。お得意様にも一家揃ってご試食願い本年の幸運を取り逃がさぬようお勧め申し上げます。
昭和15年 節分 2月4日
幸運巻寿司 1本 金20銭(現在価値 約500円)   (大阪歴史博物館HP

太平洋戦争が1941年(昭和16年)~1945年(昭和20年)です。

1932年(昭和7年)と1940年は第二次世界大戦前となるので、『節分の丸かじり寿司』は戦前からあったという事です。

たらればの話ですが、戦争が無ければもっと早くから全国に浸透していたのかもしてません。

恵方巻の由来-3

もともと関西地方の風習であった「丸かぶり寿司」や「太巻き寿司」が【恵方巻】として全国に広まったのは、コンビニエンスストアやスーパーマーケットの発信力の様です。

節分の巻寿司として、コンビニエンスストアでは、ファミリーマートが1983年に大阪と兵庫県で販売を開始しています。

全国的に商品として定着させたのは、セブン-イレブンだといわれており、1989年に広島県のセブンイレブンで『恵方巻』として販売を開始し、98年にイオンが全国で販売を開始したとされています。

今やコンビニエンスストアのみならず、スーパーや回転すしチェーンでも『恵方巻』が販売されています。

節分の行事として昔ながらのものは『豆まき』ですが、今や『恵方巻』も節分行事として定着してきた感が有ります。

まとめ

『恵方巻』の起源や由来は諸説ありますが、関西の風習であった事は間違いありません。

また、近年は商業的に広がった事も間違いありませんが、歴史的にあった風習が広がった事も間違い有りません。

幸運には授かりたいものですし、縁起も担ぎたいものです。

節分の鬼祓いの『豆まき』と共に、『恵方巻』でも福を招いて、願い事が叶う一年にしたいものです。

参考資料:大阪市の此花区(このはなく)ホームページ大阪歴史博物館のホームページ
ウィキペディア:恵方巻

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました