マリオットBonvoyアメックスカードはSPGと比較してメリットは何?

SPGアメックス/マリオットボンヴォイ

2022年2月24日から、SPGアメックスカードはマリオットBonvoyアメックス・プレミアム・カードに切り替わりました。

切り替え発表時は、今後ホテル特典を利用するハードルが上がったと感じたのですが、利用の仕方によっては、プラチナエリートが自動で手に入る様になったとも云える改定内容です。

新規に入会するメリットは?継続するメリットは?他のカードに見直すべきか?・・・

新カードの改訂とコスパを、一般ユーザーの目線で確認してみたいと思います

SPGアメックスとマリオットBonvoyアメックス・カードの比較

SPGアメックスは1種類のカードでしたが、新カードはマリオットBonvoyアメックス・プレミアムとマリオットBonvoyアメックスの2つのカードに分かれています。

既存のSPGアメックスカードは年更新で自動的にマリオットBonvoyアメックス・プレミアムカードに更新されます。

では、カードの内容を比較確認してみます。

カードデザイン

SPGアメックスカードマリオットBonvoy
アメックス・
プレミアム
マリオットBonvoy
アメックス
カードデザイン
画像引用:公式HP

これまでのSPGアメックスカードは、ユニークなデザインではあったものの、高級感に欠ける・おもちゃっぽいなどど、デザイン面では今一つの評価でした。

マリオットBonvoyアメックスでは、黒基調の高級感あるデザインとなっており、ステータス性も感じられるデザインに変わっています。

年会費

SPGアメックスカードマリオットBonvoy
アメックス・
プレミアム
マリオットBonvoy
アメックス
カードデザイン
年会費34,100円(税込)49,500円(税込)23,000円(税込)
家族カード1枚目17,050円(税込)無料無料
家族カード2枚目17,050円(税込)24,750円(税込)11,550円(税込)

SPGアメックスカードの年会費は34,100円/年でしたが、マリオットBonvoyアメックス・プレミアムカードの年会費は49,500円/年と15,400円/年アップしています。

但し、マリオットBonvoyアメックス・プレミアムは家族カード1枚が無料となりました。

SPGアメックスカードは家族カードが17,050円/年であったので、本カードとの合計51,150円/年と比べると、1,650円年会費が下がった事になります。

一方、マリオットBonvoyアメックスカードの場合は、23,000円/年で本カードと家族カードの2枚を持つことが出来ます。

但し後述しますが、マリオットBonvoyアメックスカードはポイントや特典メリットが、SPGアメックスからグレードダウンしたカードになります。

付与されるエリートステータスは?

SPGアメックスカードマリオットBonvoy
アメックス・
プレミアム
マリオットBonvoy
アメックス
カードデザイン
カード所持
エリート
ステータス
シルバーエリート
ゴールドエリートゴールドエリート
エリート
ステータス
UP条件
年間100万円のカー
ド利用でゴールドエ
リート提供
16泊のプラチナチャ
レンジでプラチナエ
リート獲得(費用:
最低13~16万円程)
年間400万円のカー
ド利用でプラチナエ
リート提供

プレミアムカードはゴールドエリート、スタンダードはシルバーエリート

エリートステータスとは、マリオットBonvoyホテルに宿泊した際に受けられるサービス基準の事で、通常は宿泊日数に応じて付与されます。

年間10泊でシルバーエリート、25泊でゴールドエリート、50泊でプラチナエリート、75泊でチタンエリート、そして100泊以上のアンバサダーエリートです。

SPGアメックスカードは、宿泊する事無くカード会員となる事で、ゴールドエリート(25泊分)が付与されていました。

ゴールドエリートの特典は、午後2時までのレイトチェックアウトや客室アップグレード・滞在ごとのポイント+25%などです。

今回のマリオットBonvoyアメックス・プレミアムカードのエリートステータスはゴールドエリートで、SPGアメックスから変わりは有りません。

一方、マリオットBonvoyアメックスカードのエリートステータスは、シルバーエリートと1つ下のステータスになり、シルバーエリートの場合は、優先レイトチェックアウト・滞在ごとのポイント+10%と特典が少なくなります。

カード決済金額400万円でプラチナエリートが獲得できます

今回の改定のポイントは、カード利用金額で、エリートステータスがアップする点です。

この制度は、SPGアメックスカード時代には見られなかった制度です。

マリオットBonvoyアメックス・プレミアムカードの場合は、年間400万円のカード利用で翌年はプラチナエリートにアップします。

プラチナエリートになると、ラウンジの利用、宿泊時の朝食無料サービス、午後4時までのレイトチェックアウト、客室アップグレード (一部スイートを含む) ・滞在ごとのポイント+50%などの特典利用が可能となります。

これまでは、このプラチナエリートを獲得するために、プラチナチャレンジというマリオットBonvoyホテルに16泊して権利を獲得する特別な獲得制度が有るほどの、魅力が有るエリートステータスで、そのステータスを得る為に最低でも13~15万円程の宿泊費が必要でした。

このプラチナエリートが、カード利用金額だけで(400万円です)得る事が出来る様になります。

一方、マリオットBonvoyアメックスカードの場合は、年間100万円のカード利用で翌年はゴールドエリートにアップします。

実際カードを所持してみると、ポイントを貯める為にカード決済をマリオットBonvoyアメックスカードに集める事になると思います。

マリオットBonvoyアメックス・プレミアムカードの場合は、ハードルは高いですが、カード利用金額が年間400万円を超える場合は、宿泊する事無くプラチナエリートを獲得できる事になったといえます。

一方のマリオットBonvoyアメックスカードの場合は、100万円をカード利用する事で、SPGアメックス同等のステータスになるという、年会費が少ない分特典も下がっている感があります。

無料宿泊特典

SPGアメックスカードマリオットBonvoy
アメックス・
プレミアム
マリオットBonvoy
アメックス
カードデザイン
無料宿泊特典
(1泊1室2名まで)
カード年会費支払い
で無料宿泊特典(交
換レート50,000ポイ
ントまで)
カード年会費+年間
150万円以上のカー
ド利用で無料宿泊特
典(交換レート
50,000ポイントまで)
カード年会費+年間
150万円以上のカー
ド利用で無料宿泊特
典(交換レート
35,000ポイントま
で)
手持ちポイント
15,000ポイントをプ
ラスして最大65,000
ポイントまで利用可
手持ちポイント
15,000ポイントをプ
ラスして最大50,000
ポイントまで利用可

SPGアメックスカードの最大の魅力の1つが、カード更新をするとプレゼントされる年間50,000ポイントまでの1泊2日2名分の無料宿泊特典でした。

新カードとなって、この無料宿泊特典を得る為に、カード年会費+年間150万円以上のカード利用が条件となりました。

付与される無料宿泊特典のポイントは、

  • マリオットBonvoyアメックス・プレミアムカードは50,000ポイント(SPGアメックスと同じ)
  • マリオットBonvoyアメックスカードは35,000ポイント(SPGアメックス-15,000ポイント)

と、カード毎に異なります。

さらに、新カードでの変更点は、無料宿泊特典に手持ちの自分のポイントを15,000ポイントまで加えて、無料宿泊出来るという点です。

マリオットBonvoyアメックス・プレミアムカードは50,000+15,000の65,000ポイントまでとなり、宿泊できるホテルの幅が広がります。

一方、マリオットBonvoyアメックスカードは35,000+15,000の50,000ポイントとなり、これまでのSPGアメックス同様に、50,000ポイントまでのホテルに1泊2日2名で無料宿泊が出来ます。

このポイントについては、次項の決済での獲得ポイントで解説します。

この手持ちの15,000ポイントは、マリオットBonvoyアメックス・プレミアムカードは年間で50万円、マリオットBonvoyアメックスカードは年間で75万円のカード利用が必要となります。(カードによって、獲得できるポイントが違います・・・)

 

カード利用での獲得ポイント

SPGアメックスカードマリオットBonvoy
アメックス・
プレミアム
マリオットBonvoy
アメックス
カードデザイン
決済での
獲得ポイント
100円 =
3Marriott Bonvoy
ポイント
100円 =
3Marriott Bonvoy
ポイント
100円 =
2Marriott Bonvoy
ポイント
Marriott Bonvoy
ロイヤルティ
プログム
対象ホテルでの支払
い獲得ポイント
100円 =
6Marriott Bonvoy
ポイント
100円 =
6Marriott Bonvoy
ポイント
100円 =
4Marriott Bonvoy
ポイント

マリオットBonvoyアメックス・プレミアムカードはSPGアメックスと同じポイント獲得レート。

マリオットBonvoyアメックス・プレミアムカードは、100円の利用で3ポイント獲得できます。

また、Marriott Bonvoyロイヤルティプログラム対象ホテルでの支払の場合は、2倍の100円の利用で6ポイントを獲得できます。

このポイント獲得数は、SPGアメックスカードから変わりありません。

マリオットBonvoyアメックスカードはポイントが大幅ダウン

一方、マリオットBonvoyアメックスカードの場合は、100円の通常利用で2ポイント獲得、Marriott Bonvoyロイヤルティプログラム対象ホテルでの支払で4ポイントとなり、獲得ポイントがSPGアメックスの2/3と少なくなってしまいます。

無料航空券マイルへの交換

ポイント交換プログラムは変更なし

Marriott Bonvoyポイントは、ホテル宿泊のポイントのみならず、無料航空券獲得の為のマイレージに交換できます。

この交換プログラムは、マリオットBonvoyポイントのもう一つの大きな魅力です。

通常、航空会社発行のクレジットカードでは、カード利用で得たポイントやマイルはそれぞれの航空会社のマイルとして積算されていきます。

つまりANAはANAカードでANAマイル、JALはJALカードでJALマイルといった具合です。

SPGアメックスカードの場合は・・・積算したマリオットBonvoyポイントが、全世界40を超える航空会社のマイレージに交換できる事、また、マリオットBonvoyポイントでポイントを維持しておく限り、ポイント(マイル)に有効期限が無い事が魅力でした。

このポイントからフライトマイルへの移行プログラムは、マリオットBonvoyのHPを見る限りこれまでと同様で変わり有りません

ここで1つ気を付けておかなければならないのは、カード利用でのポイント獲得比率です。

マリオットBonvoyアメックスカードは、カード利用ポイントの獲得率が2/3の為、SPGアメックスからは魅力ダウン。

マリオットBonvoyアメックス・プレミアムカードは、100円の利用で3ポイント獲得なのでこれまのSPGアメックスと同様ですが・・・

マリオットBonvoyアメックスカードではSPGアメックスの2/3の獲得率の、100円=2Marriott Bonvoyポイント、通常1マイル=3Marriott Bonvoyポイント、になりました。

つまり、SPGアメックスの場合100円の買い物で1マイルを獲得できたものが、マリオットBonvoyアメックスカードでは150円の買い物で1マイルとなってしまいました。

この獲得率は、他の航空会社系クレジットカードと比べても低く、航空券獲得においてその魅力は大幅にダウンしています。

無料航空券獲得目的でカード利用マイルを貯めるのであれば、残念ながらマリオットBonvoyアメックスカードは、ベストな1枚とは言えないカードになってしまいました。

カード変更を纏めてみると

以上の内容を、1つの表にまとめてみます。

SPGアメックスカードマリオットBonvoy
アメックス・
プレミアム
マリオットBonvoy
アメックス
カードデザイン
年会費34,100円(税込)49,500円(税込)23,000円(税込)
家族カード1枚目17,050円(税込)無料無料
家族カード2枚目17,050円(税込)24,750円(税込)11,550円(税込)
カード所持
エリート
ステータス
シルバーエリート
ゴールドエリートゴールドエリート
エリート
ステータス
UP条件
年間100万円の利用
でゴールドエリート
提供
16泊のプラチナチャ
レンジでプラチナエ
リート獲得(費用:
最低13~16万円程)
年間400万円のカー
ド利用でプラチナエ
リート提供
無料宿泊特典
(1泊1室2名まで)
カード年会費支払い
で無料宿泊特典(交
換レート50,000ポイ
ントまで)
年間150万円以上の
カード利用で無料宿
泊特典(交換レート
50,000ポイントま
で)
年間150万円以上の
カード利用で無料宿
泊特典(交換レート
35,000ポイントま
で)
手持ちポイント
15,000ポイントをプ
ラスして最大65,000
ポイントまで利用可
手持ちポイント
15,000ポイントをプ
ラスして最大50,000
ポイントまで利用可
決済での
獲得ポイント
100円 =
3Marriott Bonvoy
ポイント
100円 =
3Marriott Bonvoy
ポイント
100円 =
2Marriott Bonvoy
ポイント
Marriott Bonvoy
ロイヤルティプログ
ラム対象ホテルでの
支払い獲得ポイント
100円 =
6Marriott Bonvoy
ポイント
100円 =
6Marriott Bonvoy
ポイント
100円 =
4Marriott Bonvoy
ポイント

今回のマリオットカードを新規に作る場合やカード更新のポイントは・・・

家族カードが無料とはなったものの、年会費15,400円アップのメリットが有るのか?です。

具体的には、カードを更新する事により得られる無料宿泊特典で、1日はマリオット系のホテル特典で宿泊する日があるはずです・・・

新たに得られる特典、すなわちプラチナステータスでの、ラウンジ利用と朝食が15,400円に見合うのか?

仮に、これまでのSPGアメックスで宿泊した場合と、マリオットBonvoyアメックス・プレミアムカードで宿泊した場合の朝食とラウンジ分の費用差を、次項で見比べてみます。

ラウンジと朝食代シュミレーション(SPGアメックスとマリオットBonvoyアメックス・プレミアムカードで宿泊した場合)

1泊50,000マリオットボンヴォイポイントでは、時期によりホテルのカテゴリー5~6に宿泊出来ます。

カテゴリーオフピーク
(閑散期)
スタンダード
(通常期)
ピーク
(繁忙期)
30,00035,00040,000
40,00050,00060,000
50,00060,00070,000
870,00085,000100,000

カテゴリー7のホテルには、
メズム東京、オートグラフ コレクション
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
ウェスティンホテル東京
ザ・リッツ・カールトン大阪
セントレジスホテル大阪
ルネッサンス・オキナワ・リゾート
シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
ウェスティン ルスツリゾート
ザ・リッツ・カールトン日光

カテゴリー6のホテルには、
ザ・プリンス さくらタワー東京、オートグラフ コレクション
東京マリオットホテル
コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション
軽井沢マリオットホテル
ウェスティンホテル大阪
大阪マリオット都ホテル
ウェスティン都ホテル京都
ザ・プリンス 京都宝ヶ池、オートグラフ コレクション
HIYORIチャプター京都 トリビュートポートフォリオホテル
シェラトン北海道キロロリゾート
キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道
JWマリオット・ホテル奈良
W大阪

カテゴリー5のホテルには、
シェラトン都ホテル東京
コートヤード・マリオット銀座東武ホテル
モクシー東京錦糸町
ACホテル東京銀座
アロフト東京銀座
横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ
富士マリオットホテル山中湖
伊豆マリオットホテル修善寺
名古屋マリオットアソシアホテル
ウェスティンホテル仙台
フェアフィールド・バイ・マリオット・京都みなみやましろ
モクシー京都二条
コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション
シェラトン都ホテル大阪
コートヤード・バイ・マリオット大阪本町
アロフト大阪堂島
琵琶湖マリオットホテル
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
シェラトングランドホテル広島
など 41のホテルが有ります。(2022年2月時点)

オフピーク期のカテゴリー7のザ・リッツ・カールトン大阪の場合、2021年3月の宿泊料金は、約5万円相当なので、クレジットカードの年会費相当の金額となり、一気に元がとれてしまうのですが、この特典はSPGアメックスカードでも可能でした。

そこで、カテゴリー7オフピークのザ・リッツ・カールトン大阪と同カテゴリー7のメズム東京、オートグラフ コレクションやカテゴリー6のマリオットホテルの宿泊時に、大人2名で朝食を利用した場合の金額を見てみます。

朝食特典

カテゴリー7ホテル

朝食ゴールド
ステータス
プレミアム
ステータス
カテゴ
リー7
セントレジスホテル大阪9,800円
朝食ビュッフェ
大人4,900円×2
有料無料
カテゴ
リー7
メズム東京、
オートグラフ
コレクション
6,400円
メズムブレック
ファスト
大人3.200円×2
有料無料

カテゴリー6ホテル

朝食ゴールド
ステータス
プレミアム
ステータス
カテゴ
リー6
東京マリオッ
トホテル
6,480円
朝食ビュッフェ
大人3,240円×2
有料無料
カテゴ
リー6
大阪マリオッ
ト都ホテル
6,400円
朝食ビュッフェ
大人3.200円×2
有料無料

朝食の特典は、およそ6,400円程度です。

年会費アップが15,400円なので、宿泊と朝食を1年の内に必ず1回利用するのであれば、この他のラウンジ利用特典などに9,000円分の価値を見出せる場合は、更新のメリット有りとなります。

ラウンジ利用

クラブラウンジゴールド
ステータス
プレミアム
ステータス
カテゴ
リー6
東京マリ
オットホ
テル

画像引用:ホテルHP
利用不可・カクテルタイム
(酒類提供・
夕食レベル)
カテゴ
リー6
大阪マリ
オット都
ホテル

画像引用:ホテルHP
利用不可・アフタヌーンティー
・カクテルタイム
(酒類提供・
夕食レベル)

大阪マリオット都ホテルやと東京マリオットの様に、ラウンジでカクテルタイムを設けているホテルでは、カクテルタイムで夕食レベルの食事やお酒も楽しむ事が出来ます。

カテゴリー6レベルのホテルに宿泊して、カクテルタイムまで利用すると、9,000円以上の価値は見込まれる為、年会費のアップ分は吸収できることになります。

その他の違い

国内28、海外1の空港ラウンジの利用は、どちらのマリオットBonvoyアメックスカードもSPGアメックスからの変更はありません。

海外から帰国時の、スーツケース無料宅配は、マリオットBonvoyアメックス・プレミアム・カードは、新たに羽田空港が加わり、『羽田空港、成田空港、中部空港、関西国際空港』の4空港、マリオットBonvoyアメックス・カードは『成田空港、中部空港、関西国際空港』です。

また、旅行関係の障害保険も、保証額がカードによって変わってきています。

まとめ

SPGアメックスからマリオットBonvoyアメックスカードに変わって、初めは年会費のアップに目が行きました。

内容を確認していくと、さすがに計算された見直しだと感じます。

最も大きく変わったのは、年会費というよりも、カードの利用で特典を得る事のできるカードになったという事だと思います。

具体的には、マリオットBonvoyアメックス・プレミアムカードとマリオットBonvoyアメックス・カード共に、150万円のカード利用で無料宿泊特典が得られる点です。

これまで、年会費更新による無料ホテル特典目的でカードを所持していた場合は、年会費更新だけでは特典が得られなくなるので、カード所持目的が果たせなくなります。

一方、これまでも宿泊や航空券マイル獲得の為に、カードを決済に利用していた場合は、150万円のカード利用は大きな障害では無いかもしれません。

また、年間400万円のハードルは高いですが、プラチナチャレンジをすることなくプラチナエリートをもらえるマリオットBonvoyアメックス・プレミアムカードは、マリオットホテルを利用するのであれば、大きな価値が有ります。

一方、マリオットBonvoyアメックス・カードは、カード利用時のポイント獲得率ダウンにより、わたしの目線では別のカードも検討した方が良いと思いました。

折しも、マリオットBonvoyアメックス・プレミアムカードとマリオットBonvoyアメックス・カードの入会キャンペーンが始まりました。

6ケ月以内150万円の利用で180,000ポイントと半年75万円の利用で60,000ポイント付与という、大型キャンペーンです。

次の記事では、入会キャンペーンと、カードメリットを考察してみます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました