日立ドラム式洗濯乾燥機「ビッグドラム」2022年 BD-STX120Hは、2021年 BD-STX110Gから何が変わった?違いを比較!

家電・生活機器

2022年モデルの日立ドラム式洗濯乾燥機「ビッグドラム」BD-STX120Hが、9月中旬に発売になりました。

2022年モデル 「ビッグドラム」BD-STX120Hは、前年モデルの BD-STX110G から、何がどの様に変わったのか?・・・ 

本記事では、その違いを纏めてみました。

ドラム式洗濯乾燥機びのご参考となれば幸いです。

ビッグドラム 2022年型 BD-STX120H と 2021年型 BD-STX110Gのスペック比較

2022年モデルになって何が変わったのか?スペックを表で比較してみます。
(引用 日立機種HP)

 日立 ビッグドラム
2022年モデル(新)
日立 ビッグドラム
2021年モデル(旧)
機種名BD-STX120HBD-STX110G
市場価格
(2022年10月末)
約35万~39万円約18万~30万円
外観
洗濯・脱水容量
/乾燥容量
12kg / 6kg11kg / 6kg
運転音洗い 約34dB /
脱水 約37dB /
乾燥 約48dB
洗い 約34dB /
脱水 約37dB /
乾燥 約48dB
目安時間洗濯 35分洗濯(標準コース)
33分
洗濯~乾燥
 約98分
洗濯~乾燥
(標準コース)
約132分
 洗濯~乾燥
(快速洗乾コース)
約95分
標準使用水量洗濯 88L洗濯(標準コース)
78L
洗濯~乾燥
約86L
洗濯~乾燥
(標準コース)
約83L
 洗濯~乾燥
(快速洗乾コース)
約53L
消費電力
(50/60Hz)
洗濯 140W
乾燥 1250W
洗濯 140W
乾燥 1050W
消費電力量洗濯
78Wh
洗濯(標準コース)
66Wh
洗濯~乾燥
約1,570Wh
洗濯~乾燥
(標準コース)
約1,590Wh
 洗濯~乾燥
(快速洗乾コース)
約1,300Wh
本体幅600mm600mm
総外形寸法/質量
(幅×奥行×高さ)
●給・排水
ホースを含む
630×716×1065mm/
約82kg
630×716×1065mm/
約81kg
寸法図
設置可能
防水パン
奥行内寸540mm以上奥行内寸540mm以上

スペック面を比較してみると、

洗濯容量は今回の売りのポイントで、1kg増えて12kgになりました。

運転音については、洗い・脱水・乾燥共に、変化は有りません

洗濯時間は、2分延びて35分となっています。

洗濯~乾燥時間は、約132分⇒約98分と大幅に短縮され、快速洗乾コースの約95分が廃止されています。

標準使用水量は、洗濯容量が増えた為か、洗濯で約10L・洗濯~乾燥で約3L 増えています

消費電力変わりは有りません

消費電力量洗濯時が12Wh増えて、洗濯~乾燥はBD-STX110G(標準コース)に比べて20Wh減っています。こちらは、運転時間の増減とも関係が有りそうです。

製品の形やサイズ変化は有りません

質量は、1kg増えています。

寸法図を見比べると、全く同じであることが分かります。

これらより、2022年モデルのBD-STX120Hは、基本の形は2021年モデルのBD-STX110Gと同じで、洗濯容量を12kgと1kgアップし、機能強化を計った年式変更モデルであることが分かります。

ビッグドラム 2022年型 BD-STX120H と 2021年型 BD-STX110Gの機能比較

同様に、機能についてもその特徴を表にまとめました。

 日立 ビッグドラム
2022年モデル(新)
日立 ビッグドラム
2021年モデル(旧)
機種名BD-STX120HBD-STX110G
洗濯
自動投入液体洗剤・柔軟剤
自動投入
(残量検知あり)
液体洗剤・柔軟剤
自動投入
(残量検知あり)
洗浄機能AIお洗濯
ナイアガラ洗浄
(洗剤検知)
AIお洗濯
ナイアガラ洗浄
(洗剤検知)
黄ばみ除去
・予防機能
温水
ナイアガラ洗浄
温水
ナイアガラ洗浄
乾燥
乾燥方式風アイロン
(低温ヒート式)
風アイロン
除湿方式水冷除湿
(温度センサー制御)
水冷除湿
(一部コースは空冷除湿)
清潔
清潔機能らくメンテ
乾燥フィルターレス
大容量糸くずフィルター[抗菌]
洗濯槽自動おそうじ
乾燥ダクト自動おそうじ
ドアパッキン自動おそうじ
自動おそうじ
乾燥ダクトクリーンシステム
内面フラットホース
清潔コース
(洗濯機)
温水槽洗浄コース
槽洗浄コース
槽乾燥コース
槽洗いコース
温水槽洗浄コース
槽洗浄コース
槽乾燥コース
清潔コース
(衣類)
ダニ対策コース
除菌清潔プラスコース
花粉コース
ダニ対策コース
除菌清潔プラスコース
花粉コース
使いやすさ
シワ伸ばしスチームアイロンコーススチームアイロンコース
 
洗濯コース標準 12kg
すすぎ1回 12kg
おいそぎ 6kg
洗剤直ぬり 2kg
手造り 12kg
柔らか 4.5kg
毛布 5kg(ふとん1kg)
デリケート 3kg
おしゃれ着 3kg
消臭 2kg
標準 11kg
すすぎ1回 11kg
おいそぎ 6kg
洗剤直ぬり 2kg
手造り 11kg
柔らか 4.5kg
毛布 5kg(ふとん1kg)
香り 11kg
デリケート 3kg
おしゃれ着 3kg
黄ばみ除去 2kg
衣がえ 5kg
洗濯

乾燥コース
標準 6kg
すすぎ1回 6kg
手造り 6kg
毛布 3kg(ふとん 1kg)
ナイト 4.5kg
消臭 2kg
標準 6kg
すすぎ1回 6kg
快速洗乾 6kg
手造り 6kg
毛布 3kg(ふとん 1kg)
ナイト 4.5kg
黄ばみ除去 2kg
衣がえ 5kg
乾燥コース標準 6kg
毛布 3kg(ふとん 1kg)
ナイト 4.5kg
静止乾燥 0.4kg
スチームアイロン 1kg
標準 6kg
毛布 3kg(ふとん 1kg)
ナイト 4.5kg
静止乾燥 0.4kg
スチームアイロン 1kg
清潔コースダニ対策 3kg
除菌清潔プラス 1kg
花粉 2kg
温水槽洗浄
槽洗浄
槽乾燥
槽洗い
自動投入経路洗浄
ダニ対策 3kg
除菌清潔プラス 1kg
花粉 2kg
温水槽洗浄
槽洗浄
槽乾燥
自動投入経路洗浄
温水ミスト/温水約60℃ 2kg
約40℃つけおき 2kg
約40℃消臭 2kg
約40℃ 6kg
約30℃ 12kg
約15℃温め自動 12kg
温水ミスト90分 2kg
温水ミスト30分 5kg
温め自動
ダウンロードコースわがや流AI
つけおき2度洗い
泥汚れ
ジェルボール
ダウンジャケット
洗えるスーツ
おしゃれ着脱水
脱水のみ
わがや流AI
つけおき2度洗い
泥汚れ
ジェルボール
ダウンジャケット
洗えるスーツ
温水おしゃれ着
おしゃれ着脱水
槽洗い

洗濯・乾燥機能については、

基本機能の

  • 洗浄機能
  • 液体洗剤・柔軟剤の自動投入
  • 黄ばみ除去・予防機能

に、変わりは無いようです。

風アイロンは、スペック表の()表記が変わっていますが、基本機能には変更は無いようです。この部分はスペック表記の変更のみであると思われます。

約300km/hの風で衣類のしわを伸ばして乾燥させる『風アイロン』は、日立 ビッグドラムの売りの機能なので、しっかりと維持されています。

では、変わった点を確認してみます。

変化点:乾燥フィルターをなくした [らくメンテ] の採用

テレビCMでもアピールされている通り、今回の最大の売りのポイントの1つです。

本体の上面パネルにあった、乾燥フィルターが無くなり、本体下部の糸くずフィルターに集約されています。

これにより、フィルターのお手入れが月に1回でOKと、お掃除の手間が楽になっています。

糸くずフィルターの設置位置は変わりが無いようですが、フィルターの形状が櫛状のモノからフィルター状のモノへ変更されて容量アップが図られている様です。

洗濯メニューなどに若干の変更

BD-STX120Hでは、BD-STX110Gにあった・香り11kg・黄ばみ除去 2kg・衣がえ 5kgの洗濯コースが無くなり、代わりに消臭2kgが加わっています。

また、洗濯~乾燥コースの、快速洗乾 6kgコースが無くなりました。

ダウンロードコースにあった、槽洗いは「清潔コース」に移っています。

代わりにダウンロードコースには脱水のみというコースが新設されています。

温水ミストから温水洗浄への変更は、取扱説明書で確認すると、BD-STX120Hでは温水で洗うメニューが複数設定されています。

BD-STX110Gの温水ミストに比べて洗濯プログラムに組み込まれている様なので、使いやすくなった感じを受けます。

全般に、メニュープログラムに若干の入れ替えがありますが、基本の洗濯機能には大きな違いは無く、機能継承モデルだと認識できます。

新型BD-STX120Hのおすすめポイントとまとめ

2022年型の日立 ビッグドラム BD-STX120H は、2021年モデルの BD-STX110G から洗濯容量を1kg増やし、乾燥フィルターを無くして、手間のかからない改良を施してきました。

家電メーカー各社のドラム式洗濯機の最大容量は12kgなので、この点は他社同等ですが、乾燥フィルターは掃除が面倒な部分なので、フィルターのお手入れが月に一度で良いというのは、魅力的なポイントです。

2021年モデルの BD-STX110G 発売開始時の価格は約40万のスタートでした。

2022年モデルに切り替わって BD-STX120H は約44万のスタートでしたが、10月に入って価格が落ち着きだしてきて約35万~39万円レベルです。

2022年10月後半に入って BD-STX110Gの価格は約18万~30万レベルの最安値圏にあるので、このスペック・機能差であれば、BD-STX110Gを気になる方は、在庫のある今がお得にGetできるラストチャンスかもしれません。

本記事が、洗濯乾燥機選びのお役に立てば幸いです。

日立 BD-STX110GR W ドラム式洗濯乾燥機 洗濯11kg・乾燥6kg 右開き フロストホワイト

タイトルとURLをコピーしました