【画面が曲がるテレビ!】LG OLED Flexとは?2023年2月15日まで5万円キャッシュバック!

家電・生活機器

『家電芸人』はアメトーーク!!の人気面白企画の一つで、家電好きの芸人さんが、選りすぐりの逸品をおもしろトークでプレゼンする、家電選びに役立つ番組です。

『LG OLED Flex』は、12月30日放送の『家電芸人』で背景に商品名が映っていましたが、残念ながら紹介されませんでした。。

この記事では、紹介はされなかったものの今後話題になると思われる『LG OLED Flex』を一足先にチェックしてみます。

2023年2月15日までに購入すると、50,000円のキャッシュバックに応募できます。

テレビ選びのご参考となれば幸いです。

この記事でわかること
  • 『LG OLED Flex』の商品特徴
LG 4K有機ELテレビ OLED Flex 42LX3QPJA 42V型 曲がるテレビ

『LG OLED Flex』とは?

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社が2023年1月18日から販売開始する、画面の曲率を自由に変える事のできる42インチの有機ELテレビです。

LGエレクトロニクスのテレビは、これまでの『家電芸人』で、2020年12月30日の放送では価格が約1000万円のロール状に収納できるテレビの紹介(日本では未発売)が、土田晃之さんから・・・

2017年12月30日の放送では、土田晃之さんと関根 勤さんから「LG OLED TV」シリーズ最上位有機ELテレビの65インチモデルが紹介された事があります。

2022年12月30日の家電芸人では、背景展示のみで紹介はありませんでした。

『LG OLED Flex』は2022年12月1日から予約受注が始まっています。

価格はオープン価格で、市場価格は約44万円です。

『LG OLED Flex』のスペック

製品名LG OLED Flex
型番42LX3QPJA
画像サイズ42V
パネルOLED
外形寸法(W×H×D)937×614~754×297mm
重量(スタンド含)22.6kg
画素数水平×垂直3,840×2,160(4K)
チーナ―BS8K
高画質機能BS4K・110度CS4K
チューナー
2
BS・110度CS3
地上デジタル
(CATVパススルー)
3
プロセッサーα9 Gen5 AI Processor 4K
高精細AI 4K アップスケーリング
HDR 信号対応Dollby Vision IQ/HDR 10
Pro/HLG
動きくっきりOLER Motion
FILMMAKER MODE
オートスタート
明るさ強化技術
映像調整機能AI映像プロ
高コントラストピクセル自発光829万
画素
明るさ自動調整
高音質機能音声調整機能〇(AI サウンドプロ)
部屋に合わせた
音場設定
〇(オートサウンド
チューニング)
実用最大出力
(JEITA):W
40W
(フロント:2個/20W、
ウーファー:2個/20W)
WiSA対応〇(WiSA 2.1ch)
Dollby Atmos 対応
スピーカー2.2ch
Bluetooth 対応〇(Bluetooth 5.0)
ネットワーク機能エンターテインメントwebOS
無線LAN機能(Wi-Fi)Wi-Fi6 (IEEE802.11ax)
Apple AirPlay2
音声検索
スクリーンシェア
エンターテイン
メント機能
ゲームオプティマイザ
HGGゲームモード
AMD FreeSync
Premium テクノロジー
ウェブブラウザ
HDMI2.1に規定される
機能
eARC/ALLM/VRR
NVDIA G-SYNC
Compatible
スポーツアラーム
録画機能外付けHDD裏番組録画
入力/出力端子HDMI 入力端子HDMI 2.1×4
(48Gbps、4K/120p)
光デジタル音声出力
端子
1
USB端子3(USB 2.0)
ヘッドホン出力端子1
LAN端子1(100Base-TX)
消費電力消費電力(待機時):W207(0.5)
年間消費電力量:
kwh/年
141
画面位置調整曲率:平面~最大900R
(20段階調整可能)
垂直角度調整(チルト)
:前10°/後5°
高さ調整 140mm
主な付属品マジックリモコン/
単3形乾電池(2個)/
転倒防止用部品/
USBケーブル

『LG OLED Flex』の機能

平面から900Rまでの曲率調整

画面の曲率は、付属のリモコンで20段階に調整可能で・・・

家族での大人数で見る時は平面で、ゲームや1人で没入感をもって見る時は900Rの曲率画面でと、視聴環境やコンテンツに応じたベストな状態でテレビを楽しむ事が出来ます。

バックライトの無い有機ELの特性を活かした、LG独自の機能です。

高さや角度も調整可能

ゲーミングモニターの様に高さや角度も調整可能となっており、最も見やすい環境を整えることが出来る様になっています。

調整範囲は、高さは140mm、チルト(前後角度調整)は前10°~後ろ5°です。

画面サイズの調整

ゲームやコンテンツに合わせて、画面サイズを調整したり、マルチに2画面を投影するなど、並行視聴も可能です。

高画質の映像処理

映像処理には、LG独自の映像エンジン「α9 Gen5 AI Processor 4K」が搭載されており、従来の有機ELテレビに比べ、高輝度、高純度の色の再現を実現。

地上波放送だけでは無く、映像配信コンテンツも究極の没入感で視聴することが出来る様になっています。

ゲーミング機能

ゲーミング機能も充実しています。

4KのHFRに対応し、通常の2倍にあたる最大秒間120フレーム(120Hz)での表示が可能となっており、応答速度は0.1msと、高度な映像もくっきりと表示することができます。

レースやスポーツゲームなど画面の切り替えが速いシーンでも残像感が少なく、スピード感あふれるゲーム映像が楽しめるとの事です。

臨場感あふれる立体サウンド!Dolby Atmos®対応

40Wのフロントスピーカーと、映像にあわせて360度音が移動するDolby Atmos®に対応。
映像だけでなく、音にもしっかりと配慮されています。

エコーキャンセリングマイクも内蔵

スピーカーから聞こえるゲーム背景音を小さくし、ボイスチャットの声を明瞭に伝えるエコーキャンセリングマイクを内蔵。

ゲーム用ヘッドセットを使わなくてもボイスチャットができ、チームメートとの意思疎通もよりスムーズに。

背面にもLEDライティングを装備

映像やコンテンツに合わせて背面のLEDの色が変化する演出も装備されており、5つの色からセレクトできます。

まとめ

LGの有機ELテレビは、これまで2度『家電芸人』でも取り上げられてきましたが、有機ELの特性を活かしたテレビがまた新たに登場しました。

ゲームから映画やテレビコンテンツまで、一番良い環境で見る事が出来そうです。

没入感が欲しい場合は究極なテレビの1つではないでしょうか?

2023年2月15日までの購入で、50,000円のキャッシュバックに応募できます。

本記事が、テレビ選びのお役に立てば幸いです。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

LG 4K有機ELテレビ OLED Flex 42LX3QPJA 42V型 曲がるテレビ
タイトルとURLをコピーしました