PR

【アメトーク!家電芸人】Shark EVOPOWER DX WV517JST/WV516JBKは前モデルWV416Jから何が変わった?違いを比較レビュー!

掃除機

『家電芸人』はアメトーーク!!の人気面白企画の一つで、家電好きの芸人さんが、選りすぐりの逸品をおもしろトークでプレゼンする、家電選びに役立つテレビ番組です。

『Shark EVOPOWER ハンディクリーナー』は、2019年3月31日に土田晃之さんから「Shark EVOPOWER」を紹介され、2022年12月放送の『アメトーク!家電芸人』では、ユウキロックさんから「EVOPOWER EX」も紹介されました。

2024年6月3日には、さらに進化した『EVOPOWER DX』が発売になりました。

当記事では、新型は前モデルから何がどのように変わったのか?その進化をまとめています。

ハンディクリーナー検討の、ご参考になれば幸いです。

この記事で分かる事

•『EVOPOWER DX WV517JST/WV516JBK』 の商品特徴
•『EVOPOWER DX WV517JST/WV516JBK』と『EX WV416J』の違い

Shark シャーク EVOPOWER EX 充電式ハンディクリーナー WV416J チャコールメタル

Shark EVOPOWER DXの概要

2024年6月3日、シャークニンジャ株式会社からコードレスハンディクリーナー「EVOPOWER DX」の新モデル2機種が発売されました。

「EVOPOWER DX」とは、高い機能性と吸引力が魅力の「EVOPOWER」シリーズのプレミアムモデルです。

新機種のラインアップは、フロア用電動ノズルが付属する「WV517J」と、フローリング用延長ノズルが付属する「WV516J」があります。

「WV517J」と「WV516J」の特徴は次の4点です。

  • シャークハンディクリーナーシリーズ史上最高の吸引力(初代「EVOPOWER W35」の2.5倍)
  • LEDヘッドライト照射の幅を拡大して、より多くのゴミを照らし出せるように変更
  • 「Shark EVOPOWER SYSTEM NEO」シリーズで好評の握りやすいハンドルを採用
  • 「WV517JST」にシリーズとして初めて「フロア用電動ノズル」を付属

これまでの便利な機能は継続し、さらにお掃除がしやすくなりました。ハンディクリーナーをはじめて使う方はもちろん、セカンド掃除機が欲しい方にもおすすめです。

2024年モデルEVOPOWER DX WV517JST/WV516JBK と 前モデルWV416J の商品スペック比較

EVOPOWER DX WV517JST/WV516JBKと、2023年モデルのWV416Jの商品スペックを比較しました。

スペック比較

分かりやすく表にしましたので、参考にしてください。

機種
EVOPOWER DX EVOPOWER EX
WV517JST WV516JBK WV416J
発売 NEW
2024年6月3日発売
NEW
2024年6月3日発売
2023年4月28日発売
カラー ライトモカ マリーンブラック チャコールメタル
運転時間
エコモード:約40分 エコモード:約40分 エコモード:約35分
標準モード:約20分 標準モード:約20分 標準モード:約20分
ブーストモード:約8分 ブーストモード:約8分 ブーストモード:約8分
充電時間 約3.5時間 約3.5時間  約3.5時間
サイズ
使用時
(高さ x 幅 x 奥行)
398 x 68 x 90 mm 398 x 68 x 90 mm 390 x 62 x 76 mm
サイズ
収納時
(高さ x 幅 x 奥行)
279 x 105 x 369 mm 279 x 105 x 369 mm 374 x 104 x 276 mm
サイズ
フローリング用
延長ノズル
(高さ x 幅 x 奥行)
540 x 197 x 50 mm
サイズ
延長ノズル使用時
(高さ x 幅 x 奥行)
928×203×151 mm
(フロア用電動ノズル)
885 x 197 x 93 mm
(フローリング用)
875 x 197 x 76 mm
(フローリング用)
重量
本体
680g 680g 690 g
重量
延長ノズル使用時
1170g
(フロア用電動ノズル)
888g
(フローリング用)
898 g
(フローリング用)

見た目の違いとサイズ・質量・色

EVOPOWER DX WV517J/WV516J の本体カラーは、ライトモカ/マリーンブラックです。

シャークはモデルチェンジのたびに色を代えますが、どの色もモデルにマッチしているのが印象的で、今回もインテリアになじむおしゃれなカラーです。

ハンディクリーナーのサイズは、WV517J/WV516Jは同じで、前年WV416Jから高さ8mm・幅6mm・奥行14mm大きくなって、重量は逆に10g軽くなっています。

形を見比べてみると、グリップ部分が折れて、ややボリューム感が増していることが分かります。

延長ノズル使用時のサイズは……

WV517Jは電動ノズル搭載のため、高さが53mm幅6mm奥行58mm大きくなっており、重量も1170gと前年WV416Jよりも272g重たくなっています。

WV516Jは、前年WV416Jから高さ10mm増・重量10g減と大きくは変わっていません。

バッテリーと運転時間

運転時間は、EVOPOWER DX WV517J/WV516J のエコモードで40分と前年WV416Jから5分伸びていますが、標準・ブーストモードの時間はかわりありません。

EVOPOWER DX用着脱式リチウムイオンバッテリーの型番は「XSBT330AS」、EVOPOWER EX用着脱式リチウムイオンバッテリーの型番は「XSBT420AS」と異なっており、見た目も若干違います。

バッテリーのスペックは公開されていないので推察ですが……充電時間も3.5時間と変わりが無いので、電池そのものは同じで変化はないと思われます。

2024年モデルEVOPOWER DX WV517JST/WV516JBK と 前モデルEX WV416J の機能比較

2024年モデルで変わった4項目について比較してみます。

DX WV517JST/WV516JBK と 前モデルEX WV416Jの機能の違い
  1. シャークハンディクリーナーシリーズ史上最高の吸引力(初代「EVOPOWER W35」の2.5倍)
  2. LEDヘッドライト照射の幅を拡大して、より多くのゴミを照らし出せるように変更
  3. 「Shark EVOPOWER SYSTEM NEO」シリーズで好評の握りやすいハンドルを採用
  4. 「WV517JST」にシリーズとして初めて「フロア用電動ノズル」を付属

1.シャークハンディクリーナーシリーズ史上最高の吸引力

DX WV517J/WV516Jは、初代「EVOPOWER W35」の2.5倍と謳われています。

前モデルEX WV416Jは、初代「EVOPOWER W35」の2倍の吸引力と謳われていました。

したがって、DX WV517JST/WV516JBKは、前モデルEX WV416Jの吸引力の1.25倍にパワーアップしたといえます

2.LEDライト照射幅の拡大

EVOPOWER EXで初搭載されたLEDライトの照射範囲が、EVOPOWER DXでは広がっています。

よりゴミを見つけやすく、進化しています。

3.「Shark EVOPOWER SYSTEM NEO」シリーズで好評の握りやすいハンドルを採用

EVOPOWER DX では、本体とグリップの部分が折れ曲がっていますが、EVOPOWER EX は一直線です。

EVOPOWER DX のグリップを横から見ると……

角度だけでなく、握りやすい様に形が見直されフィンガーグリップはゴム素材に変更されています。

4.「WV517JST」にシリーズとして初めて「フロア用電動ノズル」を付属

これまでのShark ハンディクリーナーは、シンプルな延長ノズルにより、フローリングには適したものの、カーペットには歯が立ちませんでした。

EVOPOWER DX では、電動ノズルが付いた延長ノズルが設定されており、ハンディクリーナーでありながら、カーペットまで対応できる万能さが魅力です。

まとめ

『Shark EVOPOWER DX』は、パワフルな吸引力が魅力的なハンディ掃除機です。

2024年モデルは、2023年モデルからLEDライトの進化や、電動ノズルの搭載などで、さらに使い勝手を向上させてきました。

『家電芸人』オススメ機種は、特徴や性能で抜きんでている商品が多く、その後モデルは有力な選択肢の1つです。

今回のモデルには、フローリング用延長ノズルなしのモデル(WV515J)もあるので、2台目のハンディ使用のみならこちらもご検討可能かもしれません。

本記事が、ハンディ掃除機選びのお役に立てば幸いです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

Shark シャーク EVOPOWER EX 充電式ハンディクリーナー WV416J チャコールメタル
28%OFF セール ポイント10倍【Shark 公式】 Shark シャーク EVOPOWER EX 充電式ハンディクリーナー エヴォパワーイーエックス WV406J / ハンディ掃除機 ハンディー 強力 コードレス コードレス掃除機 そうじき 車用 軽量 吸引力 布団 ふとん カーペット フローリング 充電式