【2022】AQUA ドラム式洗濯機 AQW-DX12Nとは?前型AQW-DX12Mの口コミと評判をレビュー!

家電・生活機器

AQUAのドラム式洗濯乾機 が、2022年11月17日に『AQW-DX12N』へモデルチェンジしました。

AQUAは、昔のサンヨー電機から、ハイアールアジアという社名を経由して、2016年からはアクアという社名で洗濯機や冷蔵庫の白物家電を販売しており、業務用ドラム洗濯機の大手メーカーです。

果たして、AQUAの家庭用ドラム式洗濯乾燥機『AQW-DX12N』の口コミや評判はどうなのでしょう?『AQW-DX12N』は発売したばかりなので、前モデルの『AQW-DX12M』の口コミと評判をレビューします。

この記事で分かる事

•『AQW-DX12N』 の商品特徴。
•『AQW-DX12M』の口コミと評判

AQUA ドラム式洗濯機『AQW-DX12N』と『AQW-DX12M』の商品概要

AQUAの『AQW-DX12N』と『AQW-DX12M』は、容量12kgと大容量ながら、コンパクトなサイズが魅力的な洗濯乾燥機です。

『AQW-DX12N』と『AQW-DX12M』の特徴のひとつが、業界用洗濯機で培った、『真っ直ぐドラム』です。

ドラムを水平にすることで、サイズ、洗浄力、乾燥、仕上がりと多くのメリットがあります。

水洗いできない衣類も除菌・消臭できる『エアウォッシュ』や、黄ばみを落とし、除菌もできる『お湯洗いモード』、『クラスNo.1スピード洗濯』などの魅力的な機能が搭載されています。

洗濯スピードは業界最速で、1回あたり12kgもの洗濯が標準モードでわずか29分で洗いあがる魅力的な洗濯機です。

また『AQW-DX12N』から新たに、様々な洗濯状況を感知して、洗い時間や洗剤量などを自動で調整して洗濯してくれる『Aiウォッシュ』の機能が搭載されています。

『AQW-DX12N』と前モデル『AQW-DX12M』の違いは別記事にて紹介してます。

こちらもあわせてぜひご参考ください。

『AQW-DX12N』と 『AQW-DX12M』の口コミと評判

『AQW-DX12N』は発売されたばかりでまだ口コミがありません。前モデル『AQW-DX12M』の口コミと評判を集めました。

購入者さん / ★5

音も大して気にならず乾燥も標準設定でちゃんと乾いて、安心した。洗濯物を干す手間なく、スイッチひとつで縮みなどもなくフワフワに乾くところまで仕上げてくれるのは、本当に助かる。
12kgの大容量、便利な機能付きの上位モデルが、型落ちで安く買えて大満足、買って良かったです。

出典:価格.com口コミ

購入者さん / ★5

これまで使っていたドラム式洗濯機は、ホコリが溜まりやすかった。AQUAの真っ直ぐドラムはホコリの自動洗浄機能があるというので期待している。
洗剤自動投入は初めて使ったが便利。エアウォッシュも、30分程度で終わるので綿シャツのシワ取りなどが出かける前に手軽に出来て重宝している

出典:価格.com口コミ

購入者さん / ★5

おすすめポイントとしては「筐体のコンパクトさに対し12kg洗える大容量」ですね。 これが一番の購入動機です。

デザインは通常のドラム式洗濯機に比べてコンパクトかつスタイリッシュかと思います。ドラムの向きが真横に設置されているため投入口がやや低いです。安価なのが何よりも良い点だと思います。

出典:Yahoo!口コミ

購入者さん / ★4

脱水時と乾燥時の音はうるさいですが、洗面所のドアを閉めれば気にならないですね。
また脱水時の揺れは相当なもので、家全体が揺れるとの書き込みを見かけましたが、揺れるというか振動します(木造1戸建てです)。 ちなみに毎回ではなく、洗濯物の量が多いときや、重たいものが若干偏った時になるようです。
それなりの振動はありますが、書き込みで見かける「酷い状況」はなく許容範囲です。
それよりも洗剤自動投入や、乾燥など仕上がりに満足しています

出典:価格.com口コミ

購入者さん / ★1

【洗浄力】
そこまで汚れものを洗わないので特に問題なし。
【静音性】
脱水時と乾燥の音が大きい。
【サイズ】
マンションにも置ける小型なサイズ感なのはいい
【機能・メニュー】
肝心の乾燥機能がイマイチ
洗濯容量を推奨の3kg未満(ほぼタオル)にしても標準コースでは必ず生乾き。


出典:価格.com口コミ

『気になるコメント』と『良いコメント』がありましたので、それぞれをピックアップしてみました。

気になるコメント
  • 音が大きい
  • 標準コースでは生乾き
  • 投入口の位置が低い
良いコメント
  • 小型でマンションでも設置できる
  • 乾燥機能でフワフワの仕上がりに
  • エアウォッシュでシャツの皺取りができる

気になるコメントの中で、『音が大きい』という声が何件かありました。動作時に本体の振動があるようです。

ドアを閉めれば気にならないという方や電気屋で購入した防振マットで対策しているなど、うまく対処しているユーザーもいました。

『標準コースでは生乾き』という声もありましたが、反対に『しっかり乾く』という意見もあったため、洗濯物の量や内容などによってベストな時間設定を見つけるとうまく使えそうです。

据付説明書では、本体の天板は上方に20cm開けて設置するようになっています。天板にモノを置いていると上手く乾燥できなかったとのコメントもあるので、乾燥が上手く行かない時にはチェックする必要が有りそうです。

また『AQW-DX12M』はコンパクトなサイズで『真っ直ぐドラム』のため、取り出し口が少し低めになっており、使いにくいという声がありました。

気になる方は事前に洗濯機台の購入も検討してみると良いかもしれません。

良いコメントでは、コンパクトなサイズ感を評価しているユーザーが多く、賃貸のアパートやマンションでも設置できて良かったという声がありました。

仕上がりはフワフワになるという口コミもあり、乾燥機能に満足しているユーザーが多くいました。

また綿シャツの皺取りが30分でできて便利という声もあり、『AQWDX12M』の特徴でもあるエアウォッシュの機能をうまく使えているユーザーから高評価がありました。

まとめ

『AQW-DX12N』『AQW-DX12M』 は、大容量ながらコンパクトなサイズが魅力的なドラム式洗濯乾燥機です。

口コミでも、魅力的な『AQW-DX12M』のコメントがたくさんありました。

口コミの魅力は、最新モデル『AQW-DX12N』にも引き継がれているので、最新モデルも期待が出来ます。

2022年12月中時点で、旧モデル『AQW-DX12M』は在庫がほぼ無くなってきており、『AQW-DX12N』の価格も新製品登場時から、徐々にこなれだしてきた様です。

『AQW-DX12M』検討中の場合は、新春初売や年度末決算などのイベントが控えているので、価格動向をチェックしておくとお値打ちに買えると思います。

本記事が、ドラム式洗濯乾燥機選びのお役に立てば幸いです。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました