キャノンのプリンター『TS8530』と『XK500』の口コミをまとめて比べてみました。

家電・生活機器

キャノンのPIXUSは、2022年11月10日にハイスペックモデルの『TS8630』が登場しました。

この上級モデルはどの様な口コミなのか?まだ新製品なのでわかりません。

そこで、スペックがほぼ同じである前年『TS8530』の口コミを纏めてみました。

更にスペック面でほぼ同じの『XK500』についても口コミをまとめてみました。

当記事が『キャノンインクジェットプリンター』の購入を検討されている方の、ご参考になれば幸いです。

この記事で分かる事

•『TS8530』と 『XK500』の口コミ。
•『TS8530』と 『XK500』の違い

PIXUS『TS8530』と『XK500』とは?

キャノンインクジェットプリンターの2021年の上位2機種

キャノンのPIXUS『TS8530』と『XK500』は、どちらもキャノンインクジェットプリンターの上位モデルです。

『TS8530』は、インクノズルが緻密で6色タンクのクオリティで本体価格のコスパが魅力的なモデルです。

『XK500』は、『TS8530』のスペックを持ちながら、コスパの良いインクカートリッジを採用しています。本体価格は高いものの、ランニングコストで逆転できるモデルです。

スペック比較

まずは、スペックを比較表で確認しておきます。

 PIXUS TS8530
2021年モデル
PIXUS XK500
2022年モデル
インク6色(独立インクタンク)6色(独立インクタンク)
プリントヘッド
各色ノズル数C/M×各1536ノズル、
Y×512ノズル、GY/染料BK/
顔料BK×各1024ノズル
C/M×各1536ノズル、
Y×512ノズル、PB/染料BK/
顔料BK×各1024ノズル
総ノズル数計6656ノズル計6656ノズル
最高解像度(dpi)4800※1(横)×1200(縦)4800※1(横)×1200(縦)
使用可能
用紙サイズ
後トレイA4、A5、B5、レター、
リーガル、洋形封筒4号/6号、
長形封筒3号/4号、はがき、
郵便往復はがき、名刺、
スクエア(127mm×127mm)、
スクエア(89mm×89mm)、
六切、2L判、L判、KG、
ユーザー定義サイズ
(幅 55mm~215.9mm、
長さ 89mm~676mm)
A4、A5、B5、レター、
リーガル、洋形封筒4号/6号、
長形封筒3号/4号、はがき、
郵便往復はがき、名刺、
スクエア(127mm×127mm)、
スクエア(89mm×89mm)、
六切※4、2L判、L判、KG、
ユーザー定義サイズ
(幅 55mm~215.9mm、
長さ 89mm~676mm)
カセットA4、A5、B5、
ユーザー定義サイズ
(幅 148mm~215.9mm、
長さ 210mm~297mm)
A4、A5、B5、
ユーザー定義サイズ
(幅 148mm~215.9mm、
長さ 210mm~297mm)
給紙方式後トレイ/カセット後トレイ/カセット
給紙可能
枚数
(最大積載
枚数)
普通紙
(後トレイ/
カセット)
100枚/100枚100枚/100枚
郵便はがき
(後トレイ)
40枚40枚
印刷
スピード
L版フチなし
写真
約16秒/1枚カラー約10秒/1枚カラー
A4普通紙カラー:約10.0ipm
モノクロ:約15.0ipm
カラー:約10.0ipm
モノクロ:約15.0ipm
印刷コスト
L版キャノン
光沢ゴールド
大容量:約22.1円
標準容量:約24.8円
約10.8円
普通紙大容量:約12.2円
標準容量:約12.4円
約4円
カラー液晶モニター4.3型TFT(タッチパネル)4.3型TFT(タッチパネル)
対応インクタンク【大容量】
BCI-331XLC/331XLM/
331XLY/331XLBK/
331XLGY/330XLPGBK
【標準容量】
BCI-331C/331M/331Y/
331BK/331GY/330PGBK
XKI-N21C/N21M/N21Y/
N21BK/N21PB/N20PGBK
インクカートリッジ
公式サイト価格(税込)
標準容量:7,810円3,920円
インク残量検知機能ドットカウント方式ドットカウント方式
稼働音※9約44.5dB(A)約44.5dB(A)
消費電力
コピー時※10
(USB接続時)
約15W約15W
待機時
(USB接続時)
約0.9W約0.9W
電源AC100〜240V 50/60HzAC100~240V※11 50/60Hz
外形寸法
(横幅×奥行き×高さ)
※カセット収納時 トレイ類/
突起部を含まず
約372×345×142(mm)約372×345×142(mm)
質量
(プリントヘッド、
インクタンクを含む)
約6.6kg約6.6kg
主な付属品
インクタンク/
カートリッジ
※12
セットアップ用インクタンク
(BCI-331C/331M/331Y/
331BK/331GY/330PGBK)
セットアップ用インクタンク
(XKI-N21C/N21M/N21Y/
N21BK/N21PB/N20PGBK)
USBケーブル
その他セットアップCD-ROM※13/
設置・基本操作マニュアル
(紙)※14/マルチトレイ
セットアップCD-ROM※13/
設置・基本操作マニュアル(紙)
※14/マルチトレイ
Wi-Fi
準拠規格IEEE802.11n/IEEE802.11g/
IEEE802.11b/IEEE802.11a
IEEE802.11n/IEEE802.11g/
IEEE802.11b/IEEE802.11a
セキュリティーWPA-PSK、WPA2-PSK、
パスワードによるアクセス制御
WPA-PSK、WPA2-PSK、
パスワードによるアクセス制御
簡単設定AOSS、WPSAOSS、WPS
市場価格約33,000円~37,500円約46,500円~58,000円

見た目の違い

『TS8530』と『XK500』は、どちらも質量や外形寸法は同じで、コンパクトでスタイリッシュな見た目となっています。

カラーは、『TS8530』は「ブラック、ホワイト、レッド」の3色展開です。

デザインがシンプルでサイズもコンパクトなため、どのカラーでもインテリアに馴染みます。

そして『XK500』は、シックで特別感のある「ダークシルバーメタリック」というカラーが採用されています。

非常に高級感のあるワンランク上のカラーで、見た目を重視して購入したい方には非常におすすめです。

ノズル数

『TS8530』と『XK500』どちらも6656ノズルです。

機能比較

プリントコスト

『XK500』はL判写真1枚約10.8円(税込)・普通紙約4円。
『TS8530』はL判写真1枚約22.1円(税込)・普通紙約12円 です。

このコストの差はインクカートリッジの価格によるものです。

1枚あたりL判写真で2倍以上・普通紙では約3倍の差があるため、プリンターの使用枚数が多い方は『XK500』を選ぶとランニングコストを抑えることができます。

『TS8530』と『XK500』の口コミ

『TS8530』と『XK500』の評判を集めました。

『TS8530』の口コミ

購入者さん / ★5

7年使用したMG7530が故障したため本機を購入。以前はノートPCから印刷をかける場合、プリンタ電源をONにするために事前にスイッチを入れる必要が有りましたが、本機ではPCから本プリンタの電源のON/OFFができ非常に便利です。初期設定は簡単であり、印刷速度、画質も良く、満足しています。

出典:amazon口コミ

購入者さん / ★5

ブラックフライデーにて購入しました。
本当は今回購入した前の型でもよかったのですが、さほど型落ち値下げもされておらず、迷った結果最新の購入(TS8530)を決断。
到着後すぐに年賀状印刷に使用しました。
はやい、、、!!!
キレイ、、、!!!
業者に頼んだレベルのクオリティで出来上がり、「プリンターに3まんえん、、、」と痛めたわたしの心とお財布が浄化されました。
スキャニング機能も申し分なし。
携帯からアプリ取得する無線操作も、最初こそ戸惑いましたがすぐに慣れました。
専門的なレビューは出来ませんが、機械ものが苦手なわたしが大満足する商品です。
決して安くはないですが、後悔しない商品としておすすめできます。

出典:楽天市場口コミ

購入者さん / ★5

コンパクトな設計で置き場所をあまり取らない
印刷時にはフロントパネルが斜め上方に開いてトレーが出てくるので、本体前に物を置かないことが前提
印刷品質は「きれい」にすれば細かな文字や罫線も奇麗に印刷できる

出典:楽天市場口コミ

『XK500』の口コミ

購入者さん / ★5

【デザイン】落ち着いた色合いで部屋に溶け込んで良い感じです。
【印刷コスト】これがこの機種一番の押しどころ!惜しげもなくプリントアウトできます!
出典:価格.com口コミ

購入者さん / ★4

印刷がキレイで速いです。外観のデザインもコンパ宇土でスッキリしていて良し。交換インクが安いのも魅力。本体価格が高めで★1つ減です。
出典:楽天市場口コミ

『XK500』は、登場してまだ日が少ない為か、使用感の口コミがまだ少ない状況です。

しかしコスパやデザイン性の良さについては高評価が有りました。

『TS8530』と『XK500』の口コミの違い

『TS8530』と『XK500』の口コミを、それぞれ『気になるコメント』と『良好なコメント』に分けてピックアップしてみました。

気になるコメント

『TS8530』気になるコメント
  • インクが高い
  • 自動で前面パネルが収納されない
  • 用紙がもっとたくさんセットできると使いやすい
『XK500』気になるコメント
  • 本体価格が高い
  • 自動で前面パネルが収納されない
  • 電源投入からプリントできるまで思ったより時間がかかる

価格に関してのレビューで、『TS8530』はインクが高い、『XK500』は本体価格が高いというコメントがありました。

どちらが良いかは使用頻度や用途によって変わってくるかと思います。

2機種共通で、前面パネルの自動収納ができない点を不便に感じているというコメントがあった為、気になる方は注意が必要です。

思ったよりプリントに時間がかかるというコメントもありましたが、印刷スピードが早いというコメントの方が圧倒的に多かったので、あまり心配はないかと思います。

良いコメント

『TS8530』良いコメント
  • コンパクトで場所をとらない
  • 初期設定が簡単
  • 印刷スピードが早い
  • 仕上がりが綺麗
『XK500』良いコメント
  • 高級感のあるカラーでデザインも良い
  • 印刷スピードが早く仕上がりも綺麗
  • インクが安い
  • 自宅での使用には充分すぎる機能

『TS8530』、『XK500』どちらも、印刷スピードが早く仕上がりが綺麗というコメントが多数ありました。

自宅使用には充分な機能で、満足しているユーザーが多いようです。

コンパクトなサイズ感が気に入っている方が多く、『XK500』は、他にはない高級感のあるカラーとデザインが評価されていました。

まとめ

2021年に登場した、キャノンインクジェットプリンター複合機ハイスペックモデル2機種の口コミを見てきました。

『TS8530』、『XK500』どちらも、印刷スピードが早く仕上がりが綺麗という口コミが多数あり、プリンターとしての機能に満足しているユーザーが多かったです。

価格に関しては、『TS8530』は本体価格の安さ、『XK500』はインクの安さに高評価がありました。

『TS8530』は2022年モデルの『TS8630』にバトンタッチしましたが、基本スペックは同じで口コミも大きくは変わらないと思います。

『TS8530』の口コミと、『XK500』の口コミで、『TS8630』も検討できるのではないかと思います。
初期費用を抑えるか?ランニング費用を抑えるか?

どちらも画質は十分なモデルなので、ご使用環境でのプリンター選びに、本記事がお役に立てば幸いです。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました