PR

日立冷蔵庫2023年『R-HWC54T』は、前年『R-HW54S』から何が変わった?違いを比較レビュー!

冷蔵庫

日立の冷蔵庫は『まるごとチルド』や『特鮮氷温ルーム』など、日立独自の機能が魅力の冷蔵庫です。

2023年2月27日に65cm幅の『R-HWC54T』が、前年の『R-HW54S』からモデルチェンジしました。2023年モデル『R-HWC54T』は、前年『R-HW54S』から何が変わったのでしょうか?

新旧モデルを比較して、お得な日立の冷蔵庫選びのお役に立てば幸いです。

この記事で分かる事

•日立冷蔵庫、2023年『R-HWC54T』と2022年『R-HW54S』 の商品特徴
•日立冷蔵庫、2023年『R-HWC54T』と2022年『R-HW54S』の違い

※本ページはプロモーションが含まれています

日立 R-HWC54T 6ドア冷蔵庫 (540L・フレンチドア)  2023年2月発売

日立冷蔵庫2023年『R-HWC54T』とは?

『R-HWC54T』ライトゴールド
『R-HWC54T』ライトゴールド
『R-HWC54T』ピュアホワイト
『R-HWC54T』ピュアホワイト

日立の冷蔵庫『R-HWC54T』は、2023年2月9日に発売されました。本体カラーは、ライトゴールドとピュアホワイトの2種類です。

『R-HWC54T』は、日立独自の機能である「まるごとチルド」や「特鮮氷温ルーム」、「新鮮スリープ野菜室」を搭載した冷蔵庫。特徴は、「日立冷蔵庫コンシェルジュアプリ」が使えるようになったことです。

「日立冷蔵庫コンシェルジュアプリ」を利用することで、冷蔵庫の食材の管理をスマホでサポートしたり、冷蔵庫の運転状況が確認できたりしますよ。

2023年『R-HWC54T』と前年『R-HW54S』のスペック比較

まずは、2023年モデル『R-HWC54T』と前年モデル『R-HW54S』のスペックを比較しました。『R-HW54S』は2022年2月に発売されており、『R-HWC54T』発売のちょうど1年前になりますね。

『R-HWC54T』と『R-HW54S』のスペック比較表

  2023年モデル
R-HWC54T
2022年モデル
R-HW54S
発売日 2023年2月 2022年2月
タイプ まんなか冷凍 まんなか冷凍
ドア 鋼板ドア
6ドア
フレンチドア
鋼板ドア
6ドア
フレンチドア
カラー ライトゴールド
ピュアホワイト
ハーモニーシャンパン
ピュアホワイト
定格内容積 540 L 540 L
冷凍室 冷蔵室 野菜室 独立製氷室 2021年
省エネ基準
達成率
101% 101%
年間消費
電力量
292 kWh/年 292 kWh/年
幅×高さ×奥行き
mm
650x1839x701 650x1833x701
質量 110 kg 110 kg
最小設置
奥行き寸法
740mm 740mm

見た目とスペックで、高さが若干変化

『R-HWC54T』ライトゴールド
『R-HWC54T』ライトゴールド
『R-HW54S』ハーモニーシャンパン
『R-HW54S』ハーモニーシャンパン

『R-HWC54T』の本体カラーは、「ライトゴールド」と「ピュアホワイト」です。一方、『R-HW54S』の本体カラーは、「ハーモニーシャンパン」と「ピュアホワイト」となっています。

カラーの名称が変わっていますが、見た感じはよく似た色合いですね。

容量は変わりありませんが、高さは『R-HW54S』が1833mmに対し、『R-HWC54T』は1839mmとわずかに高くなっています。

電力使用量も変わりなく、両モデルとも同じでした。

2023年『R-HWC54T』と前年『R-HW54S』の機能比較

次に、『R-HWC54T』と『R-HW54S』の機能について、比較していきます。

『R-HWC54T』と『R-HW54S』の機能比較表

  2023年モデル
R-HWC54T
2022年モデル
R-HW54S
冷蔵室
まるごとチルド まるごとチルド
クイック冷却 クイック冷却
特鮮氷温ルーム 特鮮氷温ルーム
冷凍室

製氷室
デリシャス冷凍
(1段目)
デリシャス冷凍
(1段目)
3段ケース
(下段)
3段ケース
(下段)
自動製氷
(製氷皿は
取りはず
せません)
自動製氷
(製氷皿は
取りはず
せません)
野菜室
新鮮スリープ野菜室
(下段スペース)
新鮮スリープ野菜室
新鮮スリープ保存
(下段スペース)
2段ケース 2段ケース
スマート
フォン連携
日立冷蔵庫
コンシェルジュ
アプリ

機能の変更は1つ

機能の変更は、『R-HWC54T』に「日立冷蔵庫コンシェルジュアプリ」が搭載されたことです。

「日立冷蔵庫コンシェルジュアプリ」は、冷蔵庫の食材の管理ができるとても便利なアプリです。

日立冷蔵庫コンシェルジュアプリ

買い物先でも冷蔵庫内の保存状況や保存食材がスマホで確認でき、買い忘れやダブり買いを防ぐことができますよ。

冷蔵室の画像
冷蔵室の画像
野菜室の画像
野菜室の画像
ドアポケットの画像
ドアポケットの画像

また、保存している食材を一覧で管理することもできます。賞味・消費期限を登録しておくと、期限が近付いたらお知らせしてくれますよ。食べ忘れも防げますね。

冷蔵庫の運転状況や旬の食材情報も確認できます。役立つ機能がたくさんありますね。

継続の特徴機能

『R-HW54S』から継続されている特徴機能を紹介しますね。

まるごとチルド

まるごとチルド

「まるごとチルド」は、約2℃の少し低い温度と約80%の高い湿度が特徴です。冷蔵室全段が、まるごとチルドなので、食品をどこに置いても鮮度が長持ちするのが嬉しいですね。

まるごとチルド約2℃
まるごとチルド湿度約80%

また、ラップをしなくても乾燥や変色を抑えてくれます。ラップをする手間が省けますし、ラップ代の節約にもなりますね。

低温保存に向いている葉物野菜も「まるごとチルド」で保存できますよ。野菜をたくさん使う方には助かりますね。

温かい食品も完全に冷ます必要がなく、入れることができますよ。朝のお弁当の粗熱を取りたいときにも便利です。

特鮮氷温ルーム

特選氷温ルーム

「特選氷温ルーム」は、凍らせない-1℃の温度で肉や魚をおいしく保存します。ルーム内の温度が一定に保たれるので、鮮度が長持ち、うまみが落ちることもなく、食材の乾燥も防ぎます。

生鮮食品のまとめ買いも可能ですね。凍らせずに保存できるので、解凍の必要もなく時短にもなりますよ。使い切れなかった分は、そのまま「特選氷温ルーム」に戻して保存できます。食材を無駄なく使い切れるのもいいですね。

デリシャス冷凍

デリシャス冷凍

アルミトレイと専用センサーで自動で冷凍する「デリシャス冷凍」。すばやく冷凍することで、解凍時のドリップを抑えたり、野菜のビタミンCの減少を抑えたりします。

「デリシャス冷凍」スペースは、冷凍室の上段でたっぷり入ります。ホームフリージングをよくされる方にはおすすめですよ。

デリシャス冷凍

新鮮スリープ野菜室

新鮮スリープ野菜室

「新鮮スリープ野菜室」は、名前の通り野菜を眠らせるように保存します。眠らせるように保存することで、栄養素の減少を抑え、また水分を閉じ込めて乾燥を抑えます

野菜の鮮度が7日間長持ちするので、まとめ買いも可能ですよ。

また、長もの野菜を立てて収納できる「たて収納スペース」、小物野菜を収納できる「上段スペース」、大きな葉物野菜もしっかり入る「下段スペース」と整理しやすいのも特徴です。

トリプルパワー脱臭

冷蔵室にはさまざまな食品が入っているため、ニオイのある食品を保存するときは気になりますよね。「トリプルパワー脱臭」は気になるニオイを脱臭してくれ、ニオイ移りも抑えてくれます。

玉ねぎやニンニク、魚などもニオイを気にせず保存できますよ。

まとめ

日立冷蔵庫は、『アメトーク!家電芸人』でも取り上げられた、多機能な冷蔵庫です。特に冷蔵庫の『まるごとチルド』や『新鮮スリープ野菜室』は、他社にはない特徴機能です。

2023年モデル『R-HWC54T』の2月スタート価格は約41万超でした。2022年2月の『R-HW54S』スタート価格は約35万円超だったので、約6万円以上の値上がりの感があります。

2023年モデル『R-HWC54T』には、日立冷蔵庫コンシェルジュアプリが搭載されましたが、冷蔵庫の基本機能はほぼ同じです。

2023年モデル『R-HWC54T』の2023年3月市場価格は、『R-HW54S』と5万円程の価格差なので、スタート価格の差ぐらいまで下がって落ち着いてきました。

2023年amazonプライムプライム感謝祭では2022年2月の『R-HW54S』が170,000円で販売されており、楽店市場の最安よりも3万円程度低くなっているので、検討中の方にはチャンスですね!

本記事が、魅力的な冷蔵庫選びのお役に立てば幸いです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

日立 R-HWC54T 6ドア冷蔵庫 (540L・フレンチドア)  2023年2月発売
タイトルとURLをコピーしました