PR

【家電芸人】アイリスオーヤマの『ハンディリンサークリーナー RNS-B200D-HW』は、『RNS-B400D』『RNS-P10-W』『RNS-300』と何が違う?比較レビュー!

掃除機

アイリスオーヤマの『ハンディリンサークリーナー RNS-B200D-HW』。

2023年12月30日放送の『アメトーク!家電芸人』の背後には置かれていたものの、本放送での紹介はありませんでした・・・

アイリスオーヤマのリンサークリーナーは、2021年12月30日放送の『アメトーク!家電芸人』で、かじがや卓哉さんから『RNS-P10-W』というモデルが紹介されました。

この他に、有吉・櫻井のThe夜会でヒロミさんから紹介された『RNS-300』というモデルに加え、『RNS-B400D』というモデルが有ります。

当記事では2023年11月発売の最新の『ハンディリンサークリーナー RNS-B200D-HW』は、これら3機種と何がどの様に違うのか?ガチ比較を行ってみました。

この記事でわかること
  • リンサークリーナー 『RNS-B200D-HW』と『RNS-B400D』『RNS-P10-W』『RNS-300』のスペックの違い
  • リンサークリーナー 『RNS-B200D-HW』と『RNS-B400D』『RNS-P10-W』『RNS-300』の機能の違い

リンサークリーナー検討のご参考となれば幸いです。

『ハンディリンサークリーナー RNS-B200D-HW』と『RNS-B400D』『RNS-P10-W』『RNS-300』の違いをスペックで比較。

まずは、4機種の違いが分かりやすいように、スペックを表で比較します。

機種 RNS-B200D-HW RNS-B400D RNS-P10-W RNS-300
発売 2023年11月6日 2022年11月28日 2021年 2月22日 2019年11月 1日
市場価格
2023年12月末
約15,000円~ 約14,110円~ 約12,001円~ 約8,560円~
画像
商品サイズ(約cm)
幅×奥行×高さ
88×320×205 233×213×277 290×180×270 248×146×312
質量(付属品含む) 1.2kg 2.4kg 3.2kg 2.7kg
電源 充電式
リチウムイオン
2次電池
充電式
リチウムイオン
2次電池
AC100V 50/60Hz AC100V 50/60Hz
定格消費電力 100W 70W 310W 330W
バッテリー容量 1,900mAh 1,900mAh バッテリー無し バッテリー無し
充電時間 約4時間 約4時間 充電不要 充電不要
連続運転時間 約10分 約10分 連続運転可能 連続運転可能
吸込仕事率 約20W 未公表 30W 30W
運転音 RNS-300より
約8db低減
RNS-300より
約16db低減
RNS-300より
約10db低減
基準
清水タンク容量 無し 0.4L 1.1L 0.3L
回収タンク有効容量 0.2L 0.4L 0.4L 0.5L
ホース長さ 直径約19mm×0.6m 直径約20mm×0.9m 直径約30mm×1.2m 直径約29mm×1m
お湯使用温度 40℃まで 40℃まで 40℃まで 40℃まで
電源コードの長さ コードレス コードレス 約3m 約3m
付属品 ハンドツール、
ホース、
クリーニング
ブラシ、
ACアダプター、
バッテリー、
ブラシ付ヘッド、
ハンドツール、
ホース、
クリーニング
ブラシ、
ACアダプター、
バッテリー、
ホルダー、
ブラシ付ヘッド、
T型ヘッド
ハンドツール、
ホース、
ホルダー、
ホースフック、
コードフック2個

大きく分けて、左2つの『RNS-B200D-HW』と『RNS-B400D』は、バッテリーの充電式。

右2つの『RNS-P10-W』『RNS-300』が直電源方式の違いが有ります。

それでは、項目別に比較してみます。

価格

機種 RNS-B200D-HW RNS-B400D RNS-P10-W RNS-300
発売 2023年11月6日 2022年11月28日 2021年 2月22日 2019年11月 1日
市場価格
2023年12月末
約15,000円~ 約14,110円~ 約12,001円~ 約8,560円~
画像

価格は、新しいモデルほど高い傾向にあり、最新の『ハンディリンサークリーナー RNS-B200D-HW』は約15,000円からと、2019年発売の『RNS-300』の1.75倍程の価格差が有ります。

サイズと重さ

機種 RNS-B200D-HW RNS-B400D RNS-P10-W RNS-300
画像
商品サイズ(約cm)
幅×奥行×高さ
88×320×205 233×213×277 290×180×270 248×146×312
質量(付属品含む) 1.2kg 2.4kg 3.2kg 2.7kg

最新の『ハンディリンサークリーナー RNS-B200D-HW』は、長辺が320mmと最長であるものの幅・高さが小さく、最軽量1.2kgのモデルです。

重量もハンディモデルを謳うだけに、唯一1kg台のモデルとなっています。

電源

機種 RNS-B200D-HW RNS-B400D RNS-P10-W RNS-300
電源 充電式
リチウムイオン
2次電池
充電式
リチウムイオン
2次電池
AC100V 50/60Hz AC100V 50/60Hz
定格消費電力 100W 70W 310W 330W
バッテリー容量 1,900mAh 1,900mAh バッテリー無し バッテリー無し

『ハンディリンサークリーナー RNS-B200D-HW』と『RNS-B400D』の数字の前にBの付く機種は、バッテリー駆動のモデルです。

バッテリーにはリチウムイオン電池が採用されており、容量はどちらも1,900mAhです。

『RNS-P10-W』と『RNS-300』は、AC(交流)電源でコンセントから電源を取る為、バッテリーは有りません。

定格消費電力は、AC電源モデルよりも、バッテリーのDC(直流)モデルの方が低くなっています。

運転時間

機種 RNS-B200D-HW RNS-B400D RNS-P10-W RNS-300
充電時間 約4時間 約4時間 充電不要 充電不要
連続運転時間 約10分 約10分 連続運転可能 連続運転可能

『ハンディリンサークリーナー RNS-B200D-HW』と『RNS-B400D』はバッテリー式の為、運転時間に約10分という制限があります。

『RNS-B200D-HW』と『RNS-B400D』は、電源の無い所での使用が多い場合か・・・短時間の運転で大丈夫な場合にセレクトすると良さそうです。

吸い込み仕事率

機種 RNS-B200D-HW RNS-B400D RNS-P10-W RNS-300
吸込仕事率 約20W 未公表 30W 30W

『ハンディリンサークリーナー RNS-B200D-HW』の吸い込み仕事率は約20Wと、AC電源方式の『RNS-P10-W』『RNS-300』の30Wを下回っています。

『RNS-B400』の吸い込み仕事率は公表されていません。

運転音

機種 RNS-B200D-HW RNS-B400D RNS-P10-W RNS-300
運転音 RNS-300より
約8db低減
RNS-300より
約16db低減
RNS-300より
約10db低減
基準

運転音は、『RNS-300』を基準に他の3機種は静かになっています。

最も静かなのは『RNS-B400』です。

『ハンディリンサークリーナー RNS-B200D-HW』は、『RNS-B400D』と『RNS-300』の中間程度の運転音になります。

清水タンク・回収タンク有効容量

機種 RNS-B200D-HW RNS-B400D RNS-P10-W RNS-300
清水タンク容量 無し 0.4L 1.1L 0.3L
回収タンク有効容量 0.2L 0.4L 0.4L 0.5L

リンサークリーナーは、きれいな水(清水)を汚れに吹きかけて、その水を吸い上げる事で汚れを落とす仕組みですが・・・

『ハンディリンサークリーナー RNS-B200D-HW』には清水を搭載するタンクが無く、霧吹きなどを別途準備して水を吹きかけてから『RNS-B200D-HW』で吸い上げる様になっています。

また、回収タンクも『RNS-B200D-HW』は0.2Lと他のモデルよりも小さくなっています。

ホースの長さ

機種 RNS-B200D-HW RNS-B400D RNS-P10-W RNS-300
ホース長さ 直径約19mm×0.6m 直径約20mm×0.9m 直径約30mm×1.2m 直径約29mm×1m

ホースの長さは『ハンディリンサークリーナー RNS-B200D-HW』が0.6mと最も短くなっています。

『RNS-B200D-HW』はハンディタイプで、汚れの近くまで本体を持って行きやすいので、ホースが短い事で使いにくいという状況は、あまり無い様な気もします。

電源コードの長さ

機種 RNS-B200D-HW RNS-B400D RNS-P10-W RNS-300
電源コードの長さ コードレス コードレス 約3m 約3m

『ハンディリンサークリーナー RNS-B200D-HW』と『RNS-B400D』はバッテリー駆動モデルの為、本体に電源コードはありません。

『RNS-P10-W』と『RNS-300』の電源コードは3mあるので、室内のほとんどの箇所にコンセントから届くのではないでしょうか・・・

付属品

機種 RNS-B200D-HW RNS-B400D RNS-P10-W RNS-300
付属品 ハンドツール、
バキュームホース、
クリーニング
ブラシ、
ACアダプター、
バッテリー、
ブラシ付ヘッド、
ハンドツール、
バキュームホース、
クリーニング
ブラシ、
ACアダプター、
バッテリー、
ホルダー、
ブラシ付ヘッド、
T型ヘッド
ハンドツール、
バキュームホース、
ホルダー、
ホースフック、
コードフック2個

◆ RNS-B200D-HW 付属品

◆ RNS-B400D 付属品

画像無し

◆ RNS-P10-W 付属品

◆ RNS-300 付属品

『RNS-P10-W』のバキュームホースは本体に一体となっている為、付属品としての記載はありません。

『ハンディリンサークリーナー RNS-B200D-HW』は、充電スタンドに本体をセットして充電する方式になっています。

想定される使用シーン

以上の違いや特性から、オススメできる使用シーンを想定してみました。

機種 RNS-B200D-HW RNS-B400D RNS-P10-W RNS-300
想定される
おススメの
使用シーン
ペットの粗相などの、
時と場所が分からない、
短時間で清掃できる
クリーニングへの対応
など。
電源が確保できない
駐車場などでの、
車のシートクリーニング
を複数回に分けて行う
場合など。

電源が確保できる場所
での、しっかりと時間を
かけての布汚れのクリー
ニングなど。

音が気にならない環境で、
リーズナブルにリンサー
クリーナーを入手し、
布汚れのしっかりと
時間をかけてのクリー
ニングなど。

まとめ

リンサークリーナーは、使い方も難しくなく、これだけで普段洗えないカーペットやソファーをキレイにできるので大助かりです。

機種も増えてきたので、各モデルの特性を踏まえて、モデル選びを行いたいものです。

特にバッテリーモデルであるか否かは、使い勝手に大きく作用します。

ご自身の使用目的と使用環境に合った機種選びが出来るとよいですね!

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

楽天市場でのお買い物には、年会費無料の『楽天カード』がポイントが2倍も貯まってお得です。まだの方は、次のお買い物の為に作っておくと、もらったポイント分お得に購入もできますよ。

タイトルとURLをコピーしました