PR

【歳末家電芸人2023】パナソニック セパレートスティック掃除機MC-NS70FとMC-NS100Kは何が違う?比較レビューと通販情報

掃除機

『家電芸人』はアメトーーク!!の人気面白企画の一つで、家電好きの芸人さんが、選りすぐりの逸品をおもしろトークでプレゼンする、家電選びに役立つテレビ番組です。

2023年12月30日の家電芸人で、土田晃之さんからパナソニックのスティック掃除機『MC-NS70F』と『MN-NS100K』が紹介されるました。

この記事では、2023年11月下旬に発売された『MC-NS70F』『MC-NS100K』との違いについて比較してまとめています。

『パナソニック スティッククリーナー』の購入を検討されている方の、ご参考になれば幸いです。

この記事で分かる事
  • パナソニックスティック掃除機『MC-NS70F』『MC-NS100K』の違い
  • パナソニックスティック掃除機『MC-NS70F』と『MC-NS100K』の商品特徴。

パナソニック『MC-NS70F』と『MC-NS100K』の違いは8ヶ所!

ズバリ、違いは、大きく以下の8つです。

スペックと見た目での違いは5つ
  • 本体の色が違う
  • ノズル(ヘッド)の形が違う
  • 外形寸法(スティック)の奥行きが違う
  • 重量(スティックとクリーンドッグ)が違う
  • 運転音(クリーンドッグ)が違う
機能面での違いは3つ
  • 『MC-NS100K』にはアイドリングオフ機能があるが『MC-NS70F』には無い。
  • 『MC-NS70F』はフローリング・畳専用の動くノズル、『MC-NS100K』はパワーノズルで付随する機能が違う
  • 『MC-NS100K』のクリーンドッグにはナノイーが装備されているが『MC-NS70F』には無い。

では、どの様に違うのか、比較しながら確認していきましょう。

『MC-NS70F』と 『MN-NS100K』のスペック比較と見た目での違い

まずは、スペック表で比べてみましょう。

機種 セパレート型
コードレススティック掃除機
MC-NS70F(新)
セパレート型
コードレススティック掃除機
MC-NS100K(新)
発売 2023年11月下旬 2023年11月下旬
市場価格
(2023年10月末)
約55,000円~ 約66,000円~
画像
外形寸法
(スティック
クリーナー)
幅214×奥行152×高さ1,045mm 幅213×奥行130×高さ1,045mm
クリーンドッグの
製品サイズ mm

幅134×奥行282×高さ417mm 幅134×奥行282×高さ417mm
本体重量 スティック:1.2kg
クリーンドック:2.8kg
スティック:1.5kg
クリーンドック:3.0kg
バッテリー
品番
AVA97V-0VA AVA97V-0VA
運転時間 HIGH:約6分
AUTO:約10~15分
HIGH:約6分
AUTO:約10~15分
充電時間  約3時間 約3時間
運転音 スティック:72~約64dB
クリーンドック:約65dB
スティック:72~約64dB
クリーンドック:約65~約27dB
集塵容量 スティック:0.05 L
クリーンドック:0.8 L
スティック:0.05 L
クリーンドック:0.8 L

赤太文字と青太文字の箇所が異なる点で、スペック面では価格以外に4つの違いが有ります。

まずは見た目から、次にスペック面をそれぞれ見ていきましょう。

見た目での違いは、本体の色とノズル形状

見た目では、『MN-NS70F』と『MC-NS100K』の、本体部分の形状はほぼ同じでですが・・・

『MN-NS70F』のカラーはライト・グレー、『MC-NS100K』はホワイトと違っており、ノズル(ヘッド)の形も異なっています。

外形寸法と重量の違い

機種 セパレート型
コードレススティック掃除機
MC-NS70F
セパレート型
コードレススティック掃除機
MC-NS100K
外形寸法
(スティック
クリーナー)
幅214×奥行152×高さ1,045mm 幅213×奥行130×高さ1,045mm
クリーンドッグの
製品サイズ mm

幅134×奥行282×高さ417mm 幅134×奥行282×高さ417mm
本体重量 スティック:1.2kg
クリーンドック:2.8kg
スティック:1.5kg
クリーンドック:3.0kg

スティッククリーナーの外形寸法は、奥行きで違っており、この差はヘッド(ノズル)の形状違いによるものだと分かります。

見た目と寸法の違いから、本体重量で『MN-NS70F』が0.3kg軽いのも、ヘッド(ノズル)の違いによるものだと推察できます。

クリーンドッグの重量についても、『MC-NS70F』は、『MC-NS100K』よりも0.2kg軽く違いが有ります。

クリーンドッグの集塵音の違い

スティッククリーナー本体の運転音は、72~約64dBで同じですが・・・

クリーンドッグの運転音は『MC-NS70F』が約65dB、『MC-NS100K』は約65約27dBと幅があり異なっています。

機種 MC-NS70F(新) MC-NS100K(新)
運転音 スティック:72~約64dB
クリーンドック:約65dB
スティック:72~約64dB
クリーンドック:約65約27dB

『MC-NS70F』と 『MN-NS100K』の機能面での違い

続いて、機能面での違いを比較して確認してみると、違いは大きく3つ有ります。

機能面での違いは3つ
  • 『MC-NS100K』にはアイドリングオフ機能があるが『MC-NS70F』には無い。
  • 『MC-NS70F』は動くノズル、『MC-NS100K』はパワーノズルで付随する機能が違う
  • 『MC-NS100K』のクリーンドッグにはナノイーが装備されているが『MC-NS70F』には無い。
機種 セパレート型
コードレススティック掃除機
MC-NS70F(新)
セパレート型
コードレススティック掃除機
MC-NS100K(新)
発売 2023年11月下旬 2023年11月下旬
発見センサー クリーンセンサー クリーンセンサー
アイドリングオフ機能
ノズル
タイプ 動くノズル(フローリング・畳専用) パワーノズル
ブラシ からまないブラシ
ローラー 特殊加工ローラー 特殊加工ローラー
ふき掃除性能 フローリングの菌までふき掃除
壁ぎわまでキレイ 壁ぎわまでキレイ 壁ぎわ集じん
クリーンドック
ナノイーX
交換用 紙パック AMC-U2 AMC-U2
その他便利機能
簡単
バッテリー交換
本体でのドッグ
吸引キャンセル

『MC-NS100K』にはアイドリングオフ機能があるが『MC-NS70F』には無い

『アイドリングオフ機能』とは、AUTOでの掃除中に掃除機を約5秒浮かすと自動で運転を停止する機能です。

『MC-NS100K』には装備されておりON/OFFの設定切り替えが可能ですが、『MC-NS70F』には装備されていません。

『MC-NS70F』はフローリング専用ノズルで、ノズルが違う

『MC-NS70F』はフローリング・畳専用の「動くノズル」、『MC-NS100K』は「パワーノズル」が装備されており、付随する機能が違っています。

機種 MC-NS70F(新) MC-NS100K(新)
ノズル
タイプ 動くノズル(フローリング・畳専用) パワーノズル
ブラシ からまないブラシ
ローラー 特殊加工ローラー 特殊加工ローラー
ふき掃除性能 フローリングの菌までふき掃除
壁ぎわまでキレイ 壁ぎわまでキレイ 壁ぎわ集じん

『MC-NS70F』の「動くノズル」は障害物に合わせてノズルが動き、狭いところでもヘッドを抜かずに掃除が出来ます。

但し、ヘッドには『MC-NS100K』の様な回転ブラシは付いておらず、『MC-NS70F』の「動くノズル」はカーペットには対応していません。

一方、『MC-NS100K』の「パワーノズル」は、からまないブラシでカーペットの髪の毛やカーペットの中のゴミをかき出して掃除をしてくれます。

さらに『MC-NS100K』には・・・

『フローリングの菌まで拭き掃除』という、ノズルの内側に、プラスに帯電したハウスダストをマイナスイオンで引きはがす、他に類のないイオンプレートを搭載しています。

壁際の掃除については、機能的な違いはあるモノのどちらも対応しています。

◆『MC-NS70F』の「動くノズル」

◆『MC-NS100K』の壁ぎわ集じん

◆『MC-NS100K』のからまないブラシ

クリーンドッグのナノイーXの違い

『MC-NS100K』のクリーンドッグには、ナノイーXが搭載されており、溜まったゴミの除菌・脱臭機能があります。

『MC-NS70F』もクリーンドッグでゴミは回収されるモノの、ナノイーXは搭載されていません。

まとめ

2023年発売『MC-NS100K』は、家電芸人でも紹介された人気の『MC-NS10K』をさらに便利にしたマイナーチェンジモデルです。

『MC-NS10K』のクリーンドッグ収集時は、短時間であるものの、音が大きいなどの口コミもありましたが・・・

『MC-NS100K』ではしっかり音の低減対策がされて、一時停止モードも本体側でできるなど、使い勝手が向上しています。

『MC-NS70F』は、フローリング・畳専用のノズルを搭載して機能を絞った特化モデルなので、スティック掃除機選びの場合は注意が必要です。

『家電芸人』オススメ機種は、特徴や性能で抜きんでている商品が多く、その後継モデルは有力な選択肢の1つと思います。

本記事が、スティッククリーナー選びのお役に立てば幸いです。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました