【家電芸人2023】パナソニック スチームオーブンレンジ『ビストロ NE-UBS10A』の口コミ・評判をレビュー!

家電・生活機器

『家電芸人』はアメトーーク!!の人気面白企画の一つで、家電好きの芸人さんが、選りすぐりの逸品をおもしろトークでプレゼンする、家電選びに役立つテレビ番組です。

『パナソニック スチームオーブン』は、2019年3月の放送で、品川 祐さんと松橋周太呂さんから『ビストロ NE-BS1600』というモデルが紹介されました。

この記事では、2022年6月発売の後継最新モデル『ビストロ NE-UBS10A』について、口コミと評判をまとめています。

(2022年12月30日放送の『家電芸人』では、芸人さんの背後にの『ビストロ NE-UBS10A』らしき製品が映っていましたが、残念ながら紹介はされませんでした)

『パナソニック スチームオーブン』の購入を検討されている方の、ご参考になれば幸いです。

この記事で分かる事

•『ビストロ NE-UBS10A』の商品特徴
•『ビストロ NE-UBS10A』の口コミ

パナソニック『ビストロ NE-UBS10A』の商品特徴と前モデル『NE-BS2700』との違い

『ビストロ NE-UBS10A』は、パナソニックの最上位モデルのスチームオーブンレンジです。前モデルの『NE-BS2700』は、2020年6月に発売されており、約2年ぶりのモデルチェンジとなりました。

『ビストロ NE-UBS10A』の商品特徴を前モデル『NE-BS2700』と比較しながら説明していきます。

『NE-UBS10A』と『NE-BS2700』との主な違いは次の4つです。

  • 蒸し焼きメニューの追加(冷凍うどんで焼きうどん、冷凍餃子など)
  • ワンボウルメニューにエスニックメニューが追加
  • 食器清潔コースの搭載
  • 付属品の変更

その他の基本的なスペックは同じです。

蒸し焼きメニューの追加

『NE-UBS10A』は、レンジ機能だけでなく、グリル調理も魅力的です。「ヒートグリル皿」は、裏面のフィライトがマイクロ波を吸収して、発熱します。まるでフライパンで焼いてるかのようにアツアツになり、火加減の難しいハンバーグもおまかせで調理できます。

ヒートグリル皿
両面グリル

また、下火(グリル皿)の加熱コントロールにより、今まで難しかった下段のグリル皿調理が可能、焼きうどんや冷凍餃子などの蒸し焼きメニューが作れるようになりました。

例えば、焼きうどんを作る場合、下記の3ステップで可能です。

  1. 凍ったままのうどんを野菜の上にのせる
  2. 『NE-UBS10A』の下段に入れて調理スタート
  3. 加熱後、調味料で味付けすれば出来上がり

簡単ですね。冷凍うどんをそのまま調理できるレンジは『NE-UBS10A』だけです。一度に4人分まで調理可能なのも、助かりますね。

フライパンでしか調理できないと思っていた冷凍餃子も、ヒートグリル皿で美味しく焼き上げます。焼き目もしっかりつきますよ。

蒸し器がなくても問題なし!蒸し物や蒸し焼きも美味しくふっくらに仕上がります。

蒸し焼きメニュー1
蒸し焼きメニュー2

使用後は、グリル皿1枚洗うだけなので、お手入れもラクで嬉しいですね。

ワンボウルメニューにエスニックメニューが追加

ワンボウルメニューをご存じでしょうか?ワンボウルメニューとは、耐熱ガラス製ボウルに下ごしらえをした材料を入れるだけで簡単に調理できる自動メニューです。

『NE-BS2700』には、「パスタ・シチュー・中華・フレンチ・やみつき野菜・煮物」などのワンボウルメニューがありました。

『NE-UBS10A』では、上記に加え、新しくエスニックメニューが追加されました。鶏肉のバジル炒めや、ココナッツカレーなど8つのメニューが作れますよ。

お店でしか食べれないと思っていたエスニックメニューが自宅で簡単にいただけます。アジア料理が好きな方には、嬉しい機能ですね。

ワンボウルメニュー

食器清潔コースの搭載

『NE-UBS10A』には、新しく食器清潔コースが搭載されています。

洗い終わった食器をヒーターとスチームで除菌します。使い方は簡単で、グリル皿に除菌したい食器を並べ、給水タンクに水を入れます。お手入れメニューの「食器清潔」ボタンを押すとスタートします。

赤ちゃんの哺乳瓶やお弁当箱などの除菌にも使えるので、乳幼児のいる方は便利に使えるのではないでしょうか。

食器清潔コース

付属品の変更

『NE-BS2700』には、付属品にミトンが2つついています。しかし、『NE-UBS10A』にミトンはついていません。

必要な方は自分で購入する必要があります。

パナソニック『ビストロ NE-UBS10A』と前モデル『NE-BS2700』の商品スペック

新旧2種のスペックを表にまとめてみました。

機種名BistroBistro
型番NE-UBS10ANE-BS2700
発売2022年 6月下旬2020年 6月 1日(生産終了)
市場価格
(2022年12月下)
約147,000円~180,000円在庫販売ほぼ終了
総庫内容量30L30L
庫内形状ワイド&フラットワイド&フラット
ドア
開き方たて開きたて開き
ソフトダンパー
操作部カラータッチカラータッチ
電源100V・50Hz/60Hz100V・50Hz/60Hz
センサー高精細・64眼スピード
センサー・
とろみ検知センシング
高精細・64眼スピード
センサー・
とろみ検知センシング
グリル機能
加熱方式大火力極め焼きヒーター大火力極め焼きヒーター
両面グリル
消費電力1350W1350W
ヒーター出力1330W1330W
レンジ
機能
消費電力1400W1400W
出力
自動出力
最高出力1000W※11000W※1
最高出力の
継続時間
約5分約5分
切り換わり
後の出力
700W700W
手動出力800・600・500・300・
150W(相当)・300Wスチーム
800・600・500・300・
150W(相当)・300Wスチーム
スチーム
機能
時短スチーム/
温度
スピードスチーム機構/100℃・
95~60℃(低温スチーム)
未表記
過熱水蒸気
スチームプラス
スチーム出力1000W(650W+350W)1000W(650W+350W)
オーブン
機能
加熱方式2段調理・
コンベクションオーブン
熱風循環(コンベクション)
オーブン段数2段2段
消費電力1400W1400W
ヒーター出力1380W1380W
温度調節
調節範囲70~300℃70~300℃
最高温度300℃300℃
最高温度の
運転時間
5分5分
切り換わり
後の温度
230℃230℃
解凍機能解凍方法芯までほぐせる解凍
(全解凍・半解凍)
芯までほぐせる解凍
(全解凍・半解凍)
発酵機能
スチーム発酵
発酵温度30~65℃ (5℃刻み)30~65 (5℃刻み)
省エネ
機能
ECONAVI
自動電源
オフ機能
庫内灯LEDLED
寸法
外形寸法
幅×奥行き×高さ
494mm×435mm×370mm494mm×435mm×370mm
脚間寸法前440mm、後ろ(壁側)435mm、
縦308mm、縦(壁から)401mm
前440mm、後ろ(壁側)435mm、
縦308mm、縦(壁から)401mm
庫内寸法
幅×奥行き×高さ
394mm×309mm×235mm394mm×309mm×235mm
上方・左右の
空間指示
上方8cm以上あけてください。上方8cm以上あけてください。
電源コード底板後部
からの長さ
1345mm1345mm
グリル皿幅407mm×奥行301mm幅407mm×奥行301mm
オーブン皿幅407mm×奥行303mm幅407mm×奥行303mm
質量約19.9kg19.6kg
タンク容量650mL650mL
省エネ性能
省エネ
ラベリング
制度
省エネ性
マーク
●e●e
省エネ法
区分
FF
省エネ基
準達成率
104%111%
年間消費
電力量
70.2kWh/年未表記
年間消費
電力量
レンジ部58.0kWh/年53.8kWh/年
オーブン部12.2kWh/年12.2kWh/年
機能
インバーター
待機時消
費電力ゼロ
取説掲載
レシピ数
333333
お手入れ自動お手入れ
コース
○(庫内/天井(オートクリーン)・
脱臭/洗浄・水抜き/クエン酸洗浄)
○(庫内/天井(オートクリーン)・
脱臭/洗浄・水抜き/クエン酸洗浄)

スペック表の比較では、『ビストロ NE-UBS10A』と前モデル『NE-BS2700』に大きな違いは見られません。

スチーム機能の表記に違いがみられますが、取扱説明書のスチーム機能部分は全く同じなので、スペック表の表記変更と思われます。

オーブン機能の加熱方式については、両モデルとも、2段調理が可能な、熱風循環(コンベクション)方式の為、この部分も表記変更と推察されます。

質量や年間消費電力は、ヒートグリル皿の対応や新メニューなどでの機能追加によるものと思われます。その為省エネ基準達成率も若干変わっています。

パナソニック『ビストロ NE-UBS10A』と前モデル『NE-BS2700』の口コミと評判

パナソニック『ビストロ NE-UBS10A』は最新機種でまだ口コミが少ないため、前モデルの『NE-BS2700』の口コミもあわせて集めました。

『 NE-UBS10A』の口コミと評判

まずは、『 NE-UBS10A』の口コミを紹介します。

購入者さん/★4

グリル機能が特に良く、平日のガスレンジ使用回数が極端に減りました。野菜も茹でなくなったし、火加減見ずに魚が焼けて楽ちんです。お手入れも楽です。
冷凍食品は袋に書いてあるレンジ時間をマニュアル設定です。下段でグリル調理ができるので高さのあるメニューもできるのがいいです。
たくさんお肉や野菜をオーブン焼きできるかな、と思い2段を購入しましたが、パンやお菓子を作らないなら一段の機種でも良かったかも、と思いました。温度指定での温めは、熱くなりすぎず、子どものおかずやお汁の温めにとても便利です。スチーム解凍はうまくできて感動しました。オートのレシピが平日本当に助かります。液晶タッチパネルでの操作もとても便利です。

出典:Amazon口コミ

購入者さん/★4

グリル機能は最高です。手羽先、スペアリブは、手軽に良い仕上がりでした。
オーブン機能は普通ですが、グリル機能と、ドアのダンパー機能はおすすめです。

出典:Amazon口コミ

口コミを見てみると、グリル機能に満足されている購入者さんが多いですね。口コミ数は少ないですが、評価は高く、魅力的な商品であることが分かります。

口コミの中で『気になるコメント』と『良いコメント』をピックアップしてみました。

気になるコメント
  • 汁物と、冷凍ご飯やおかずとの2品同時温めができない
  • コンビニの商品やお弁当、冷凍食品などがオートで温めできない
  • 庫内を照らすLEDが暗いので、上段を使用するグリル時に焼け具合がわからない
良いコメント
  • グリル機能が最高
  • オートレシピが便利
  • 忙しいときにワンボウルメニューは重宝する

『 NE-UBS10A』は、オートでの温めに関する気になるコメントが見られました。しかし、「加熱ムラが少々あったが、そこまで不満というわけではない」「お弁当のおかずによって温度差があったが、全体的に温めはできていた」という口コミもあり、感じ方には個人差があるようです。

一方、良いコメントでは、グリル機能が特に良いとの声が多かったです。本格的なグリル調理が家で簡単にできるのは素敵ですね。

忙しい平日の夜ごはんや、簡単に作りたい週末のお昼ごはんには、時短レシピやワンボウルメニューが人気のようです。簡単、早い、美味しいと主婦には嬉しいポイントですね。

『NE-UBS10A』は、グリル機能がパワーアップしており、口コミの評価もいいので、グリル調理を楽しみたい方には、おすすめですよ。

『NE-BS2700』の口コミと評判

次に『NE-BS2700』の口コミを集めました。

購入者さん/★5

ほかのハイスペックレンジとの違いはわかりませんが、電子レンジ・オーブン・グリル・スチーム・タッチパネル操作性のどこにも不満がないので、とってもいい商品だと思います。
個人的には冷凍餃子と唐揚げがワンタッチでできるところがお気に入りです。
トーストの焼き具合やレンジの温めムラがなく仕上がりの温度調節できるところも気にいってます。家事も時短になりました。

出典:楽天市場口コミ

購入者さん/★5

料理の苦手な私でも適当に並べて後はビストロにお任せ。。。ヘルシーな唐揚げは感動ものです!!

出典:Amazon口コミ

購入者さん/★5

「温めボタン」ひとつで設定した温度に温めてくれるのがありがたいです。これまで使っていたレンジは、加熱ムラがあったり、温めすぎたり、おかげで冷凍ご飯もうまく温まらず「キーッ」となってたのがすべて解消。
しかもタッチパネルのインターフェイスは並びも変えられる上、ボタン押す→ダイヤルで選ぶ→ボタン押す→ダイヤルで選ぶ、みたいな面倒なことをしなくても良いので、大変気持ち良いです。

出典:Amazon口コミ

購入者さん/★5

正直価格もすごいけど、その機能たるや、鳥肌が立つ素晴らしさ。
基本的な操作は取り説不要なぐらい簡単です。
タッチパネルはとても操作しやすく、ガイドも分かりやすい。
メニューもアプリ機能「キッチンポケット」で新しいレシピが得られ、献立の相談にも乗ってくれる優れもの。
料理が思いっきり楽しくなりました。

出典:Amazon口コミ

購入者さん/★3

悪くはないです…が、今までのレンジと仕上がりが全然違います涙。特に肉料理と野菜とパン。甘みや香りが少なく、全体的に素っ気なくパサついています…
レンジ機能や蒸し料理は普通なので諦めて使います。

出典:Amazon

口コミを見てみると、★5の評価をつけている購入者さんが多く、とても魅力的な商品であることが分かりました。

その中でも『気になるコメント』と『良いコメント』がありましたので、それぞれピックアップしてみました。

気になるコメント
  • 画面がスリープのとき、再度表示させるのに、いちいちドアを開けないといけない
  • かなり大型なので、サイズを確認し、キッチンのスペースを考えないといけない
良いコメント
  • 操作が簡単で使いやすい
  • ボタン一つで判断して温めてくれるのが便利
  • 時短料理が簡単でしかも美味しい
  • レシピ本が分厚く有能、写真付きでわかりやすい

『NE-BS2700』は、幅494×奥行435×高さ370mm、容量は30ℓの大型サイズです。サイズが大きいとのコメントが見られたので、購入前にどこに置くか、スペースを確保しておくことをおすすめします。大型ではありますが、左右、背面を壁に密着させても大丈夫なので、キッチンボードにも設置しやすいのではないでしょうか。

一方、操作が簡単、ボタン一つで温めてくれる、など良いコメントも多数見られました。操作が難しくないので、お手伝いしてくれるお子様から年配の方まで、家族皆さんで使えるのもいいですね。

『NE-BS2700』でも時短料理が人気です。簡単なのに美味しい料理は本当に魅力的ですね。

付属のレシピ本には、たくさんのメニューがのっており、見てるだけで楽しいとの声もありました。今まで作ったことのない料理にも挑戦しやすいのではないでしょうか。メニューのマンネリ化に悩んでいる方もレシピ本を参考にすれば、解消できそうですね。

まとめ

『ビストロ NE-UBS10A』は、グリル機能が魅力的なスチームオーブンです。

まだ新モデルである『ビストロ NE-UBS10A』の口コミは少なかったものの、前モデルの口コミでも、評価が高く、魅力的なコメントがたくさんありました。

口コミの魅力は、新モデルにも引き継がれているので、新モデル『ビストロ NE-UBS10A』も期待ができます。

新モデル『ビストロ NE-UBS10A』は2022年12月30日の『家電芸人』で紹介される可能性のある製品です。(※番組宣伝からの予想ですが、本番では放映されない可能性もあります)

本記事が、スチームオーブン選びのお役に立てば幸いです。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

パナソニック スチームオーブンレンジ 30L Bistro(ビストロ)NE-BS2700 2021年6月発売

楽天市場でのお買い物には、年会費無料の『楽天カード』がポイントが2倍も貯まってお得です。まだの方は、次のお買い物の為に作っておくと、もらったポイント分お得に購入もできますよ。

タイトルとURLをコピーしました