アメトーク【家電芸人】おススメ炊飯器後継機 タイガー土鍋IH炊飯器2022年型JPL-S100は、2021年型JPL-G100から何が変わった?

家電・生活機器

2022年7月21日にタイガー土鍋IH炊飯器が、2021年型JPL-G100から2022年型JPL-S100にモデルチェンジします。

2022年型JPL-S100は、2010年4月にアメトーーク!『家電芸人』で紹介された、炊きたて JKN-B100の後継機の高級モデルになります。

そこで、2022年型JPL-S100の仕様は、2021年型JPL-G100からがどう変わったのか?纏めてみました。

タイガー土鍋IH炊飯器の購入を検討されている方の、参考になれば幸いです。

2022年モデル、JPL-S100とは

2022年モデルのJPL-S100は、タイガー魔法瓶100周年記念モデルとして、2022年7月21日に発売の予定です。

2021年モデルJPL-G100からの変更点は、『土鍋ご泡火炊き』での「連続ノンストップ加熱」の採用です。

「連続ノンストップ加熱」では、『ご泡火炊き』の内なべの中の温度約106 度(1.25 気圧)の状態を、2021年モデルJPL-G100よりも約1.5倍の時間長く維持されます。

大火力の時間を長くすることで、お米のα化(糊化)が促進されて、甘みは2021年モデルJP-G100より約17%UP、粘りは約3%UPしているとの事です。

2022年モデル、JPL-S100(新)進化のポイント

スペック比較

2022年モデルになって何が変わったのか?スペック(5.5合炊き)を表で比較してみます。
(引用 タイガー魔法瓶機種HP)

 2022年モデル
ご泡火炊き JPL-S100
2021年モデル
ご泡火炊き JPL-G100
デザイン
カラーストレートブラック/
ミストホワイト
ミネラルブラック/
エクリュホワイト
炊飯容量5.5合炊き(0.09L~1.0L)5.5合炊き(0.09L~1.0L)
消費電力1080W1080W
消費電力量炊飯時:159Wh/回
保温時:16.9Wh/h
炊飯時:159Wh/回
保温時:16.9Wh/h
年間消費電力量84.1kWh/年84.1kWh/年
質量(約)本体:約7.4kg本体:約7.4kg
ふた開き時の高さ(約)47.3cm
外形寸法(約)本体 : 幅29.0cm×奥行35.1cm×高さ22.0cm本体 : 幅29.0cm×奥行35.1cm×高さ22.0cm
加熱方式土鍋圧力IH+多段階圧力機構土鍋圧力IH+多段階圧力機構
内釜本土鍋(四日市萬古焼)/表面6層コート/波紋底/
中ぶたつき/なべ厚最大5㎜
本土鍋(四日市萬古焼)/表面6層コート/波紋底/
中ぶたつき/なべ厚最大5㎜
炊飯メニュー【15メニュー】
エコ炊き/白米(火加減3段階)/一合炊き(火加減3段階)/
早炊き/炊込み・白米(火加減3段階)/
炊込み・一合(火加減3段階)/炊込み(麦)/炊込み(雑穀)/
炊込み(玄米)/おかゆ/玄米/雑穀/麦めし(押麦)/
麦めし(もち麦)/おこわ
【15メニュー】
エコ炊き/白米(火加減3段階)/一合炊き(火加減3段階)/
早炊き/炊込み・白米(火加減3段階)/
炊込み・一合(火加減3段階)/炊込み(麦)/炊込み(雑穀)/
炊込み(玄米)/おかゆ/玄米/雑穀/麦めし(押麦)/
麦めし(もち麦)/おこわ
銘柄炊き分け銘柄巧み炊きわけ 70銘柄銘柄巧み炊きわけ 70銘柄
付属品自立式しゃもじ/
計量カップ(米・大麦兼用)/
一合料亭炊き専用中ぶた
自立式しゃもじ/
計量カップ(米・大麦兼用)/
一合料亭炊き専用中ぶた

本体サイズや、消費電力、炊飯メニューなどの基本スペックに変更は有りません。

機能比較

基本炊飯機能の中の『丹精仕上げ』『本土鍋』は同じです。

新しい機能としては・・・

『土鍋ご泡火炊き』に「連続ノンストップ加熱」を機能追加

JPLシリーズ最高峰の土鍋炊飯は、本体の底に組み込んだ「遠赤土かまど」による280℃の大火力での内釜内106℃1.25気圧が特徴の1つです。

JPL-S100では、内釜内の温度106℃1.25気圧での炊飯時間を、2021年モデルJPL-G100よりも1.5倍の長い時間継続できる様に炊飯プログラムが変わっています。

高温高気圧炊飯時の吹きこぼれを「ハリつやポンプ」でコントロールする事で実現されており、お米のα化(糊化)を促進し、甘みはJPL-G100より約17%UP、粘りは約3%UPしているとの事です。

モノ比較

外形寸法

サイズ・重量には変化が有りません。

外観

本体カラーのブラックがグレー気味の「ストレートブラック」に、ホワイトがピュアな色味の「ミストホワイト」に変わっています。

また、加飾フレームの色と開閉ノブの色味が変わっている様です。

スイッチや液晶などに変化は見られません。

内釜・内ふた

本土鍋も変化は見られず、保証期間も5年間です。

結果、見た目での変化は、本体色と加飾以外には見られない感じです。

2022年モデル、JPL-S100(新)のまとめ

2022年モデルJPL-S100は、『土鍋ご泡火炊き』に「連続ノンストップ加熱」を機能追加した事が最大の変化点です

ごはんの甘みが2021年モデルのJPL-G100より約17%UP、粘りは約3%UPというのは、購入する上での魅力もアップです。

販売価格面では、JPL-S100は新型モデルなので14万円近くからのスタートの様です。

2021年モデルのJPL-G100はモデル末期の為、値ごろ感も出ています。少しでもお得に手に入れたい場合は、一つのチャンスかもしれません。

JPL-G100には、炊飯釜周辺の本体メッキ剥がれの不具合がある様なので、JPL-S100ではしっかりと改善されている事を期待したいと思います。

2022年モデルのJPL-S100の価格が出たら、本記事でもアップデートしていきたいと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました