【家電芸人2022掃除機】2022年東芝VC-CLX51は何が変わった?2021年VC-CLX50と2016年家電芸人紹介モデルとの違いを比較?

家電・生活機器

『家電芸人』は、人気のトーク番組『アメトーーク!』の面白企画の1つです。

東芝トルネオ ヴイ コードレスは、2016年12月放送のアメトーーク!『家電芸人』で土田晃之さんからVC-CL1300(R)が紹介されたスティック型の掃除機です.

それから5年後の、2021年に 後継モデル上級軽量モデルのVC-CLX50が登場し、2022年9月には新型の VC-CLX51が発売されます。

『2022年モデルのVC-CLX51』と『2021年モデルのVC-CLX50』は、2016年に『家電芸人』土田晃之さんが紹介の『VC-CL1300(R)』とどう違って何が変わったのか? その進化を比較して纏めてみました。

2016年に紹介された東芝のスティック掃除機 VC-CL1300(R)と、上級後継機 VC-CLX50

トルネオ ヴイ コードレス VC-CL1300(R) 2016年モデル

土田晃之さんが紹介した掃除機は、トルネオ ヴイ コードレス VC-CL1300(R)というモデルでした。

2016年9月発売の、約1.9kgという軽さで、腕を振るだけでラクにお掃除ができる取り回しと、強力な吸引力が魅力の掃除機でした。

コンパクトなヘッドには、3種類のファイバーブラシが回転し、フローリング・畳・じゅうたんの微細なゴミを取り除く、『トリプルファイバーヘッド』が採用されていました。

出典:東芝HP

サイクロン部には、『バーティカルトルネードシステム』として、8気筒の気流で微細な粒子まで分離して吸引力を持続させる『ミクロトルネード分離』と、高速気流でゴミと空気を分離し、さらに高速な気流でゴミを圧縮してゴミ捨てを簡単にする『デュアルトルネード分離』を採用。

ゴミ捨ても楽な、強力な吸引力を実現していました。

出典:東芝HP

さらに、掃除機を逆噴射する『エアブローノズル』も採用されており、掃除機が使えないところでも、ゴミを風で吹き飛ばせる掃除が可能でした。

コードレスクリーナー VC-CLX50 2021年9月発売

それから5年を経過して、2021年9月には後継上級モデル『VC-CLX50』が発売されています。

進化での特徴は・・・

重量1.5kg

VC-CLX50の重量は1.5kg。モーターの小型化やアルミ素材の延長管の採用など、コンパクトで軽量なモデルに進化しています。

出典:東芝HP

バーティカルトルネードシステムの継承

『家電芸人』モデルで採用されていた、『バーティカルトルネードシステム』は、VC-CLX50でもしっかりと継承されています。

床面センシング 自走式『ラクトルパワーヘッド』

フローリングやじゅうたんなど、床面に合わせて回転数を制御して、細かいゴミまでしっかり吸い取る、自走式『ラクトルパワーヘッド』が採用されていました。

出典:東芝HP

簡単分解掃除

回転ブラシやダストカップは、簡単に取り外しができて掃除のしやすい仕様になっています。

2022年、2021年、2016年、各モデルのスペック比較

2022年モデルになって何が変わったのか?スペックを表で比較してみます。
(引用 東芝機種HP)

機種2022年9月下旬
発売予定
VC-CLX51

2021年
VC-CLX50

2016年
VC-CL1300(R)
画像
ボディカラーボルドーブラウン
シャイニーシルバー
グランレッド
ピンクブロンズ
グランレッド
ピンクブロンズ
集じん容量0.13L0.13L0.2L
ごみ圧縮機能 
運転時間
標準:約35分
おすすめ:約20分
強:約10分
標準:約35分
おすすめ:約25分
強:約10分
自動:
約8分~約20分
セーブ:
約20分~約25分
強:約8分
充電時間 約2.5時間約2.5時間 約5時間
バッテリーの
種類
着脱式リチウム
イオンバッテリー
リチウムイオン
バッテリー
リチウムイオン
電池
コードレス
スティックの
製品サイズ
( 幅 x 奥行 x
高さ )
228 x 180 x
1070mm
266 x 180 x
1058 mm
224 x 224 x
1030 mm
コードレス
スティック
本体重量
1.5kg1.5kg 1.9kg
使いやすさらくわざフリーグリップらくわざフリーグリップ 
ヘッドの
タイプ
トリプル
ファイバーヘッド
付属品スタンド
ピカッとライト
ふとん用ブラシ
丸ブラシ
すき間ノズル
お手入れブラシ
ACアダプター
スタンド
ふとん用ブラシ
丸ブラシ
すき間ノズル
お手入れブラシ
ACアダプター
すき間ノズル
丸ブラシ
ふとん用ブラシ
エアブローノズル
付属品用ホース
壁掛け用ホルダー
お手入れブラシ
発売日2022年9月上旬2021年9月上旬2016年9月下旬

見た目での違いを比較

2022年モデルのVC-CLX51は、モデル型番が連番で有る為、2021年モデルからは年式変更のモデルチェンジです。

その為、本体の形状やハード面では、ヘッドを除いて大きな変更は無い様です。

ボディーカラーは、2016年から2021年まで継続して採用されていた『グランレッド・ピンクブロンズ』から『ボルドーブラウン・シャイニーシルバー』に切り替わっています。

スペック&機能の違い

2021年モデルのVC-CLX50とスペック面を比較してみると、集じん容量やバッテリー充電時間などは、2021年モデルから変化は有りませんが、運転プログラムや付属機能で、いくつかの変化が見られます。

『おすすめ』モードの運転時間の変化

バッテリーの充電時間や運転時間の標準・強に変化は有りませんが、通常のお掃除で使う『おすすめ』が2022年モデルVC-CLX51では20分となっており、2021年モデルVC-CLX50の25分から5分短くなっています。

運転時間の変化は『おすすめ』モードのみであるため、『おすすめ』モードのプログラムが更新されたことによるものと思われます。

ヘッドの変更

2022年モデル のヘッドには、ブラシに髪の毛などが絡みにくい『からみレス自走ヘッド』が新採用されています。

絡みにくい工夫は、ブラシの特殊編み込みによるもので、根元に髪の毛などが入りにくい構造となっている様です。

出典:東芝HP

ぴかっとライトの装備

VC-CLX51では床などの掃除ヶ所を照らす『ライト』が、取り外し可能な付属品として装備されています。

これにより、ヘッドやブラシ・ノズルといった、どの様な先端アタッチメントでも使える装備のライトになっています。

出典:東芝HP

まとめ

2022年モデルのVC-CLX51は、2021年のVC-CLX50の年式変更モデルとして、使いやすさを向上した、髪の毛の絡みにくいブラシやゴミに気付き易いLEDライトの搭載など、トレンド面でも機能アップの変更が盛り込まれています。

2022年モデルVC-CLX51の発売を9月上旬に控えて、2021年モデルのVC-CLX50は底値圏からやや上昇している様ですが、新製品のVC-CLX51が8万円近辺の為、2021年モデルのVC-CLX50は価格的にお得に購入できるチャンスにあります。

旧型を新製品前のラストチャンスで買うか?
ヘッドの髪の毛が絡みにくい機能などが装備された、2022年モデルVC-CLX51を検討するか?
2021年モデルVC-CLX50の在庫がある今が、検討の好機の様です。

家電芸人で紹介されるモデルは、特徴と魅力が明快で購入の参考になります。

この記事が、東芝トルネオ『家電芸人』紹介モデル後継機選びのお役に立てば幸いです。

最後まで、お読み下さりありがとうございました。

◆2021年9月発売モデル VC-CLX50

東芝 コードレススティッククリーナー トルネオV ピンクブロンズ VC-CLX50-N【2021年9月モデル】

◆2022年9月発売モデル VC-CLX51

タイトルとURLをコピーしました