パナソニックのスティック掃除機MC-SB53Kは何が変わった?2021年MC-SB52Kとの違いを比較?

家電・生活機器

パナソニックのスティック掃除機の1つ、パワーコードレス MC-SB53Kが、2022年11月末に発売されます。

2021年10月に発売されたパワーコードレスMC-SB52Kとは、どの様に違って何が変わったのか? その変化を比較して纏めてみました。

型番は連続ですが、見た目でもけっこう変わっています。

スティックタイプ掃除機選びの、ご参考となれば幸いです。

この記事で分かる事
  • パナソニック パワーコードレス MC-SB53K の商品特徴。
  • 2021年発売MC-SB52Kとの違い

◆2021年10月発売モデル MC-SB52K

◆2022年11月末発売モデル MC-SB53K

2022年11月発売MC-SB53Kと2021年MC-SB52Kのスペックで違いを比較

2022年モデルになって何が変わったのか?スペックを表で比較してみます。
(引用 パナソニック機種HP)

機種2022年11月下旬
発売予定
MC-SB53K
2021年10月発売
MC-SB52K
画像
ボディカラーグレージュグレージュ
集じん容量0.15L0.15L
運転時間
HIGH:約6分
AUTO:約10~15分
(付属ノズル使用時):
15~30分
HIGH:6分
AUTO:10~20分
(付属ノズル使用時):
30分
充電時間 約3.5時間約3.5時間
運転音69~63dB75~65dB
バッテリーの
種類
リチウムイオン電池リチウムイオン電池
コードレス
スティックの
製品サイズ
( 幅 x 奥行 x
高さ )
213×178×1102mm253x182x1114 mm
コードレス
スティック
本体重量
1.5kg1.8kg
ヘッドの
タイプ
パワーノズル
からまないブラシ
特殊加工ローラー
壁ぎわ集じん
パワーノズル
からまないブラシ
特殊加工ローラー
壁ぎわ集じん
付属品ふとん清掃ノズル
ブラシ付きすき間
 ノズル
ふとん清掃ノズル
ブラシ付きすき間
 ノズル
発売日2022年11月下旬2021年10月25日

見た目での違い

2022年11月発売のMC-SB53Kは、2021年発売のMC-SB52Kとモデル型番が連番ですが、グリップの形状や集じんボックスの位置関係などデザインが大きく変わっています。

スペック面での違い

製品サイズ・重量

幅が40mm、奥行きは2mm、高さは12mm小さくなっています。
幅40mmはヘッドの小型化によるものと思われます。

重量は、約1.5kgと300g低減されています。

グリップのスティック化やヘッドの小型化などが重量低減に貢献している様です。

集じんボックスやモーターユニットは本体下部の重心の低い方へ移動されているので、グリップを持っての重さ感は、重量低減以上に感じるかもしれません。

ボディーカラーは、グレージュで変わりないようです。

集じん・バッテリースペック

集じん容量・バッテリー充電時間は、2021年MC-SB52Kから変化は有りません。

運転時間にも大きな変化はありませんが、AUTO(付属ノズル使用時)に15分~30分と幅を持たせた表記に変わっています。

運転音は6~2dB低減されています。

2022年MC-SB53Kと2021年MC-SB52Kの機能面・商品特長での比較

 MC-SB53KMC-SB52K
からまないブラシ
クリーンセンサー
手元の負担が少ない
ハンドル・本体形状
水洗いのできる
ダストボックス

『からまないブラシ』

『からまないブラシ』は2021年のアメトーク!家電芸人コーナーでプレゼンターの土田さんから優れモノ機能として紹介された、髪の毛などが絡まずお手入れの必要がほぼ要らないモーターヘッドです。

2022年11月発売のMC-SB53Kも『からまないブラシ』が採用されていますが、画像2つを比べてみると、パイプとのつなぎ目の首の部分とブラシ本体部分の比率が異なる事が分かります。

つまり、SB53Kのブラシ部分は小型化されています(スペックの幅では40mm縮小)。

スティック掃除機は、軽く取り回しが良い機種がトレンドなので、トレンドに沿った改良だと思われます。

また、首の付け根のローラーの角度が斜めに変わっています。この変更はタテヨコと自在にヘッドを動かすのに役立つとの事で、細かい部分にも改良が入っています。

クリーンセンサー

ゴミがあるとランプが赤く点灯。ゴミがなくなるとランプは青く点灯。

ダニの死がいやフンなど、目では見ることができない約20 μmのハウスダストまで検知して、キレイになったかをお知らせしてくれる機能です。

奥まった場所の掃除でもキレイが目視できるので、ムダに掃除機をかける必要もなくなり、バッテリーのセーブにも役立つ、パナソニックならではの機能の1つです。

手元の負担が少ないハンドル・本体形状

見た目の所でも触れましたが、ハンドルに対して本体のモーター・バッテリー・ダストボックス位置が下に移動しています。

重たいものが下に下がって重心が下がっているので、実際に掃除機をかけている時の手や手首への負荷はかなり変わって来るはずです。

1.5kgへの軽量化と合わせて、取りまわし性能は大きく変わったところなので、ぜひ実機で確認をしたいポイントです。

水洗いのできるダストボックス

MC-SB53Kのダストボックスはプリーツフィルター・ネットフィルター・ダストカップの3点共に水で洗ってキレイに出来ます。

この点は、ダストボックスのパーツ点数を含めて、MC-SB52Kから変わりない様です。

まとめ

2022年11月発売予定のMC-SB53Kは、2021年発売のMC-SB52Kと比較して、重量低減と使いやすさを向上させた、トレンドに沿った機能性アップモデルです。

型番は連番であるものの、本体形状やモーターヘッドのサイズなど新設計のモデルチェンジです。
(バッテリー・集じん機能は2021年モデル同等と推察されます)

2021年モデルのMC-SB52Kは、2022年モデルMC-SB53Kの発売を11月末に控えて、底値圏に近いところで推移しています。

新製品SB53Kのパナソニック公式サイトの予約価格は43,560円なので、2021年モデルMC-SB52Kは価格的にお得に購入できるチャンスにあります。

旧型を新製品前のラストチャンスで買うか?
軽量化や重心位置などの取りまわし性能が一層向上した、2022年モデルMC-SB53Kを検討するか?
2021年モデルMC-SB52Kの在庫がある今が、検討の好機の様です。

この記事が、スティック掃除機選びのお役に立てば幸いです。

最後まで、お読み下さりありがとうございました。

◆2021年10月発売モデル MC-SB52K

◆2022年11月末発売モデル MC-SB53K

タイトルとURLをコピーしました