PR

【マツコの知らない世界キムチ】山田商店お取り寄せ情報6/20

トレンド・健康

2023年6月20日(火) よる8時57分から『マツコの知らない世界』で、日本キムチの世界が放送されました。
(放送見逃しの場合は、TVerParaviで見逃し配信を見ることが出来ます)

大阪で一番売れているキムチを製造販売する高麗食品の「黄(ファン)3兄弟」が『生野区で1日2トンを売り上げる 山田商店』を紹介してくれました。

この記事では

この記事で分かる事
  • 『大阪生野区の山田商店』とは?
  • 『山田商店』通販お取り寄せ情報

について、まとめています。

※本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク

『大阪生野区 本家 山田商店』とは?

『本家 山田商店』は、大阪市池野区のコリアタウンにある手作りキムチの有名店です。

『マツコの知らないキムチの世界』では、「黄(ファン)3兄弟」から、大阪池野の人気店として紹介されました。

手作りキムチの販売量は、なんと1日2トンにもなるという驚きの量です。

人気のポイントは、魚醤から自家製で作るというこだわりの製法。

イワシを1年間塩漬けにして熟成させることで、後味がコク深くなり臭みが全くない「自家製魚醤」が出来るのだそうです。

マツコさんの試食は有りませんでした。どんなお味か興味が沸きますね!

◆お店に行って購入してみました!

2023年6月後半の週末に実際にお店に行ってみました・・・
生野のKOREAタウンはものすごい人で山田商店は20人以上の行列でした。

並んでいると「ここの店のキムチは美味い」との声を、よく耳にしました。

キムチは沢山の種類が店頭に並んでおり、売れ筋商品からチョイス。

一番人気の白菜キムチ(1.2kgで1,000円)と3番目の山芋キムチ(300gで500円)を購入してみました。(ちなみに2番はチャンジャでした)

実際に食べてみたところ、こちらのお店の味は、濃くて辛い方に属する、キムチと感じました。

豚キムチにもしてみましたが、とても美味しかったです。

お取り寄せ情報

『本家 山田商店』も便利な事に、通販でお取り寄せが可能です。

お取り寄せは、楽天市場から可能です。

尚、お店は、JR鶴橋駅から徒歩12分ほどの場所にあります。

まとめ

紹介した高麗食品の「黄(ファン)3兄弟」にとっては、同業の競い合うお店。

お店ごとに味が異なり、ファンもいる有名店だから出来る、お互いをリスペクトした関係なのでしょうね!

わたしは、高麗食品の「黄(ファン)3兄弟」は今回お取り寄せしたので、『本家 山田商店』は今度大阪に行って購入してみました。

山田商店のキムチは本場に近い味という感じで、わたしの好みのキムチでした。お店での1.2kg1,000円は、豚キムチやキムチチャーハンなど、食べ応えがありました。

美味しいキムチの購入検討の、お役に立てば幸いです。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました