『陸マイラー』とは??マイル獲得初心者の基本の獲得4方法を紹介。

陸マイラー

『陸マイラー』とは?ANAやJALなどの飛行機に乗る為のチケットを、お金で購入するのでは無く、マイル(ポイント)で購入する人々を『マイラー』と称されています。

そして、その購入マイル(ポイント)を飛行機の搭乗距離に応じた実績(マイル)で獲得するのでは無く、それ以外の日常の買い物やポイントサイト(後述します)などでマイル(ポイント)を得ている人々が、『陸マイラー』と呼ばれる方々です。

その、『陸マイラー』の皆さんの、マイル(ポイント)獲得方法を以下にまとめます。

マイル(ポイント)の獲得方法

マイルの獲得方法には、概ね以下4通りの方法が有ります。

飛行機の搭乗で獲得する

この1つ目は、王道の飛行機に乗る事での貯め方です。

例えば、東京~札幌の国内線を、通常料金で片道搭乗した場合510マイルで、往復で1020マイルです。

また、海外のフライトでは、東京~パリの片道100%積算で6194マイル、往復で12388マイルになります。

Webで調べてみると『陸マイラー』は年間20万マイル程獲得している様なので、その獲得の為には、東京~札幌を200往復、東京~パリを16往復という、とんでもない搭乗回数が必要となる数字です。

マイルで航空券を購入する場合、東京~札幌の閑散期の往復が12,000マイルにあたります。つまり、東京~パリを1往復すると、東京~札幌の閑散期1往復チケットが手に入るという計算です。

『陸マイラー』の様な海外フライトの航空券をマイルで購入する為には、よほどの出張族でない限り、航空券を購入する事は出来ないことがわかります。

日常のクレジットカードでの買い物で獲得する

2つ目の手法は、クレジットカードの買い物でポイントを獲得し、そのポイントをマイルに交換する手法です。

通常クレジットカードの所有者は、日々のお買い物でポイントを積み立てている事と思います。

日々の食材や日用品の買い物を、1つのクレジットカード支払いに集約して、買い物の金額でポイントを貯めてマイルに交換するという獲得方法がこの2にあたります。

例えば、月に20万円分の支払いをクレジットカードで行った場合、JCBのANAカードでは200ポイントが貯まります。これをANAマルチコースで1ポイント=10マイルに交換すると2000マイル/月を獲得する事が出来ます。(ANAマルチコースは年間5,500円の費用が必要です)

つまり、年間240万円(20万×12か月)のクレジットカードを利用して、24,000マイル獲得する事ができます。(実際にはクレジットカードのボーナスポイントなども加わります)

ポイントサイトでポイントを獲得してマイルに交換する

そして、この3が、『陸マイラー』の方たちが上手く利用しているポイント獲得方法です。

例えば、2のクレジットカードの買い物で、Yahoo・楽天・Amazonなどのネットショップで買い物をしたとします。

お買い物サイトで通常のクレジットカード決済をした場合、2のクレジットカードの支払いポイントを得る事が出来ます。

しかし、ポイントサイトを経由して、お買い物サイトにたどり着き、そこで同じ商品を買った場合は、クレジットカードのポイントにプラスして、ポイントサイトのポイントも獲得する事が出来ます。

このポイントを積み立てる事と、ポイントサイト独自のポイント獲得案件でポイントを獲得していく事で、2重3重のポイント取りを行う手法がこの3になります。

このポイント獲得手法は、別の記事で詳細を説明します。

クレジットカードやポイントサイトの入会紹介で獲得する

そして、4は初心者もその恩恵にあずかれる、玄人『陸マイラー』の方と連携した獲得方法となる、ポイントサイトやクレジットカードの申込者を紹介する事で申込者に+αのポイントが付与され、紹介者にもポイント(マイル)が付与される、Win-Winのメリットを活用した獲得手段です。

クレジットカードの有名どころでは、ANAアメックスゴールドカードやSPGアメックスカードなどが有り、カード発行後3か月で規定の金額を利用した場合に7万マイル以上のマイルを獲得できるなど、上手く利用する事で、『陸マイラー』として目指す20万マイルに到達する有効な手法です。

同様にポイントサイトでも紹介制度を採用しているところが有り、ポイントサイトに登録するだけでポイントを獲得する事が出来ます。

まとめ

クレジットカードを所持している場合、そのカードを有効に活用してポイントを最大限得る事は、最大の節約術でも有ります。

コロナ開けの自由な世界で、ポイントを上手に使って、楽しく楽にマイルの獲得を目指しましましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました