『陸マイラー』の行っている、ポイントサイトの『ポイント』から『ANAマイル』へのTOKYUルート交換方法。

陸マイラー

『陸マイラー』は、『ポイ活』によるポイントサイトなどでの獲得ポイントを、効率良くマイルに交換する事で、飛行機チケットを購入する『マイル』を得ています。

ではどのような方法と流れで、『ポイ活』のポイントを『マイル』に交換しているのでしょうか?

この記事は、ANAマイルへのTOKYUルート交換手法について、簡潔にまとめたものです。

モッピー(Moppy)のANAマイルエクスプレスキャンペーンを活用する

モッピーでは、モッピーポイントをANAマイルにお得に行うエクスプレスキャンペーンを実施しています。

なんと、その交換率は86.3%の交換率です。

但し、モッピーのエクスプレスキャンペーンを利用するには、2つの条件が有ります。

その1は、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを発行する事。

このカードは、TOKYU POINTに変換する為に必要なクレジットカードで、ハピタスやポイントインカムからのポイント交換でも必要となるので、必ず作っておかなければならないクレジットカードとなります。

その2は、モッピーの「JALドリーム」マークのついた、エクスプレスキャンペーン対象広告を15,000P以上利用する事。

これにより権利が獲得できて、以下の流れのエクスプレスキャンペーンが利用できます。

モッピー(Moppy)10,000pt
1~3日  ⇓
.money by Ameba10,000マネー
約2週間   ⇓               15%増量
TOKYU POINT  11,500pt
約1週間   ⇓
 ANAマイル    8,625マイル

但し、このエクスプレスキャンペーンの交換上限は、月1回の10,000ptまでが申請上限です。

10,000pt以上の交換の場合は、以下のハピタス同様の変換率になります。

したがって、モッピーで月1回の10,000ptの交換を12か月継続する事が、このエクスプレスキャンペーンでの最大交換効率となり、上限は8,625マイル×12回=103,500マイルになります。

ハピタス・ポイントインカム・モッピーからのANAマイルへの交換方法

ハピタスやポイントインカムからのANAマイルへの交換方法も、モッピーのエクスプレスキャンペーンと同じく、下記の流れになります。

ハピタス・ポイントインカム 1,000pt
1~3日  ⇓
 .money by Ameba    1,000pt
約2週間   ⇓
          TOKYU POINT    1,000pt
約1週間   ⇓
        ANAマイル      750マイル

このポイント交換においても、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは必要になります。

まとめ

モッピー、ハピタス、ポイントインカムからの『ANAマイル』へのポイント移行は、⇒.moneyポイントへの交換、⇒TOKYU POINTへの交換、⇒ANAマイルへの交換の3ステップです。

別記事でも記載していますが、ANAクレジットカードの一般カードは、初年は年会費無料です。次年から2,200円の年会費が発生しますが、入会時に1,000マイル、毎年更新する度に1,000マイルが付与されます。

『陸マイラー』として『ポイ活』を活用する為の、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードはそのマストアイテムとなるので、早めに入手しておくと良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました