PR

【アメトーク!家電芸人】Sharkの2023年 EVOPOWER EX WV416Jと前モデルWV406Jは何が違う?ハンディクリーナーの変わった所を比較レビュー!

掃除機

『家電芸人』はアメトーーク!!の人気面白企画の一つで、家電好きの芸人さんが、選りすぐりの逸品をおもしろトークでプレゼンする、家電選びに役立つテレビ番組です。

これまで『Shark EVOPOWER ハンディクリーナー』は、2019年3月31日に土田晃之さんから、「Shark EVOPOWER」を紹介。また、2022年12月放送の『アメトーク!家電芸人』で、ユウキロックさんから「EVOPOWER EX」も紹介されました。

さらに進化した『EVOPOWER EX』が2023年4月28日に発売になりました。

当記事では、新型は前モデルから何がどのように変わったのでしょうか?その進化をまとめています。

ハンディクリーナー購入検討の、ご参考になれば幸いです。

この記事で分かる事

•『EVOPOWER EX WV416J』 の商品特徴
•『EVOPOWER EX WV416J』と『WV406J 』の違い

※本ページはプロモーションが含まれています

Shark EVOPOWER EXの概要

EVOPOWER EX WV416J
EVOPOWER EX WV416J

2023年4月28日、シャークニンジャ株式会社からコードレスハンディクリーナー「EVOPOWER EX」の新モデル2機種が発売されました。

「EVOPOWER EX」とは、高い機能性と吸引力が魅力の「EVOPOWER」シリーズのプレミアムモデルです。

新機種のラインアップは、フローリング用延長ノズルが付属する「WV416J」と、付属しない「WV415J」。

当記事では、フローリング用延長ノズルが付属する「WV416J」をご紹介します。

WV416Jの特徴は次の2点です。

  • LEDヘッドライト搭載(Sharkのハンディクリーナーとしては初)
  • 「隙間用ノズル」の改良

これまでの便利な機能は継続し、さらにお掃除がしやすくなりました。ハンディクリーナーをはじめて使う方はもちろん、セカンド掃除機が欲しい方にもおすすめです。

2023年モデルEVOPOWER EX WV416J と 前モデルWV406J の商品スペック比較

EVOPOWER EX WV416JとWV406Jの商品スペックを比較しました。

EVOPOWER EX WV416J
EVOPOWER EX WV416J
EVOPOWER EX WV406J
EVOPOWER EX WV406J

スペック比較表

分かりやすく表にしましたので、参考にしてください。

機種
EVOPOWER EX EVOPOWER EX
WV416J WV406J
発売 NEW 2023年4月28日発売 2021年6月下旬発売
カラー チャコールメタル グレージュ
運転時間
エコモード:約35分 エコモード:約35分
標準モード:約20分 標準モード:約20分
ブーストモード:約8分 ブーストモード:約8分
充電時間  約3.5時間  約3.5時間
サイズ
使用時
(高さ x 幅 x 奥行)
390 x 62 x 76 mm 390 x 62 x 69 mm
サイズ
収納時
(高さ x 幅 x 奥行)
374 x 104 x 276 mm 374 x 104 x 276 mm
サイズ
フローリング用
延長ノズル
(高さ x 幅 x 奥行)
540 x 197 x 50 mm 540 x 197 x 50 mm
サイズ
フローリング用
延長ノズル使用時
(高さ x 幅 x 奥行)
875 x 197 x 76 mm 875 x 197 x 65 mm
重量
本体
690 g 約680g
重量
フローリング用
延長ノズル使用時
898 g 887g

見た目の違いとサイズ・質量・色

EVOPOWER EX WV416J の本体カラーは、チャコールメタル、 WV406Jは、グレージュです。どちらもインテリアになじむおしゃれなカラー。部屋に置いておくと、使いたいときにすぐに使えて便利です。

使用時のサイズは、高さと幅は変わりませんが、奥行きが WV416Jの方がわずかに大きいですね。 収納時のサイズは同じです。

質量もWV416Jの方が約10g重たいですが、そこまで気にならないでしょう。

バッテリーと運転時間

運転時間・充電時間は両モデルとも同じですね。バッテリー・メカは同等で変化はないと推察します。

2023年モデルEVOPOWER EX WV416J と 前モデルWV406J の機能比較

WV416JとWV406Jの機能を比較しました。

  • 変わった機能と新機能
  • 継続機能

上記について、詳しく解説します。

変わった機能と新機能

まずは、変わった機能と新機能の紹介です。

LEDライトの搭載(NEW)

LEDライト

LEDライトが搭載されました。部屋の隅や薄暗い場所もゴミをしっかりと確認できます。細かいゴミも取り残さず、すっきりきれいに。

新隙間用ノズル(NEW)

隙間用ノズル

使用頻度が高い隙間用ノズルが新しくなりました。家具のすき間や狭い場所に便利な隙間用ノズル。先端形状が細く、どんな隙間にも入り込みやすくなっています。車内の掃除にも便利。部屋のすみずみまできれいにできますね。

隙間用ノズル

継続機能

次に継続機能についての紹介です。

パワフルな3段階の吸引モード

標準モード
ブーストモード
エコモード

汚れの具合や状況によって、標準モード・ブーストモード・エコモードの3つのモードに使い分けできます。

普段は標準モードで、細かいゴミまでしっかりきれいに。吸引力と駆動時間のバランスがとれたモードです。大量のゴミをさっと取り除きたいときは、ブーストモード。最も吸引力が強いモードです。

夜間など音が気になるときは、エコモードを使用。静かな音でゴミを吸い取ります。切替は手動で簡単にできますよ。

ハンディながらも多彩な付属部品

両モデルとも多彩な付属品があります。さまざまな場所にあわせて使用するととても便利。お手入れも楽になりますよ。

  • ミニモーターヘッド:布団やマットレスだけでなく、毛足の長いラグやファブリックなどのお手入れに最適。強力なモーターと高速回転で汚れを取り除きます。
  • マルチノズル:汚れや毛髪を除去する小型ブラシ。ファブリックのお掃除に便利
  • フローリング用延長ノズル:手の届かないところのゴミを、腰をかがめることなく掃除できます。
ミニモーターヘッド
ミニモーターヘッド
マルチノズル
マルチノズル
フローリング用延長ノズル
フローリング用延長ノズル

まとめ

『Shark EVOPOWER EX』は、パワフルな吸引力が魅力的なハンディ掃除機です。

2023年モデルは、2021年モデルからLEDライトの搭載や、隙間用ノズルの見直しなどで、さらに使い勝手を向上させてきました。

『家電芸人』オススメ機種は、特徴や性能で抜きんでている商品が多く、その後モデルは有力な選択肢の1つです。

今回のモデルには、フローリング用延長ノズルなしのモデル(WV415J)もあるので、2台目のハンディ使用のみならこちらもご検討可能かもしれません。

本記事が、ハンディ掃除機選びのお役に立てば幸いです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました