PR

シャープ掃除機2023年EC-AR9は2022年EC-AR8から何が変わった?違いを比較レビュー!

掃除機

『家電芸人』は、人気のトーク番組『アメトーーク!』の面白企画の1つです。

その『家電芸人』でも取り上げられたことがあるシャープのスティック掃除機、RACTIVE Air(ラクティブ エア) の最新モデル、『EC-AR9』が2023年8月末に発売になります。

本記事では、最新後継機モデルの2023年『EC-AR9』は、2022年『EC-AR8』からどう変わったのか?その進化を比較して纏めてみました。

この記事でわかる事

•『ラクティブ エア EC-AR9』 の商品特徴。
•『ラクティブ エア EC-AR9』と『EC-AR8』の違い

2023年モデル『ラクティブ エア EC-AR9』の概要

ラクティブ エアはシャープのスティック掃除機のブランドネームで、ARシリーズはブランドの最軽量モデルです。

シャープは2020年に質量1.2kgを達成して、以降は1.2kgが最軽量モデルとして販売されてきました。

2022年には重量はそのままに、立ったままで吸い込み口を着脱できて、ブラシノズルに簡単に変換できる「スグトルブラシ」などの使い勝手を向上する機能改良を実施。

2023年モデル『EC-AR9』では、上位モデル『EC-SR8』で取り入れられた静音機能の一部が盛り込まれ、軽くて・パワフルで・・・さらに静かという進化が図られています。

では、具体的に何がどの様に変わったのか、詳しく見ていきましょう。

最新後継機2023年『EC-AR9』と、2022年『EC-AR8』のスペックの違い

まずは違いをわかりやすく表でスペックを比較してみます。

モデル型番 EC-AR9 EC-AR8
発売 2023年8月24日 2022年9月8日
市場価格
2024年1月時点
約47,500円~ 約36,700円~
カラー ホワイト系
ブラック系
ホワイト系
ブラック系
集じん方式 遠心分離サイクロン 遠心分離サイクロン
モーター 軽量モーター 軽量モーター
吸込口
パワーヘッド
(自走パワーアシスト)
パワーヘッド
(自走パワーアシスト)
コンパクトスリムヘッド コンパクトスリムヘッド
ペタッとヘッド ペタッとヘッド
から拭きパワーブラシ から拭きパワーブラシ
からみにく~いブラシ からみにく~いブラシ
端までブラシ 端までブラシ
排気クリーン 抗菌・消臭高性能プリーツ
フィルター(水洗い可能)
抗菌・消臭高性能プリーツ
フィルター(水洗い可能)
ダストカップ ワンタッチ着脱カップ ワンタッチ着脱カップ
使い
やすさ
ごみ捨て スルッとポイ スルッとポイ
水洗い 回転ブラシ・カップ・
フィルター
回転ブラシ・カップ・
フィルター
エコ
掃除機能
床面検知(自動モード) 床面検知(自動モード)
便利機能 新スグトル構造、
ちょいかけフック
新スグトル構造、
ちょいかけフック
電源方式 充電式
(リチウムイオン電池、
18V、2500mAh)
充電式
(リチウムイオン電池、
18V、2500mAh)
最長連続
運転時間*
標準モード:約60分 / 約40分
自動モード:約28分
強モード:約11分
標準モード:約60分 / 約40分
自動モード:約28分
強モード:約11分
消費電力 充電中:約40W/
充電完了後:約0.5W
充電中:約40W/
充電完了後:約0.5W
運転音 64~約57dB 68(HPより)~非公表
充電時間* 約100分 約100分
集じん容積 0.13L 0.13L
本体寸法
(幅×奥行
×高さ)
スティ
ック時
209×227×957mm 209×227×957mm
ハンディ時 99×151×386mm 99×151×386mm
本体質量
(標準質量)*
0.84kg(1.2)kg 0.84kg(1.2)kg

見た目の違い

2023年モデル『EC-AR9』は、2022年モデル『EC-AR8』と見た目の形はほぼ同じです。

カラーラインナップも同じで、ホワイト系とブラック系の2色です。

本体部分を拡大してみると、2022年モデル『EC-AR8』では吸引ユニットの側面と吸引パイプにあった『Sharp』と『RACTIVE Air』のロゴが、2023年モデル『EC-AR9』では吸引パイプに小さく入っていることが分かります。

また、若干シルバーの輝度感に違いを感じますが、こちらは写真の加減によるものだと思われます。

2023年モデル『EC-AR9』と2022年モデル『EC-AR8』のスペックの違い

寸法と重量

製品本体の寸法・重量とも、全く同じで、変わり有りません。

吸引・集じんスペック

スペック面を比較してみると、電源・運転時間・消費電力・集じん容量に、2022年モデルからの変化は有りません。

唯一違う点は『運転音』で、2023年モデル『EC-AR9』は最大64dBと2022年モデル『EC-AR8』の最大68dBから低減されています。

2023年モデル『EC-AR9』と20282年モデル『EC-AR8』の機能面での比較

2023年『EC-AR9』で変わった点

運転音と不快音の低減

モーター音の低減

モーターに遮音カバーと防振剤が施されて、モーター音(運転音)が低減されています。

ヘッドの振動抑制(ダンピングコントロール)

ヘッド部分にも、回転ブラシや吸い込み口の振動を抑える防振材が組み込まれて、駆動音が低減されています。

結果、耳障りな不快音(ピーク音)を抑制する事で、EC-AR8に比べて実感音(SONE値)を約14%低減されています。

2022年『EC-AR8』からの継続機能

端までブラシ

2023年『EC-AR9』でも、2022年モデル『EC-AR8』で採用された『左側が横幅いっぱいまでブラシの『端までブラシ』ヘッドが、引き続き採用』されています。

『EC-AR8』のヘッド、出典:Sharp 機種ページ

新スグトル構造

『新スグトル構造』は、延長パイプとヘッドを残したまま、立ったままでハンディ掃除への切り替えができる機能です。

2022年『EC-AR8』で進化した機能で、2023年『EC-AR9』でも継続採用されています。(画像右)

ペタっとヘッド

シャープのヘッドは取り回しが良く、『ペタっとヘッド』は本体をねじる事で、ヘッドと本体をほぼ水平に寝かして、ソファー下などのすき間も掃除出来ます。

からみにく~いブラシ

ブラシのすき間を減らし、髪の毛の入り込みを抑制する『からみにく~いブラシ』は、2021年モデル『EC-AR7』から継承して採用されています。

まとめ

シャープの『ラクティブエア 』は、1.2kgの取りまわしの良い軽さとスタミナのある大容量バッテリー、立ったままでヘッドやノズルの切り替えが出来る『新スグトル構造』など、魅力のたっぷり詰まったスティック掃除機です。

2023年モデル『EC-AR9』はマイナーチェンジであるものの、シャープの静音化技術が盛り込まれ、『EC-AR8』からの魅力もアップしています。

『EC-AR8』は、型落ちとなる為、価格も底値圏でさらにお手頃感を感じられるようになっています。

『家電芸人』オススメ機種は、特徴や性能で抜きんでている商品が多く、その後継モデルは有力な選択肢の1つと思います。

本記事が、スティック掃除機選びのお役に立てば幸いです。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました