話題の『Zuvi Hallo 光ヘアケアドライヤー』と『Dyson Supersonic Ionic HD08』『パナソニック ナノケア EH-NA0J』を比べてみました!

家電・生活機器

『Zuvi Hallo 光ヘアケアドライヤー HS100』は、世界的なニュース紙『Time』や『日経トレンディ』の2023年の話題の新製品に取り上げている、今注目のヘアドライヤーです。

何がどの様に特徴的なのか?同様に特徴的な『Dyson』や『パナソニック』と比較してみました。

あなたなら、どのヘアドライヤーを選びますか?

当記事が、『ヘアドライヤー』の購入を検討されている方の、ご参考になれば幸いです。

この記事で分かる事

•『Zuvi Hallo 光ヘアケアドライヤー HS100』 の商品特徴。
•『Zuvi Hallo 光ヘアケアドライヤー HS100』と 『Dyson Supersonic Ionic HD08』『パナソニック ナノケア EH-NA0J』の違い

『Zuvi Hallo 光ヘアケアドライヤー』とは?

『Zuvi Hallo 光ヘアケアドライヤー』は、日経トレンディ2023年ヒット予想で8位に選出されるなど、非常に注目度の高いドライヤーです。

髪の乾燥技術『LightCare』

『Zuvi Hallo 光ヘアケアドライヤー HS100』は、光乾燥特許技術『LightCare』を採用しています。

赤外線のエネルギーで髪の表面の水分の蒸発を的確に促進しながら、表面の水分のみを素早く乾かします。一方で、髪内部には十分な水分が保たれ、潤いをしっかりとキープします。

髪が熱くならないのに急速に乾かせる新感覚の技術で、従来の熱風式ドライヤーと比較して、約2倍もの潤いをキープできるとの事です。

髪の乾燥からスタイリングまでカバーする5つのモード

『Zuvi Hallo 光ヘアケアドライヤー HS100』には5つのモードがあります。

風量と熱量を自動でコントロールしながらブローする『CARE』、最も速く乾かせる『FAST』、風量・熱量を弱めた『SOFT』、スタイリング専用モードの『STYLE』、冷風の『COOL』の5つです。

素早く乾かすだけではなく、スタイリングのモードがついているのは嬉しいポイントです。

最大回転数105,000RPMの高速モーターで水分を吹き飛ばす

10.5万回転のモーターにより業界最高水準の風力で乾かすことができます。

ですが、消費電力は従来のヘアドライヤーよりも約43%削減されています(1200W比)。

『Zuvi Hallo 光ヘアケアドライヤー』は髪が素早く乾くだけでなく、酸化炭素排出量の削減にも貢献することができる、環境に優しい次世代型のドライヤーです。

室温に合わせて光や風を調節する『インテリジェントシステム』

『Zuvi Hallo 光ヘアケアドライヤー』には、室温に合わせて光や風を調節する『インテリジェントシステム』が搭載されています。(CAREモード)

『Dyson Supersonic Ionic HD08』とは?

パワフルなデジタルモーターによる速乾性

『Dyson Supersonic Ionic HD08』は、パワフルなデジタルモーターにより、頭皮にまで届くほどの強い風(最大2.4m3/分)で髪を素早く乾かすことができます。

『インテリジェント・ヒートコントロール』機能で過度の熱によるダメージを防ぐ

過度な熱から髪を守り、コントロールされた風で髪表面の水分をすばやく取り去ります。

高速の風のマイナスイオンで、髪の広がりを抑制

『Dyson Supersonic Ionic HD08』は、Air Multiplierテクノロジーで生成した高圧・高速な風で、何千万ものマイナスイオンを髪に届けます。

『パナソニック ナノケア EH-NA0J』とは?

水分発生量がアップした『高浸透ナノイー』採用

『パナソニック ナノケア EH-NA0J』は、『高浸透ナノイー』を採用しています。

従来のナノイーと比べ髪の内部まで浸透し、内側まで水分がとどき髪にうるおいとなめらかさをもたらします。

送風効率がアップしたことで、風量1.6m3/分を実現

送風効率がアップしたことで、ナノケア史上最大風量1.6㎥を実現しており、髪を素早く乾かすことができます。

『スマートセンシング』で温風自動コントロール

温風・環境温度の2つのセンサーを搭載し、環境や使い方にあわせて自動で風温をコントロールしてくれます。

暑い時期でもストレスなく髪を乾かすことができます。

『Zuvi Hallo(有線)』『Dyson Supersonic Ionic HD08』『パナソニック ナノケア EH-NA0J』のスペックを比較

『Zuvi Hallo(有線)』『Dyson Supersonic Ionic HD08』『パナソニック ナノケア EH-NA0J』のスペックを比較表にまとめました。

 Zuvi Halo
(有線モデル)
Dyson
Supersonic
Ionic
パナソニック
ナノケア
機種名
(発売)
HS100
(2022年 1月19日)
HD08 ULF N
(2022年 2月 1日)
EH-NA0J
(2022年9月)
市場価格
(税込)
39,600円
2023年1月10日まで
【Zuvi公式】or
【Zuvi公式Shop】
10%OFF or
10%ポイント還元
セール

35,640円相当
約4.4~5万円
2023年12月1日まで
ブラックフライデー
(ブラック/ニッケル)

39,900円
約3.86~4.4万円
2023年1月9日購入まで
キャッシュバック
最大3,000円

外観
カラーホワイトアイアン/フューシャ
ブラック/ニッケル
ディープネイビー
ラベンダーピンク
ウォームホワイト
温風温度髪を低温(平均:44℃)に
保ちながら表面の水分を
素早く乾かす
通常時の最高使用温度:
100℃(弱風と高温の組み合
わせで使用した場合)
温風モード時:約95℃
(HOT時/室温30℃の時)
スカルプモード時:約60℃
(室温30℃の時)
風量最大36m/s2.4m3/分1.6㎡/分
風温切替
自動温度調整
マイナスイオン
電源コード長さ1.8 m1.9 m約1.7m
本体寸法
高さ☓幅☓奥行き
254 x 84 x 98mm245 x 78 x 97mm221 × 148 × 74mm
質量534g
(コード含む)
720g約550g
(セットノズル含まず)
電源AC100V 50-60HzAC100V 50-60HzAC100V 50-60Hz
消費電力680W1200W1200W
発売日2022年1月19日2022年2月1日2022年9月1日

スペックから特徴的な部分を比較確認してみます。

風の温度

使用モードでも変わりますが、『Zuvi Hallo(有線)』は平均44°C、『Dyson Supersonic Ionic HD08』は約100°C、『パナソニック ナノケア EH-NA0J』は約95°Cとなっています。

『Zuvi Hallo(有線)』は圧倒的に温度が低く、暑い時期でも快適に乾かすことができそうです。

風量

風量は、『Zuvi Hallo(有線)』は最大36m/s、『Dyson Supersonic Ionic HD08』は2.4m3/分、『パナソニック ナノケア EH-NA0J』は1.6㎡/分となっています。

『Dyson Supersonic Ionic HD08』が風量に特化しており強いのではという印象ですが、それぞれ単位が異なるため比較が難しいです。

公式サイトを参考にした個人の見解としては、『Zuvi Hallo(有線)』と『パナソニック ナノケア EH-NA0J』も、『Dyson Supersonic Ionic HD08』に劣らないほどの強い風量なのではないかと思います。

マイナスイオン

『Dyson Supersonic Ionic HD08』と『パナソニック ナノケア EH-NA0J』にはマイナスイオン機能が搭載されています。

『Zuvi Hallo(有線)』にはマイナスイオンの機能は搭載されておりません。しかし潤いをキープする機能として、光乾燥特許技術『LightCare』が搭載されています。

消費電力

消費電力は、『Dyson Supersonic Ionic HD08』と『パナソニック ナノケア EH-NA0J』は1200Wです。

一方で『Zuvi Hallo(有線)』の消費電力は680Wと圧倒的に低く、ランニングコストの観点でメリットがあります。

まとめ

『Zuvi Hallo 光ヘアケアドライヤー HS100』はこれまで以上に低温で髪を乾かせる、髪に優しいヘアドライヤーの様です。

風量も単位が異なる為、Dysonと直接比較はできていませんが、強力な事は間違いない様です。

今後口コミもチェックして評価を確認してみたいと思います。

価格もプレミアムなドライヤーのダイソンは、12月1日までブラックフライデーセールでお得に購入できます。

また、パナソニックもキャッシュバックキャンペーン中なので、魅力的なドライヤーを楽しんで選べるチャンスだと思います。

当記事がドライヤー選びのお役に立てば幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました