ホカンスを東京で安く楽しめる、夜景の映えるおすすめホテル3選

旅・マイル

ホカンスは、韓国で生まれた造語で、『ホテル』と『バカンス』を組み合わせた言葉です。

意味は文字通り『ホテルでバカンス』と、遠くに行かなくてもホテルを存分に楽しみ心身をリフレッシュする事です。

この記事では、

  • 東京でリーズナブルに『ホカンス』を楽しむ、都心の夜景が映える、おすすめホテルをピックアップしています。

韓国の代表的な『ホカンス』

コロナ禍で他県に出かける事に制約を受けた昨今、『ホカンス』は近くのホテルに滞在してホテルバカンスを楽しむ趣旨で生まれました。

ホカンス発祥の地と言われる韓国の代表的なホカンスのホテルに、SNS映えするおしゃれなホテルの、

Mondrian Seoul Itaewon(몬드리안 서울 이태원)が在ります。

近代的な透明プールがSNS映えすると、インスタでも話題となっているホテルです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@rightnewspringがシェアした投稿

このホテルからみられる『ホカンス』のポイントは、

  • 洗練された快適な空間と、非日常な空間で、おしゃれで映える事(部屋・施設)
  • 施設が充実している事(レストラン・アクティビティ)
  • リラックスが出来る事(スパ・温泉)

などの特徴があるホテルで、心身ともにリフレッシュできる事にある様です。

この記事ではこの様なポイントで、非日常的な都会の眺望の良いホテルをチェックしてみました。

ザ・ゲートホテル東京 by HULIC

ホテルの紹介ページによると、

ザ・ゲートホテル東京のホテル建物のデザインコンセプトは「華と粋」。
華とは“常に新しい文化”、粋とは“変わらない価値観”を表しています。
誰もが自然体で美しく過ごせる場所であり、外とのつながり・時のうつろいをインテリアで表現しています。

いかにも、おしゃれな空間でリラックスできそうな雰囲気です。

リーズナブルに『ホカンス』を楽しもうと思えば、最上階に1室だけの『キャノピーキング』はが有ります。

映画の1シーンの様な、優雅なベッド。東京の夜景を見ながらの優雅なバスタイム。夢の様なひとときの為の、大人しなやかな空間が準備されています。

朝食付 2名 税込 33,188円~と リーズナブルなお値段です。



さらに、せっかくの『ホカンス』を優雅に楽しもうと思えば、2人で10万円程で屋外ジャグジーの付いたSuite ザ・ゲート(73平米)という部屋も有ります。







13Fのフィットネスは宿泊者は無料です。

フィットネスで汗を流して、お部屋で銀座の街並みを見ながら優雅にバスタイム

美味しいディナーとプレミアムラウンジでの夜を楽しんで、気持ちの良いベッドで疲れを癒す。

キャノピー、ザ・ゲートの宿泊者はプレミアムラウンジも利用できます。

そして、翌朝はエッグベネディクトの朝食でリフレッシュ。



という『ホカンス プラン』が出来るホテルです。

THE BLOSSOM HIBIYA(ザ ブラッサム 日比谷)

THE BLOSSOM HIBIYA(ザ ブラッサム 日比谷)のホテル紹介コメントは、

客室は、19階から27階と高層階に位置し、都心の眺望が堪能できます。
国際的なラグジュアリー並みの50㎡以上の広さを有するプレミアムルームを12室完備。
ライブキッチンを設けたスタイリッシュなレストラン、フィットネスジム・・・

広々としたプレミアムルームで、都心の眺望を満喫しながら一夜を過ごせる、贅沢な時間を楽しむ事が出来るホテルです。

イチ押しは、プレミアムツイン<61平米/120cm> (税込み)60,368~

120cm幅ベッドのツインルームからも、都心の眺望が楽しめます。

18Fのフィットネスは日比谷の眺望を楽しみながら楽しみことが出来ます。(宿泊者無料)

バスルームは全室洗い場付きで、ゆったりと湯船でリラックスできます。

夕食は、18Fに位置する十十六(そとろく)で、 厳選された全国各地の食材のコースやアラカルトの料理を楽しめます。

お部屋からの眺望は、ご覧の通りです。

翌朝は、オープンキッチンも有る、ヘルシーな朝食をしっかりと頂いて、

心身共に、リフレッシュのできるホテルです。

リーズナブルに、『ホカンス』を楽しもうと思えば、
禁煙スタンダードダブル<22平米/160cmベッド>は、(税込み)約18,620円~で大人2名朝食付きで、宿泊出来ます。


三井ガーデンホテル銀座プレミア

こちらのホテルHPでの紹介コメントは、

銀座随一の眺望を持つ高層ホテル、三井ガーデンホテル銀座プレミア。目の前には美しい夜景が広がります。快眠にこだわった寝具や夜景が楽しめるバスルーム、オリジナルのバスアメニティなど、お部屋の隅々に深いくつろぎのためのこだわりがあふれています。

銀座の夜景を楽しめる、くつろぎとこだわりのホテルです。

イチ押しは、『~きらめく夜景を楽しむバスタイム~バスルームより東京タワー(R)をご覧頂けるお部屋を確約』と謳われた、

【東京タワービュー確約】ビューバスルームで極上ステイ<朝食付>プラン。




バスタブに浸かって東京タワーの夜景を眺めながら癒しと解放のひと時を楽しめるお部屋は、このプランのみ。

お部屋は、23.3平米(ベッドは幅164cm × 長さ206cm 1台)と、決して広くは有りませんが、銀座で高層階ホテルでありながら、東京タワーを望みながらバスタイムを楽しめて、朝食付 2名 税込 26,000円~(2022年1月7日時点)とリーズナブルです。

人気の、他のスーペリアビューバスクイーンのお部屋も、『お部屋からの夜景はもちろんのこと、バスタブにつかりながらゆったりと夜景をご堪能頂けます。』と謳われており、税込 24,300円~(2022年1月7日時点)です。

『ホカンス』で楽しむ夕食は、ホテル16階の、RISTORANTE E’volta il cieloがおすすめです。

ホテルから出ることなく、銀座の夜景をみつめながら、モダンさとラグジュアリー感が調和した空間で、ミシュランガイド2021東京14年連続掲載の伝統的で新しいエッセンスの加わったイタリアンを楽しむことが出来ます。

お部屋での銀座の眺望を楽しんだ翌朝は、バラエティ豊かなフレッシュな朝食でスタートが出来ます。

フィットネスこそ有りませんが、銀座の眺望とくつろぎのバスタイム、ミシュラン掲載ホテルでのイタリアンを満喫できる、『ホカンス』を楽しめるホテルです。

まとめ

もちろん、高級なハイアットやマリオットなどのホテルでも『ホカンス』は楽しめます。

ブランドバリューだけではなく、夜景・眺望の観点で、それぞれの個性とこだわりを持った、ホテルをピックアップしてみました。

都心のホテルで『ホカンス』をリーズナブルに楽しむのは、今がチャンスかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました