【家電芸人2022】 おススメ冷蔵庫後継機 日立 R-KWC57Sは、2021年型R-KWC57Rから何が変わった?違いをレビュー!

家電・生活機器

『家電芸人』はアメトーーク!!の人気面白企画の一つで、家電好きの芸人さんが、選りすぐりの逸品をおもしろトークでプレゼンする、家電選びに役立つテレビ番組です。

『日立 冷蔵庫』は、2019年12月30日放送の『家電芸人』で土田晃之さんから『R-KW57K』というモデルが紹介されました。

この記事では、2022年10月20日発売の後継最新モデル、『R-KWC57S』について、2021年モデルの『R-KWC57R』から何が変わったのか? その違いと進化を比較してまとめています。

『日立 冷蔵庫』の購入を検討されている方の、ご参考になれば幸いです。

この記事で分かる事

•『R-KWC57S』 の商品特徴。
•『R-KWC57S』と 『R-KWC57R』の違い

『日立 冷蔵庫R-KWC57S』とは?

『日立 冷蔵庫R-KWC57S』は2022年10月20日発売された、「まんなか野菜」「コネクテッド家電」「まるごとチルド」が特徴の冷蔵庫です。

2021年に発売された『R-KWC57R』の魅力的な機能はしっかりと継承されている、年式変更モデルです。機能が同じなら、前年モデルの方が価格も下がり、狙い目なのでは・・・何が変更されたのか、気になりますよね。

『日立 冷蔵庫R-KWC57S』の魅力を詳しく紹介していきます。

『R-KWC57S』と『R-KWC57R』の商品スペック比較

『R-KWC57S』と『R-KWC57R』の違いを比較表でみてみましょう。

スペック比較表

 2022年モデル
R-KWC57S
2022年モデル
R-KWC57R
発売日2022年10月20日2021年11月18日
カラーブラストモーブグレー
ブラストシルバー
ブラストモーブグレー
ブラストシルバー
冷蔵室
まるごとチルドまるごとチルド
クイック冷却クイック冷却
特鮮氷温ルーム特鮮氷温ルーム
冷凍室

製氷室
デリシャス冷凍
(1段目)
デリシャス冷凍
(1段目)
2段ケース2段ケース
自動製氷
(製氷皿は
取りはず
せません)
自動製氷
(製氷皿は
取りはず
せません)
スマート
フォン連携
日立冷蔵庫
コンシェルジュ
アプリ
日立冷蔵庫
コンシェルジュ
アプリ
ドア鋼板ドア鋼板ドア
68.5cm68.5cm
2021年
省エネ基準
達成率
100%100%
年間消費
電力量
343kWh/年343kWh/年
最小設置
奥行き寸法
740mm740mm
質量124kg124kg

見た目の違いとサイズ・質量・色

サイズ・質量は、『R-KWC57S』と『R-KWC57R』の両モデルとも同じです。

カラーは、「ブラストモーブグレー」と「ブラストシルバー」の2種類が継承されています。どちらもスタイリッシュでおしゃれなカラー。

デザインはシンプルなのでどんなキッチンにもなじみます。

本体正面のカラーは両モデルとも同じですが、『R-KWC57S』では、側面の色が黒からダークグレーに変わりました。

おしゃれな冷蔵庫がキッチンにあると、気分があがりますね。毎日の料理も楽しくできそうです。

『R-KWC57S』と『R-KWC57R』の機能比較

『R-KWC57S』と『R-KWC57R』の機能も、ほぼ同じでした。『R-KWC57R』に搭載されている魅力的な機能を全て継承しているので、説明していきますね。

おススメ機能

どっちも冷凍

日立お得意の上段・下段の冷蔵選択機能「ぴったりセレクト」から名称は変更となっていますが、しっかり継承されている機能です。

冷凍食品をまとめ買いしたいのに冷凍室が満タン!ということはありませんか?そんなとき、上段、下段の引き出しをどっちも「冷凍」に切り替えることで大容量のストックができます。

食材や作り置きを冷凍したいときにも、とても便利です。

野菜は「まるごとチルド」でも保存できるので、両方とも「冷凍」で使用しても大丈夫ですよ。

ライフスタイルや家族構成によって、「冷凍」「冷蔵」「野菜」とそのとき必要な使い方ができます。組み合わせは全部で9通り!ご家族の暮らしに合わせて、一番便利な方法で使えますよ。

まるごとチルド

冷蔵室の全体温度が約2℃と低い設定、湿度は約80%と高く保つことが特徴の「まるごとチルド」を搭載。

冷蔵室全ての段がチルド室になっています。肉や魚など買ってきたものをどこにおいても鮮度が長持ち!まとめ買いした食品も置き場所に悩むことがありません。

そのまま入れると乾燥が気になるサラダやケーキなども、ラップなしで保存可能です。もちろん、味が落ちることなく美味しく保存してくれます。ラップ代の節約にもなり、便利ですね。

ただし、ドアポケットは対応していませんので、注意してください。

特鮮氷温ルーム

約-1℃で凍らせずに肉や魚の鮮度を保ちます。間接冷却なので、ラップなしでも保存可能です。

肉や魚をまとめ買いして、冷凍する面倒な作業から解放されますね。冷凍すると、どうしても風味や食感の劣化がありますが、特鮮氷温ルームならその心配もありません。

まんなか野菜 うるおい野菜

野菜室が下段だと、料理中、野菜の出し入れに何度もかがんだりしていませんか?

野菜室が真ん中にあると、立ったままスムーズに出し入れができます。毎日の料理に野菜をたくさん使う方にはおススメですよ。

重たい2ℓのペットボトルや調味料なども収納でき楽に取り出せます。

また、冷気を直接あてない間接冷却なので、野菜の乾燥も抑えてくれます。気が付いたら葉野菜がしなしなに・・・という失敗もなくなりますね。

デリシャス冷凍

置くだけですばやく冷凍!氷結晶の成長を抑えるので、解凍時にでるドリップの流出を減らします。

まさにデリシャスな冷凍技術。すばやく冷凍できるのは、アルミトレイのおかげです。

また、専用のセンサーがあるので、温かいごはんなどを入れたときは、温度を検知し、自動で運転を切り替え、すばやく冷凍します。余ったごはんを冷凍する際、冷めるのを待たずにできますね。

日立冷蔵庫コンシェルジュ

「日立冷蔵庫コンシェルジュアプリ」を使用すると、冷蔵庫の食材の管理がスマホでできます。

庫内の写真を記録できるので、買い物中でも冷蔵庫の中身を一目でチェックできます。買い忘れや二重購入してしまう心配もありません。また、食材ごとの賞味・消費期限も管理できますよ。

他にも、旬の食材の情報が届いたり、冷蔵庫のドアの開放時間や運転状況を確認できたりします。

便利で役立つ機能がいっぱいで、見てるだけで楽しめそうですね。

アプリを使用するには、冷蔵庫とスマホのペアリング(連携)が必要です。『R-KWC57S』では、ペアリング方法が『R-KWC57R』より簡易化されています。QRコードを読み込むだけでできるので誰でも簡単にできますよ。

トリプルパワー脱臭

冷蔵庫のニオイが気になる方は多いのではないでしょうか。私も気になり、市販の脱臭剤を買ってしまいます。

「トリプルパワー脱臭」機能は、冷蔵室内のさまざまなニオイを脱臭します。ニオイ移りも抑えてくれますよ。市販の脱臭剤は必要ないですね。

まとめ

『R-KWC57S』は、「まんなか野菜」「コネクテッド家電」「まるごとチルド」が魅力的な、日立の冷蔵庫の1つです。

今回紹介した『R-KWC57S』と『R-KWC57R』は、発売年度が違うだけで、基本的な機能はほぼ同じなので、どちらがいいのか悩みますね。前モデルの方がお値段は安くなってお得ですが、その分製造から年数も経っています。

あとは、『R-KWC57S』と『R-KWC57R』の変更点である「本体側面の色」「ペアリング方法」において、お好みのものを選べるといいですね。

『家電芸人』オススメ機種は、特徴や性能で抜きんでている商品が多く、その後継モデルは有力な選択肢の1つと思います。

本記事が、冷蔵庫選びのお役に立てば幸いです。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました