【家電芸人2022洗濯機】東芝ZABOON 2022年型 TW-127XP2 は、2021年型TW-127XP1 から何が変わった?違いを比較!

家電・生活機器

『家電芸人』はアメトーーク!!の人気面白企画の一つで、家電好きの芸人さんが、選りすぐりの逸品をおもしろトークでプレゼンする、家電選びに役立つ番組です。

東芝洗濯機 ZABOON は、2020年12月30日の放送で『家電芸人』土田晃之さんから TW-127X9 というモデルが紹介されています。

つい先日、2022年9月上旬に後継の最新モデル TW-127XP2 が発売されました。

2022年モデル ZABOON TW-127XP2は、前年モデルの TW-127XP1 から、何がどの様に変わったのか?・・・ 

本記事では、その違いを纏めてみました。

『家電芸人』紹介モデル後継機での、洗濯機選びのご参考となれば幸いです。

ZABOON 2022年型TW-127XP2 と 2021年型TW-127XP1のスペック比較

2022年モデルになって何が変わったのか?スペックを表で比較してみます。
(引用 東芝機種HP)

 東芝 Zaboon
2022年モデル(新)
東芝 Zaboon
2021年モデル(旧)
機種名TW-127XP2L / RTW-127XP1L / R
市場価格
(2022年7月末)
約40万約22.5万~31.5万円
外観
洗濯・脱水容量
/乾燥容量
12kg / 7kg12kg / 7kg
運転音洗い 約32dB /
脱水 約37dB /
乾燥 約48dB
(乾燥省エネ 約42dB)
洗い 約32dB /
脱水 約37dB /
乾燥 約48dB
(乾燥省エネ 約42dB)
目安時間洗濯時 約35分洗濯時 約35分
洗乾スピード 約96分洗乾スピード 約97分
洗濯~乾燥時
(乾燥省エネ) 約205分
洗濯~乾燥時
(乾燥省エネ) 約205分
標準水位標準水量 40L標準水量 40L
標準使用水量洗濯時 約80L洗濯時 約80L
消費電力
(50/60Hz)
洗濯時135W(電動機)/
1000W(湯沸かし用電熱装置)
最大消費電力 1190W
乾燥時 1190W
洗濯時135W(電動機)/
1000W(湯沸かし用電熱装置)
最大消費電力 1190W
乾燥時 1190W
消費電力量洗濯時 約70Wh洗濯時 約70Wh
ボディ幅600mm600mm
総外形寸法/質量
(幅×奥行×高さ)
●給・排水
ホースを含む
645×720×1060mm/
約89kg
645×720×1060mm/
約89kg
寸法図
設置可能
防水パン
奥行内寸520mm以上奥行内寸520mm以上

スペック面を比較してみると、製品の形やサイズ・重量に変化は有りません。

また、消費電力や使用水量、運転音などにも違いが無い為、2022年モデルは2021年モデルからの年式変更であることが分かります。

スペックの数字で唯一違うのが、洗濯~乾燥時間なのですが、2022年モデルは2021年モデルから1分短縮され96分になっています、が・・・

実質97分と96分の1分差なので、メリット享受という感じでは有りません

つまり、スペック面ではそれだけ変化が無いと言えます。

ZABOON 2022年型TW-127XP2 と 2021年型TW-127XP1の機能比較

同様に、機能についてもその特徴を表にまとめました。

 東芝 Zaboon
2022年モデル(新)
東芝 Zaboon
2021年モデル(旧)
機種名TW-127XP2L / RTW-127XP1L / R
洗浄機能抗菌ウルトラ
ファインバブル洗浄EX
抗菌ウルトラ
ファインバブル洗浄EX
温水抗菌ウルトラ
ファインバブル洗浄EX
温水抗菌ウルトラ
ファインバブル洗浄EX
Ag+抗菌水Ag+抗菌水
乾燥機能ヒートポンプ除湿乾燥
[冷媒:R134a]
ヒートポンプ除湿乾燥
[冷媒:R134a]
消臭コース消臭コース
乾燥ダクト自動お手入れ
・熱交換器自動洗浄
乾燥ダクト自動お手入れ
・熱交換器自動洗浄
乾燥フィルター
ラクラクお手入れ
乾燥フィルター
ラクラクお手入れ
低騒音技術振動吸収クッション
(高減衰ゴム)
振動吸収クッション
(高減衰ゴム)
S-DDモーター
(インバーター制御)
S-DDモーター
(インバーター制御)
清潔機能UV除菌洗乾コース/
UV温風除菌コース
UV除菌洗乾コース/
UV温風除菌コース
NEW 花粉コース
NEW ダニケアコース
自動槽乾燥 カビプロテクト
(★槽クリーンもあります)
自動槽乾燥 カビプロテクト
(★槽クリーンもあります)
自動おそうじ機能
(自動お掃除モードあり)
自動おそうじ機能
(自動お掃除モードあり)
IoT機能スマートフォン連携
(アプリ対応)
スマートフォン連携
(アプリ対応)
使いやすさ液体洗剤・柔軟剤 自動投入液体洗剤・柔軟剤 自動投入
NEW 香るおしゃれ着コース
大型カラータッチパネル大型カラータッチパネル
槽内LED照明槽内LED照明

洗浄機能・乾燥機能・低騒音技術に変化は無く、ハードウエアからくる機能は2021年モデルのTW-127XP1と同じと考えて良さそうです。

変化点:清潔機能『NEW 花粉コース』『NEW ダニケアコース』の搭載

花粉コース (容量4.5kɡまで)

送風とタンブリングでコートなど衣類についた花粉を落とし排水と一緒に流す機能です。
TW-127XP2で新搭載されました。

容量4.5kɡまで対応しているので、外干し後の衣類に付着した花粉も十分落とすことができます。花粉の季節に活躍を期待したい、うれしい新機能です。

ダニケアコース(洗濯容量3kɡまで)

UV温風除菌を活かした、新搭載機能です。

洗濯行程前にUVを照射した後に温風で加熱。ダニを死滅させた上で、その後しっかり洗ってくれるコースです。

ダニが気になる毛布、毛布生地の寝具カバーやシーツなどにおススメとの事。

UV温風機能を持つ ZABOON TW-127XP2 ならではのコースです。

新型TW-127XP2のおすすめポイントとまとめ

2022年型の東芝洗濯機ZABOON TW-127XP2は、2021年モデルの TW-127XP1 から基本スペックには変わりはなく・・・

大きな売りのポイントである、洗浄機能の『抗菌ウルトラファインバブル洗浄EX』や『ヒートポンプ除湿乾燥』については、TW-127XP1 と同じである様です。

変化点としては、清潔機能に『花粉コース』と『ダニケアコースが搭載された事と、洗濯~乾燥の時間が96分に1分短縮された事です。

2021年モデルのTW-127XP1発売開始時は、価格は40万超のスタートでした。2022年モデルに切り替わると TW-127XP2 も同様のスタートが予想されます。

2022年7月末時点で TW-127XP1の価格は最安圏にあるので、このスペック・機能差であれば、TW-127XP1を気になる方は、お得にGetできるチャンス到来かもしれません。

『家電芸人』オススメ機種は、特徴や性能で抜きんでている商品が多く、その後継モデルは有力な選択肢の1つと思います。

本記事が、洗濯乾燥機選びのお役に立てば幸いです。

東芝 【右開き】12.0kgドラム式洗濯乾燥機 ZABOON ボルドーブラウン TW-127XP1R(T)

タイトルとURLをコピーしました