PR

パナソニックのスチームアイロン『NI-FS790』は『NI-FS780』から何が変わった?衣類スチーマーの違いを比較レビュー!

家電・生活機器

パナソニックから2023年3月1日にスチームアイロンの2023年モデルが発売されました。

朝の出かける時などの衣類のシワ取りにとっても便利な衣類スチーマー。

新型の『NI-FS790』は、2022年3月発売の『NI-FS780』から何がどのように変わったのでしょうか?比較してまとめてみました。

衣類スチーマーの購入を検討されている方の、ご参考になれば幸いです。

この記事で分かる事

•パナソニックの衣類スチーマー『NI-FS790』の商品特徴
•パナソニックの衣類スチーマー『NI-FS790』と 『NI-FS780』の違い

※本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク

パナソニックのスチームアイロン衣類スチーマー『NI-FS790』とは?

『NI-FS790』カームブラック
『NI-FS790』カームブラック
『NI-FS790』ベージュ
『NI-FS790』ベージュ

パナソニック衣類スチーマーは2023年3月に4機種が発売されました。『NI-FS790』はその中の最上級モデルです。

『NI-FS790』の本体カラーは、「カームブラック」と「ベージュ」の2種類です。

従来モデルとタンク容量は変わらずに、スチーム量がアップしましたよ。短時間でしっかりと衣類のシワやニオイを取り除きます。忙しい朝のお出かけ前にも役立ちますね。

服をハンガーにかけたまま使えるのも魅力的。アイロン台を出す必要もありません。もちろん、ハンガーにかけたままでも、しっかりとシワをのばすことができますよ。

タンクの容量は、約115mlと大容量ですが、軽量・コンパクトサイズなので、手が疲れません。いつでも手軽に使えるのも人気の秘密です。

アイロンや衣類スチーマーは、立ち上がりに時間がかかるものもありますが、『NI-FS790』の立ち上がりはわずか約19秒。時間がないときにもサッと使え、衣類を整えることができます。

お気に入りの衣類を、シワなくピシッと着れると、気分よく1日が過ごせますね。

2023年『NI-FS790』と2022年『NI-FS780』の商品スペック比較

『NI-FS790』と2022年モデル『NI-FS780』の商品スペックを比較していきます。

スペック比較表

まずは、商品スペックを表にしましたので、ご覧くださいね。

  NEW
衣類スチーマー NI-FS790
衣類スチーマー NI-FS780
カラー -K(カームブラック)
-C(ベージュ)
-H(カームグレー)
-C(アイボリー)
スペック
電源 100V(50-60Hz共用) 100V(50-60Hz共用)
消費電力 950W 950W
外形寸法
本体 約 幅8×高さ13×長さ16.5cm 約 幅8×高さ13×長さ16.5cm
収納時※1 約 幅9×高さ15×長さ17.5cm 約 幅9×高さ15×長さ17.5cm
質量
本体 約690g(スタンド含まず) 約690g(スタンド含まず)
収納時※1 約765g(スタンド:75g込み) 約765g(スタンド:75g込み)
電源コードの長さ 約2.5ⅿ 約2.5ⅿ

見た目の違いとサイズ・質量・色

NI-FS790
NI-FS780

本体のサイズ・質量は同様で、変わりありません。カラーが変化しましたね。『NI-FS790』のカラーが、カラムブラックとベージュに対して、『NI-FS780』は、カームグレーとアイボリーです。

どの色もお部屋に置いていてもなじむカラーです。お部屋の雰囲気やお好みで選ぶといいですね。

2023年『NI-FS790』と2022年『NI-FS780』の機能面での比較

『NI-FS790』と『NI-FS780』の機能面での比較をしていきます。異なる機能と共通機能について説明しますね。

『NI-FS790』と『NI-FS780』の機能比較表

まずは、『NI-FS790』と『NI-FS780』の機能を表にして比較しました。

  NEW
衣類スチーマー NI-FS790
衣類スチーマー NI-FS780
アイロン面
ベース種類 フラットベース フラットベース
スチーム穴の数 6穴 6穴
温度 HIGH:約160℃
MED: 約140℃
LOW: 約110℃
高温:ドライ 約160℃/
   スチーム 約190℃
中温:ドライ 約140℃/
   スチーム 約155℃
低温:ドライ 約110℃
機能
立ち上がり時間 約19秒 約19秒
スチーム 連続パワフル&ワイドスチーム
360°パワフルスチーム
連続パワフル&ワイドスチーム
360°スチーム
瞬間4倍パワフルスチーム
スチーム噴出し時間 連続約7分 連続約10分
スチーム量 平均約15g/分 平均約11g/分
注水量 約115mL 約115mL
自動ヒーターオフ

 

『NI-FS790』と『NI-FS780』の機能面での違いは4つ

『NI-FS790』と『NI-FS780』の機能面での違いは4つあります。

平均スチーム量がアップ!

『NI-FS780』の平均スチーム量が約11g/分に対して、『NI-FS790』の平均スチーム量は、約15g/分です。約36%スチーム量がアップしました。

スチーム量が多い方が、より素早くきれいにシワを伸ばせますよ。『NI-FS790』のスチーム量はパワフルであることが分かりますね。

連続使用時間が約3分減

連続使用時間は、『NI-FS780』では約10分でしたが、『NI-FS790』は約7分と3分程減っています。しかし、スチーム量がアップしているので、その分短時間でシワを伸ばすことができますよ。連続使用時間が減っても時短になるのは、嬉しいですね。

瞬間4倍パワフルスチームがドロップ

『NI-FS780』に搭載されていた「瞬間4倍パワフルスチーム」ですが、『NI-FS790』ではドロップされました。「瞬間4倍パワフルスチーム」とは、瞬間的にスチームの量を4倍にする機能です。頑固なシワやニオイに効果的とされていました。

しかし、『NI-FS790』では、スチーム量が増えているため、瞬間的にだけスチーム量を増やす「瞬間4倍パワフルスチーム」の機能は必要なくなったと思われます。

アイロン面温度(スペック表での違いはあるものの機能面での違いはないようです)

『NI-FS790』の温度は、HIGH:約160℃、MED:約140℃、LOW:約110℃の3段階です。

『NI-FS780』では、高温:ドライ約160℃/スチーム約190℃、中温:ドライ約140℃/スチーム約155℃、低温:ドライ約110℃、です。

どちらも3段階で温度調節ができますね。

スペック表のアイロン面温度から、スチーム温度の記載が無くなっている違いは・・・

スチーム温度はアイロン面の温度ではないので、単にスペック表からドロップされたものだと思われます。

つまり、スペック表比較では違いが有りましたが、アイロン面に機能面での違いはないようです。

『NI-FS790』と『NI-FS780』の共通機能

次に『NI-FS790』と『NI-FS780』の共通機能を説明します。

360度パワフルスチーム

360度パワフルスチーム

『NI-FS790』・『NI-FS780』ともに、360°どの角度にしてもスチームが出ます。ハンガーにかけた衣類の大きな面は横向き、襟やボタンの間など細かいところは上向きであてると便利ですよ。

丈の長い衣類でも下向きで使用することで、裾までしっかりとケアできます。スチーマーの向きを気にせずに使えるので、手が疲れることもなく簡単に衣類のケアができますね。

大容量で軽い!軽量&コンパクト

大容量で軽量コンパクト

タンクの容量は、約115mlとしっかり入ります。衣類スチーマーは、手に持って使うため、重たいと腕に負担がかかりますよね。

両モデルとも本体質量は約690gと軽量で、かつコンパクトサイズ。持ち手と重心の位置が近いため、腕への負担が軽く手軽に使用できますよ。

スピーディーな立ち上がり

スピーディな立ち上がり

電源を入れたら、立ち上がりまで約19秒。電源を入れて、衣類を用意したら、すぐに使えるのは嬉しいですね。朝の出勤前やお出かけ前など、忙しいときにも助かります。

赤いランプが点滅から点灯に変わったら使用可能です。合図が分かりやすいのもいいですね。

衣類の清潔ケア(脱臭・除菌)

衣類の清潔ケア

衣類スチーマーは、シワを伸ばすだけでなく、ニオイにも効果が期待できます。

生活している中で、衣類にニオイがついて気になることありませんか?例えば、生乾き臭や汗臭、タバコ臭、ペットを飼われている方は、ペット臭も気になりますよね。

ニオイが気になる衣類にもスチームをあてることで、しっかりと脱臭できますよ。頻繁にお洗濯できない衣類にも使用できます。

さらに、清潔に保ちたい衣類を除菌することもできます。ダニ由来や花粉などのアレル物質も抑制することができるので、花粉などにお悩みの方にもおすすめです。

スチームの力はすごいですね。本体のハンドルは抗菌仕様です。安心して使えますよ。

抗菌ハンドル
抗菌ハンドル

簡単なプレスもOK

簡単なプレスも可能

『NI-FS790』・『NI-FS780』は、アイロン面がフラットなのでプレス仕上げもできますよ。生地が引っ掛かりにくい形状なので、滑り心地はスムーズです。

プレスする際は、テカリを防止するため、あて布を使用するといいですね。

アイロン面はすべりの良いセラミックコートが施されています。

アイロン面の角は、生地が引っ掛かりにくい様に、丸くなっています

まとめ

パナソニックのハンディスチーマーは、使用範囲の広がる2.5mのロングコードや使用後すぐにおける耐熱スタンドなど、使いやすさもしっかり考えられた魅力的なハンディスチーマーです。

2023年『NI-FS790』と2022年『NI-FS780』を比べてみると、違いのポイントは、次の4点です。

  • 本体カラーの違い
  • 平均スチーム量がアップ
  • 連続使用時間が約3分減
  • 瞬間4倍パワフルスチームがドロップ

価格面では、2023年『NI-FS790』と2022年『NI-FS780』の価格差は、2023年3月時点で、3,000~6,000円程『NI-FS780』が安い状況なので、機能差を確認して問題なければ、2022年『NI-FS780』を購入するチャンスですね。

当記事が、ハンディスチーマー選びのご参考となれば幸いです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました