PR

【サタプラ1位】ツインバードコーヒーメーカーCM-D457Bの口コミと評判!【2023年9月16日】

トレンド・健康

2023年9月16日放送のサタデープラス『清水麻椰ひたすら試してランキング』は『コーヒーメーカー』。

14機種のコーヒーメーカーを、清水麻椰アナウンサーとバリスタ日本チャンピョンで、ラテアート世界大会3位、の実績を持つ、京都の珈琲店『Okaffe kyoto』のオーナーバリスタ岡田章宏さんが独自の目線で評価!

1位に輝いたのは、『ツインバード CM-D457B』で、2021年に続き2連覇でした。

この記事では、

  • 【サタプラ】1位の『ツインバード CM-D457B』の商品特徴
  • 【サタプラ】1位の『ツインバード CM-D457B』の口コミと評判

について、まとめています。

※本ページはプロモーションが含まれています

◆6杯用も有ります。

スポンサーリンク

【サタプラ】総合1位『ツインバード CM-D457B』の評価結果

2023年の1位は、 2021年に続いて『ツインバード CM-D457B』が連覇となりました。

評価結果は

サタプラ評価 46/50
  • 機能性:9
  • 味の良さ:10
  • 香りの良さ:10
  • 操作性:9
  • 手入れのしやすさ:8

『ツインバード CM-D457B』は『味』『香り』で10点満点、『機能性』『操作性』で9点を獲得!

コーヒー界のレジェンドで焙煎の神様といわれる、カフェバッハ店主の田口護氏※が監修して開発したコーヒーメーカーです。

清水摩耶アナの試飲第一声は『おいしい!』『全然違う!』『コレ絶品ですわ!』。

バリスタ日本チャンピョンの岡田章宏さんも『おいしい!』『コーヒーの成分を一番お湯に移している。』との評価。

評価のポイント
  • 粒度・湯の温度・蒸らし時間で匠の技を再現◎
  • コーヒーの成分を一番お湯に移している。
  • とろみがあるので、舌でたくさん味を感じられる。

新潟県燕市の金属加工技術を活かしたミル刃を使用し、低速で挽かれた豆の粒は均一で、こだわり燕三条の匠の技がたっぷり詰まったコーヒーメーカーです。

ドリップでの湯温調整や6つの穴からのシャワードリップなどプロの技を再現。

雑味の無いクリアな味でコーヒーを淹れてくれます。

※【田口護氏プロフィール】カフェ・バッハ店主兼、株式会社バッハコーヒー代表。日本スペシャルティコーヒー協会理事。2000年沖縄サミットにて各国の首脳たちが集う晩餐会の締めくくりを飾るコーヒーにバッハ・ブレンドが選ばれ、好評を博す。2015年NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演。世界からレジェンドと評される。

引用:TWINBIRD公式ページ

【サタプラ】総合1位『ツインバード CM-D457B』の口コミと評判

実際の使用者の口コミを確認してみます。

購入者さん / ★5

それほどコーヒー通ではない自分ですが評判通り美味しい!スタバの豆で試しましたが全くそん色ない味に大満足。

引用:楽天みんなのレビュー
購入者さん / ★4

期待以上でした!朝から美味しいコーヒーが飲みたい!と思い、レビューの良さに惹かれてこちらを購入しました。
【味】早速カルディの豆を粗挽きにして淹れましたが、めちゃくちゃまろやかで美味しかったです!
自分でドリップしたのと全然味が違いました。
【マシンについて】豆を引く音は確かに大きいですが、会社で使っているデロンギのエスプレッソマシンの音よりは気になりません。
見た目シンプルでカッコいいです。
奥行きはありますが、幅がそれほどないので大きく感じません。
ガラスポットの口が広く洗いやすいです。

引用:楽天みんなのレビュー
購入者さん / ★5

低速で豆を粉砕するミル、シンプルな制御系のスイッチ構成。そして何より全自動でおいしく淹れてくれる点がとても良いです。あえて改良点を言うなら、淹れ終りの合図に鳴るブザーが小さすぎること。直湯予約機能がないところぐらいでしょうか。ミルの動作時の音はそれなりに大きく、時間もかかりますが美味しさには変えられないです。大満足です。

引用:Amazonレビュー

【サタプラ】総合1位『ツインバード CM-D457B』の搭載機能

では、具体的な『ツインバード CM-D457B』のこだわりのポイントを見てみましょう。

ポイント1.湯温調節

コーヒー抽出温度を・・・レジェンド田口氏推奨の

  • 雑味の無いコーヒーの83℃と
  • カフェオレやアイスコーヒー用の90℃の

2段階に設定可能。

温度を83℃と1℃単位で決めているところに、製品クオリティのこだわりを感じます。

引用:TWINBIRD公式ページ

ポイント2.均一に挽くステンレスミル刃

TWINBIRDのある新潟県燕市は、金属加工業で有名な「ものづくりのまち」です。

ミルには、その匠の技を活かした、均一に挽くステンレスミル刃が採用されています。

引用:TWINBIRD公式ページ

ポイント3.プロのハンドドリップを再現した6か所のシャワードリップ

淹れる杯数に合わせて蒸らしの湯量調節(3段階)と、6ヶ所から内側に向けてお湯を注ぐシャワードリップで、プロのハンドドリップが再現されています。

引用:TWINBIRD公式ページ

ポイント4.コーヒーを淹れる香り立つ2cmのすき間

密封型のコーヒーメーカーでは、淹れる時の香りが広がりにくいですが、『ツインバード CM-D457B』では、フィルターがオープン式で、さらに上に2cmのすき間があります。

ここから、コーヒーを淹れる香りが漂い、コーヒーを立てる作法まで考えられたデザインになっているとの事です。

引用:TWINBIRD公式ページ

この他にも、お手入れに便利なメンテナンスモードなどの便利機能が搭載されており、美味しいコーヒーを淹れる為のこだわりがたっぷり詰まっています。

【サタプラ】総合1位『ツインバード CM-D457B』のスペック

コーヒーメーカーは意外と場所をとるモノですが、『ツインバード CM-D457B』は幅が160mmとスリムなので、キッチンにも置きやすそうです。

商品名 ツインバード
全自動コーヒーメーカー
型番 CM-D457B
発売 2018年10月
本体サイズ 幅160x高さ360x奥行335mm
重量 4.1㎏
抽出方式 ドリップ式(全自動)
モード 抽出温度83℃、90℃の2段階
抽出実容量
450 ml( 3カップ )
抽出時間 3杯分:約12分(5分+7分)
ミル動作:最長5分
湯沸かし:約5分
ドリップ:約7分
(ミル動作と湯沸かしは平行動作可)
市場価格
(2023年9月中)
約32,500円~43,000円

【サタプラ】総合1位『ツインバード CM-D457B』のまとめ

サタプラの評価は、これまで筆者も他の製品で実際に体験して確認した事がありますが、さすがに番組でテストした結果なので、本当に納得できるものでした。

コーヒーメーカーなどの家電製品は、早々買い替えるモノではないので、サタプラでの評価は大変参考になります。

特に『ツインバード CM-D457B』は2連覇で、あのバルミューダを抑えての1位・・・

2023年のサタプラ試してランキングコーヒーメーカーTop5記事は、こちらをご覧ください

わが家の次は、こちらが候補No.1になりました。

価格もチェックして、お得に買い換えたいものです。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

◆6杯用も有ります。

タイトルとURLをコピーしました